【経年変化レビュー】ドクターマーチン 8ホールを半年間鬼履きしてみた【Dr.Martens】

スポンサーリンク
ドクターマーチン経年変化記録

こんにちは。

先日のGUIDIの経年変化レビューブログに続き、今回はドクターマーチン(Dr.Martens)8ホールを半年間履いたので経年変化レビューをさせて頂きます!

先日、さらに追加で鬼履きして8か月目に突入したので経年変化レビューをしました。

ドクターマーチン 8ホールといえば・・・

  • 安定だけど周りと被りすぎる
  • 中国製(タイ製)になってしまった
  • とにかくレザーが硬く、馴染むまで時間がかかる
  • 新品時のドクターマーチンが嫌だった

僕自身10年ほど前は履いていたのですが、上記の理由から昔手放してしまい一生履くことはないだろうなと思っていました。

しかしDIR EN GREYの京さんが履いているのを見て突然欲しくなり、2019年5月あたりにドクターマーチンが欲しくなり購入へ。

そこからGUIDIと併用して鬼履きしていました。通勤もプライベートも全てドクターマーチン。
先日、「難波から奈良まで歩いてみた」の記事を載せましたがこれもドクターマーチンで歩いています。

購入したてのBEFORE画像がないのですが、是非経年変化フェチの方は楽しんでご覧ください(笑)
スポンサーリンク

どれだけ靴擦れして痛くても許せる唯一の靴

新品時から半年ほど履きまくったドクターマーチンです。
経年変化フェチの方はこのレザーのドレープと傷を見るだけで白飯が食べれるのではないでしょうか?

とにかく鬼履きした

最初は新品時のドクターマーチンが嫌でしょうがなかったのでとにかく履きまくりました。

レザーの使い込んだ皺をみれば、革が硬くても履き心地が悪くてもどんなことがあっても我慢できるって思うようになるのは不思議です。とはいえドクターマーチンの履き心地は最高です!

あえてオールブラック仕様をチョイス

今回、誰にも被りたくなかったためドクターマーチンの醍醐味であるイエローステッチの8ホールではなく、ソールからステッチまで全てブラック仕様のタイプをチョイスしました。

半年間鬼履きした経年変化

トゥ部分

ちょうど折れ曲がる部分の繊細なシワがたまりませんね。
すごく綺麗にシワが入りました。

サイド部分

新品時に比べてだいぶクタっとしてきましたね!
このクタっと感もここまで綺麗に出るとは思いませんでした。

フロント部分

少し引きで見ると全体のシルエットがわかりやすいですね。
全体を通してみても非常に良い経年変化が起きています。

バックシルエット

バックのストラップすらもオールブラック仕様のドクターマーチンも珍しいのではないでしょうか?笑
色が一切ないので、どんなコーデにも干渉されることがなく最高に合わせやすいです。

半年使い込んでも頑丈すぎるソール

結構な頻度で履いていたんですが、このソールの減りは驚きでした。

ドクターマーチンのソールは格子状に空気が収まっていて、歩く際に足の負担を軽減してくれます。

圧倒的な耐久性

グッドイヤーウェルト製法などではないため、ソールの交換が正規では難しいですが十分長く履くことができると思います。

両足のインサイド部分

どこの角度から見ても最高の眺めだと思います。画像の加工など一切なしでこのクオリティー

さすが「ドクターマーチン」としかいいようがありません・・・!

靴に傷が入るのは残念なはず

ドクターマーチンに関しては少々乱暴に履いても大丈夫だと思います。

むしろ乱暴に履くくらいのほうがちょうど良い

何故ならドクターマーチンほど頑丈に作られたブーツはなかなかありません。

普通はトゥ部分に傷が入ったりしたらショックですが、ドクターマーチンに関してはその傷すらもカッコよさが滲み出ます。

レザーシューズやブーツは「美しく履くこと」「なめらかな経年変化」が語られがちですが、ドクターマーチンにおいては「履き倒してナンボ」ですね。

ケアはブラッシングのみ

履いた後にブーツキーパーを挿入し、ブラッシングするのみです。

ケアクリームなどの用意は一切必要ない

むしろそれくらいのほうがドクターマーチンは良い経年変化を起こします

綺麗なドクターマーチンも良さがありますが、ガンガン履いて「凶暴」とすら感じさせる味を出してこそドクターマーチンの醍醐味かと思います。

むしろボロボロのドクターマーチンのほうが価値がある話

なんならボロボロのヴィンテージのドクターマーチンのほうが新品より高価で取引されることもあるくらいですからね。

世界に一足のドクターマーチンに育てる

自分の足の大きさや歩き方によって同じ靴でもシワの入り方は様々ですよね。

そういった意味で自分だけにしか良さが分からない世界に一足だけのブーツを育てるのがドクターマーチンの醍醐味ではないでしょうか。

ドクターマーチンは言わずもがな不朽の名作

ドクターマーチンのつくる靴は、言わずもがな不朽の名作です。

ドクターマーチンという靴がここまで長期間に渡り多くの人に愛され続けられるのは、芸能人やアーティストの誰が履いているなど表面的な人気にとどまらず、「モノ自体の良さが根底にあるから」だと思います。

ファッションに興味のある人もない人もまずは一足ドクターマーチンの8ホールを持っていれば絶対に失敗することはありませんね。

むしろ本当のミニマリストはこれ一足以外全て断捨離をかましても良いとすら言えます。


 


 

僕は上記で購入をしました。並行輸入品のため公式より半値で購入することができます。

他の所持しているブーツの経年変化を書いていますので是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました