【ぶっちゃけどう?】年収1000万超えて思ったこと

ミニマリスト

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なライフスタイルに関する記事やミニマリストに関する記事を800記事以上執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り「年収1000万円を超えて感じたこと・思ったこと」についてご紹介をさせていただきます。

※ポジショントークっぽく聞こえるかもしれませんが、あくまでご参考程度に聞いていただければなと思います。

今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 結論:年収400万円時代とそこまで変わらない
  • お金がお金を生み出すバグを利用する
  • 唯一変わった1つのこと

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

結論:年収400万円時代とそこまで変わらない

close-up photo of assorted coins

まず結論として1000万円を超えたとしても、多くの方の想像通りでして「税金もだいぶ持っていかれたり」と以前の生活と対して変わっていません。例えば下記の通り。

  • 本当に好きな人以外大体割り勘
  • コンビニではなくスーパーにいく
  • ガチでしんどいとき以外出前を使わない
  • 健康のため安定の自炊を続ける
  • お金を持っていてもずっとNetflixを見続ける生活
  • 交通費は極力ケチる
  • タワーマンションに住みたいとかはまだない
  • 他の仕事をしたいとかもまだない
  • 美容系に関しても相変わらず化粧水すら使わない生活

たくさん挙げてみましたが、ざっくりと上記の通りです。

ある程度お金を持つようになって思ったのが「お金がないときのほうがお金をよく使う」ということです。

お金がないときは物欲まみれだった

年収300万円すらなかった新卒1年目-2年目の当時を軽く振り返ると、お金がないのに入ってきた分はすべて服に使っており、毎シーズン「つぎのAWめちゃくちゃ良い!けどこれ以上いったらやばいから最後にしよう・・・」みたいなのを何年もループしていました。

大学生時代では当時のアルバイトの給料が月8万円くらいで、ギリ年間103万円以下に抑えていたのですが今思うとそのうち7万8000円くらい服に使っており、結局買えば買うほど満たされなくなるループに陥っていたのをついこの間のように感じます。

今思えば典型的なお金がたまらない浪費家のライフスタイルであると思いますし、逆に捉えれば当時の散財がなければ今のような価値観すら得られなかったとも思いますね。

お金がお金を生み出すバグを利用する

恥ずかしながら半年前まで「お金がお金を生み出す」というスキームすらしらず、ひろゆきさんの切り抜きを見るまで「インデックスファンド(投資)」すらも知らないガチの無能でした。

「金利」やら「年利」という言葉自体は知っていましたが、お金を預けるだけでお金が増えるということすらしらず、「一生稼ぎ続けるしかない」としか思っていなかったんですよね。

結果、以前ご紹介をさせていただいた「積み立てNISAに関する記事」然り「仮想通貨をはじめてみた記事」然り様々な金融に関する投資・投機を初めてみた結果、お金があればあるほどお金持ちになっていくシステムに気づくのでした。

まずは安定の積み立てNISAから

仮想通貨やFXは「負ける」ということがあります。しかしながら長期的にみると積み立てNISAは99%の確率で負けることはないでしょう。

現在預金残高が毎月の生活費×2くらいになっている人は間違いなく積み立てNISAを始めた方が将来的にも安定して暮らし続けることができます。

老後2000万円問題やら3000万円問題など様々な不安を煽る記事がでていますが、それらは大抵今から始めるつみたてNISAで間違いなくリスクを減らすことができるでしょう。

唯一変わった1つのこと

1000万円を超えて唯一変わったことは「ある程度高い買い物でも値札を見ずに購入ができるようになった」ということです。

これは当たり前かもしれませんが、例えばですが私のライフスタイルの中でも最も好きな「服」が当てはまります。

「フランス人は服を10着しか持たない」を読んで衝撃を受けてから私は服をオールシーズンにおいて10着前後しか所持しておらず、数が少ないからこそ1着にかけるお金が莫大になったように思いますね。たとえば下記の通りです。

  • GUIDIブーツ→15−18万円
  • コートviridi-enne→10万円
  • ライダース→20万円
  • Tシャツ1枚JULIUS→2万円

ざっとですがこんな感じです。単価1つ1つは高いのですが、ある程度収入があるため基本的に額を気にせずに購入するようになったのもライフスタイルの変化ですね。

数少ないからこそ、毎日着続けるわけでして、値段を妥協せずに購入することで毎日最高のファッションを楽しめるようになったというのも、ある程度お金を稼いでわかった1つのことかもしれません。

ポジショントークのように聞こえてしまったら恐れ多いのですが、年収1000万円以上の私から見た景色は以上でした。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り「年収1000万円を超えて感じたこと・思ったこと」についてご紹介をさせていただきました。

改めて今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 結論:年収400万円時代とそこまで変わらない
  • お金がお金を生み出すバグを利用する
  • 唯一変わった1つのこと

当メディアでは下記のように過去に様々なライフスタイルに関する記事やミニマリストに関する記事を800記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました