【男のロマン】ホースレザーのライダースをこれから着用し続けます【経年変化】

スポンサーリンク
ファッション

こんにちは。

大分寒くなってきました。秋といえばそろそろあのアイテムが活躍する時期・・・そう男のロマン、「ライダースジャケット」です。

ライダースジャケットの一番の魅力といえば、やはり経年変化(エイジング)だと思います。

過去にGUIDIレザーやドクターマーチンの経年変化について記事を書かせていただきました。

全アウターの中でもライダースジャケットが1番好きなのですが、今回新たにライダースジャケットを新調したのでこれからどういった経年変化が生まれるかレビューをさせていただきます。

  • 現段階では皺すらない状態
  • とにかく重くて最初は良い意味で着心地が最悪
  • 圧倒的にシンプルな設計

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

現段階では皺すらない状態

ご覧の通り、現段階では皺すらなく加工すらされていない状態です。

人工的な加工による皺の入り方や艶で出方なども否定はしませんが、完全に一から育てたい派の自分はこの状態からどんなライダースに育てていくか楽しみで仕方がありません。

デニムでいうと「生デニム」状態が近しいと言える表現になります。

一から育てるので愛着がすごく湧きますよね。

とにかく重くて最初は良い意味で着心地が最悪

以前ご紹介したユリウスのライダースジャケットなどに比べると段違いで着心地がいい意味で悪いです。

もちろん着心地が良いに越したことはないのですが、最初から着心地が良いライダースに関しては基本的に育てがいが全くなく、着用を重ねていってもレザーが育ちません。

着心地が良い分、艶や皺の入り方も購入当時からあまりに経年変化が分かりづらかったりと、一長一短だったりします。

今回は完全に自分にしか分からない最高の1着というのを持っていたかったので、今までのライダースを全て手放して育て上げることにしました。

スポンサードサーチ

圧倒的にシンプルな設計

ご覧の通り、捻りなどが一切ない徹底的にシンプルなダブルライダースの型にしました。

これから一生着続けるとなると老人になったときのことを考えるとおしゃれすぎるライダースだったり、派手すぎるデザインのライダースだったりすると先に「飽き」がきてしまったり、年齢と合わなくなってきたりします。

これくらい徹底的なシンプルなレザーにすることによって、多少自分の好みが変わっても一生着用し続けることができます。

10年後、どういった変化が起きているか楽しみで仕方ありませんね!

まとめ

過去に理想のライダースを求めて、何度も買ってきて何度も失敗してきました。

今回は遂に「これしかない」と心から思えるライダースジャケットに出会えてよかったです。

お値段は約20万円と決して安い金額ではありませんが、これから一生着用し、他のアウターを買わないと考えれば余裕で元を取れますね。

今回は新たにライダースジャケットを新調したのでこれからどういった経年変化が生まれるかレビューをさせていただきました。

  • 現段階では皺すらない状態
  • とにかく重くて最初は良い意味で着心地が最悪
  • 圧倒的にシンプルな設計

是非皆様も自分だけの世界に1着しかないライダースジャケットを育てあげてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました