上半期だけで映画を100本見たオタクが語るNetflixおすすめ作品

スポンサーリンク
映画

こんにちは。

過去に様々な映画に関するレビュー記事やまとめ記事を書かせていただきました。

そんな本日はタイトル通りなのですが、なんと上半期だけで映画を120本弱見ていたのでその中でも最もおもしろかった映画をTOP3で語らせていただきます。

まず結論からいえば下記の3タイトルとなります!

  • プラットフォーム
  • アフターマス 余波
  • グレイス -消えゆく幸せ-

どれもこれもかなりダークな作品になってしまったのは否めませんが、かなり面白かったです。

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

プラットフォーム

2019年・第44回トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス部門で観客賞、第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀作品賞など4部門を受賞した作品です。

あらすじ

ある日、ゴレンは目が覚めると「48」階層にいた。部屋の真ん中に穴があいた階層が遥か下の方にまで伸びる塔のような建物の中、上の階層から順に食事が”プラットフォーム”と呼ばれる巨大な台座に乗って運ばれてくる。上からの残飯だが、ここでの食事はそこから摂るしかないのだ。同じ階層にいた、この建物のベテランの老人・トリマカシからここでのルールを聞かされる…1ヶ月後、ゴレンが目を覚ますと、そこは「171」階層で、ベッドに縛り付けられて身動きが取れなくなっていた!果たして、彼は生きてここから出られるのか!?

私の感想

韓国映画「パラサイト」のような階層をテーマにした、上級国民とそれ以外を顕著に表現した映画。

人間も動物の一種であり、しかしながらプライドを持つことができるのが人間であることを顕著に表した作品でした。

どれだけ本人にお腹が空いている状態でも、他人に食事を分け与えてあげたり、どれだけ自分がしんどくても電車で席を譲ってあげたりとプライドが人間にはありますが、それでも限界がくるとまるでライオンやハイエナと同種の動物のようにプライドを捨て、とにかく空腹を満たすためのものになるのでしょう。その描写はまるで畜生の1つでした。

実際作者はこんな経験をしたのかも

日本に生まれた以上、生活保護などのセーフティネットがあるため飢餓状態になることはまずないと断言してもいいですが、人間は食で生かされていることを改めて知るいいきっかけとなりました。

毎週のようにランダムで階層が分けられ、絶望と希望が描かれた作品ですが、ほとんどが絶望のため日本人として生まれてよかったと思える瞬間を幾度なく感じる瞬間がありますね・・・。

なかなかこういった場面に出会すシーンはないですが、もし困っている人とかいれば幸せを分け与えたくなるそんな素晴らしい映画でした。

created by Rinker
¥4,318(2021/09/25 09:49:28時点 Amazon調べ-詳細)

アフターマス 余波

あらすじ

Netflixで配信されたホラー映画。若い夫婦はいわくつきの豪邸を購入するが、その家で次々と不可解なことが起こり…………

私の感想

最初はお化けの仕業かと思いきや人間だったなんて・・・!しかも実話を元に制作された映画のため、本当にこんなことがあったなんて考えただけで人間が怖くなる映画です。

もうホラー要素満載で何度も毛布にくるまりながら見ただけでなく、最初から最後までシラフで見続けることは不可能なほどドキドキしました笑

本作の何が怖いってまず演出もそうですが、BGMと独特のカメラワークだったりします。
ドアが少しずつ開くときの音や蛇口から勝手に水が流れる緊張感あるカメラワークは初期のバイオハザードを思い出しました。

怖すぎてやりたくないのに、なぜかプレイしてしまうあの病みつきは怖いもの見たさもあり、ある意味ドラッグをやっているような感覚。。。

大きなテレビをお持ちの方は部屋を真っ暗にして鑑賞してみるのをおすすめします。

グレイス -消えゆく幸せ-

あらすじ

心優しく善良なグレイスが、新婚の夫殺しを自白。だが、事件を調べ始めた担当弁護士は、供述の裏に潜む驚きの真実にたどり着く。タイラー・ペリー製作映画。

私の感想

まず結論を一言でいえば人間不信になりそうな作品でした。いわゆる結婚詐欺。

まだまだNetflixオリジナルにはこんなに素晴らしい作品があったなんて・・・!ここ最近のNetflixオリジナルめちゃくちゃレベル上がってない?この視聴している2時間が次の展開が全く読めなくて久しぶりにスマホを一切触らずに最後まで見ることができました。

夫と離婚して傷ついたグレイスが、シャノンと出会って幸せを迎えたところまではラブストーリーのようで心穏やかな気持ちになったが、最後に一番身近な人に裏切られた時の絶望感と驚きは言葉にできなかったです。
途中まであまりにトントン拍子で事が進んでいくため、最初はラブストーリー系の映画かと勘違いしたほどでした。

それが物語が急変して旦那が実はとてもドクズな性格で、嫁の口座から勝手に借金するわ浮気するわ(しかも今度3人でしない?のセリフにはドン引き)、もう可哀想で仕方がなかったです。

もっと人のことを信じてあげたいけど疑うところは疑わなければならない。特にそれが本作のように「結婚」だと尚更であり、結婚を考えている人が本作を見るとならば、もしかしたら一瞬考え直すかもしれないシーンが満載のため注意。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日はタイトル通りなのですが、なんと上半期だけで映画を120本弱見ていたのでその中でも最もおもしろかった映画をTOP3で語らせていただきました。

再掲になりますが、結論からいえば下記の3タイトルとなります!

  • プラットフォーム
  • アフターマス 余波
  • グレイス -消えゆく幸せ-

どれもこれもかなりダークな作品になってしまったのは否めませんが、かなり面白かったです。

過去に様々な映画に関するレビュー記事やまとめ記事を書かせていただいておりますので、こちらもあわせてご覧ください。

映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました