【2020年度版】未経験でWEBデザイナーとして就職して良かったこと3選

スポンサーリンク
仕事と就活

こんにちは。

私は昨日4/1からWEBデザイナーとして6年目を迎えました。

この業界に入り、6年目に突入しましたが、この仕事を一度もやめようと思ったことはありません

  • 何度も挫折
  • 上を見たらキリがない
  • 先輩からのパワハラ

思い出すと様々なネガティブなこともありましたが、それでも本気でやめたいと思ったことはありませんでした。

何故かというのは一言で言えば「心の底から楽しい」と思えるからです。
先日は「WEBデザイナーとしてやっていてつらかったこと」を記事にさせていただきました。

今回は「未経験でWEBデザイナーとして就職して良かったことを3つ」ご紹介させていただきます。
結論からいえば下記3点になります。

  • とにかく自由
  • 一生モノのスキルを得れる
  • お客様の想いをすぐに形にできる

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

とにかく自由

原宿の派手髪美容師 JUNKO |

これは自分にとって1番のいいところだと思っています。

  • 服装自由
  • 髪型・髪色自由
  • ピアス自由
  • ネイル自由
  • タトゥー自由
  • 働く場所・時間自由
  • 人間関係も割とフラット

もちろん会社にもよりますが、「そんなこといいのかよ!?」と思わず突っ込みたくなるくらい自由です。

何故こんなに自由?

結果がすべて」派と「過程が大事で結果がすべてでは無い」派

もちろん「結果が全て」だからです。

見た目がヤクザみたいな人でも結果さえ出せばなんでもOKのこと業界です。
逆に言えばすごく真面目そうな人でも結果が出せない人は煙たがられる業界です。

もちろん仕事をしていくうえで、人柄も重要ですが結果のほうが求められるケースが多いように感じます。

面接に進んでいく中でポートフォリオは必須

上記のように人柄も重要ですが、人柄は分かったところでどういうアウトプットを出せる人材なのかは分かりません。

人柄は良くてもいい結果が残せない・・・なんてことも全然ある業界なので、ポートフォリオは絶対に制作をしましょう。

たとえどんな形であっても良いから実績を出す

アパレルで働いていた人は過去自分の制作したTシャツを面接に持って行った人もいました。
美容師として働いていた人は自分が担当したヘアメイクのイメージを面接に持って行った人もいました。

たとえどんなものがあっても「自分の実績」というのは人柄以上に見られる部分ですので、まだ作っていない人は面倒臭いと思わず作りましょう。

働く場所・時間が自由

free=「自由」「無料」だけじゃない!意外と知らない多義語「free」の ...

  • 在宅のWebデザイナー
  • フリーランスWebデザイナー

上記の場合、実質的に時間と場所に制約が無くなりました。

ノートPCとWifi環境・スマートフォンがあればどこでも仕事が出来ます。もしかしたらお小遣い稼ぎとしても良い職業かもしれませんね。

一生モノのスキルを得れる

HTML,CSS,JavaScript】作って覚える!初心者向けWeb入門!初心者がWEB ...

覚えるまでが大変ですが、一度覚えさえすればこれから先AIが発展しようとも一生なんとかなると思っています。

  • HTML
  • CSS
  • Javascript
  • イラストレーター
  • フォトショップ
  • Adobe XD
  • Sketch

AIには感情がありませんが、人の心を動かすために様々な手段のものがあります。

もちろん覚えるのは容易ではありませんし、上を見たらキリがありません。

勉強嫌いな人には向いていない職業

勉強で集中できる人」が絶対に外さない重要ポイント4つ。“キリの悪い ...

このWEBデザイナーという職業を続けていく上で、インプットとアウトプットの繰り返しが一生必要になってくると思います。

勉強が嫌いな人にはまず向いていない職業であり、そもそもですがデザインやコーディングを勉強と捉えている時点で向いていない場合があります。

この業界は簡単にいえば「センスよりも意欲・好奇心」のある人のほうが勝るでしょう。

スポンサードサーチ

お客様の想いをすぐに形にできる

思い」「想い」「念い」の違いは?文化庁の見解や使い分けも紹介 ...

これも非常に強いと言えます。

ここで質問ですが、「お客様の想いをすぐに形にできる職業」って他に何か思い浮かぶものはありますか?

おそらくWEBやデザイン業界だけなのではないかと思えます。

やりがいしか感じない職業

クライアントと打ち合わせを重ね、デザインさせてもらったサイトが集客に成功していたり、お店が繁盛していたりした時は本当に喜んでもらう事が出来ます。

その時はWebデザイナーになって本当に良かったなと思える瞬間で、非常にやりがいを感じる事が出来ます。

WordPressが普及したおかげで幅が広がった

プラグインの挿入などにより、Webデザイナーもオンライン上で思い通りにWebシステムを作る事が出来るようになりました。

  • 会員登録システム
  • お問い合わせフォーム
  • お気に入り機能
  • ログイン・ログアウト機能

一昔前ではプログラマーしか作れなかったシステムが、今ではWebデザイナーが簡単に作る事が出来ます。

独学で挫折してしまいそうになった時

自分は一生使えるスキルを身につけている最中なんだという事をこの記事の内容と共に思い出していただければ幸いです。

私自身も現在Vue.jsについて学習最中で全然右も左も分からない状態です。

しかしWeb制作スキル・デザイン力は一度身につけてしまえば一生モノです。
自信を持って共にスキルを磨いていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冒頭にも述べましたが、私は昨日4/1からWEBデザイナーとして6年目を迎えました。
この業界に入り、6年目に突入しましたが、この仕事を一度もやめようと思ったことはありません。

  • 何度も挫折
  • 上を見たらキリがない
  • 先輩からのパワハラ

思い出すと様々なネガティブなこともありましたが、それでも本気でやめたいと思ったことはありませんでした。

何故かというのは一言で言えば「心の底から楽しい」と思えるからです。
先日は「WEBデザイナーとしてやっていてつらかったこと」を記事にさせていただきました。

今回は「未経験でWEBデザイナーとして就職して良かったことを3つ」ご紹介させていただきました。
繰り返しになりますが、下記3点になります。

  • とにかく自由
  • 一生モノのスキルを得れる
  • お客様の想いをすぐに形にできる

天職なんてないのかもしれませんが、宝くじで1億当たってもこの仕事はやめません。

これから先もクオリティーの高いアウトプットを出していけたらと思います。

仕事と就活
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました