【Netflix】「今求められるミニマリズム」を見た感想まとめ【※ネタバレ注意】

スポンサーリンク
Netflixオリジナル

こんにちは。

昨日Netflixにて配信された「今求められるミニマリズム」を鑑賞したのでレビューをさせていただきます。

まず結論からいえば「かなり時代に沿ったミニマリズム」が提唱されているように感じました。

本作品の内容にもあった通り、今日ではSNSが普及した結果、人の生活を見ることが非常に容易になりました。

人と比べることが簡単になった分、どうしても「あの人がいい生活をしていて羨ましい自分も欲しい」とどんどん物欲が湧いてきます。

ここで質問です。
自分は一般人であるのに、果たして芸能人レベルの人と比較をしていないでしょうか?

気軽に芸能人をInstagramやTwitterでフォローできるようになった分、簡単に彼らの私生活を覗くことが可能になりました。

そしてつい比べてしまっていませんか?

残念ながら、彼らのような収入は私達には到底不可能である現実を知ろうという点と結局は自分は自分であるので、人と比べても無意味です。

人によって必要なモノ、不必要なモノは様々なのでその点を履き違えないようにしなければいけませんね。

created by Rinker
¥400(2021/01/25 09:02:01時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

モノが多いのは疲れる

クリエイティブな仕事をしていると、どうしても部屋にモノが溢れかえっていると自分の頭の中がごちゃごちゃしてきてキャパオーバーになります。

かの有名なスティーブ・ジョブズの名言でもありますが「世界に衝撃を与えようと思ったら、服を選ぶ時間はあまりに無駄すぎる」というのは理に適っていると思っています。

自分がモノをどんどん減らしていったきっかけは、「フランス人は10着しか服を持たない」というベストセラー本から始まりました。

選択の回数を減らしてストレスをなくす

18374492 – man standing behind choice way to decision path

あの本を読んだ衝撃から即行動をし、今では徹底的に無駄を削ぎ落とすために「選択の回数」を減らす努力をしています。

有名どころではありますが、人間は1日に選択の回数を「約35000回」もしているといわれています。

それは非常に無駄なことであり、選択というのは積み重なることによって人間にとって大きなストレスを与えるといわれています。

私自身が選択を減らすために行ったことは主に下記3点です。

  • 毎日同じ服を着る
  • 毎日起きる・寝る時間を同じにする
  • 毎日同じものを食べる

これらをルーティン化するだけで圧倒的に選択肢が減りました。

おそらく私の毎日の選択は他の人と比較すると1/2にはなったと言っても過言ではないと思っています。

ミニマリズム=余白(余裕)の生まれ

貧乏であるからミニマリストにならないといけないというのは個人的に違う見解であり、むしろお金持ちしかミニマリストってなかなか難しいのではないかと思います。

ミニマリストは、個人の研ぎ澄まされた感性に沿った欲しい物を揃え、不要な物を捨てる「資金力」を表し、研ぎ澄まされた感性を磨く「資金力」を無意識に表現していると思っています。

ミニマリストで調べてみても、時短のために「ダイソン」のドライヤーを愛用しているミニマリストがいたり、男の工芸品ということで「パテックフィリップ」の腕時計を愛用しているミニマリストがいたりと、かなり少数精鋭の姿勢をとっていることがわかります。

つまり、ミニマリストほど良いものを持っている場合が多いですね。

結果として人生に何が必要なのか≒どんな人間になりたいのかを考えることになる

自分が他人にどう思われたいというよりかは、自分がどうありたいかが重要です。

そして、自分の理想とする自分で常にいるのかというところが大事です。

捨てることを目的にするのではない。そしてモノを持たないのがミニマリストではない。

これが私の考えです。

個人的にはドキュメンタリー映画である「ミニマリズム -本当に大切なもの-」のほうが勉強にはなったけれど、本作品とセットで見るとより一層ミニマリズムに対して理解がしやすいのではないかと思いました。

Netflixオリジナル 映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました