新着記事

【1LDK】やりすぎミニマリストの一人暮らし男性ルームツアー

ミニマリスト
この記事は約8分で読めます。

こんにちは。Nagiです。

当サイト(Nagi Rhythm)は現在毎日1000日以上更新をしており、下記のように過去に様々なミニマリストの部屋に関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り、新築分譲マンションの1LDKに住んでいる「やりすぎミニマリスト」の一人暮らし男部屋を紹介させていただきます。

今回の記事では下記についてピックアップをさせていただきました。

  • リビング
  • カーテン
  • バルセロナチェア
  • キッチン
  • 冷蔵庫
  • クイックルワイパー
  • ベッドルーム
  • 脱衣場
  • バスルーム
  • トイレ
  • 玄関
  • バルコニー
  • ウォークインクローゼット

それでは上から順に解説をしていきます。

created by Rinker
¥1,693(2024/04/13 19:15:26時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

リビング

こちらが現在最も滞在時間の長い空間となります。

とはいっても基本的にいる環境はこのPCデスクのみ。

これだけ広い空間ではありますが、正直ベッドとかを抜くとこの2畳くらいの環境だけでも余裕で事足りていたりします。笑

壁はこちらのシートを張って真っ黒にしており、元々取り付けてあったピクチャレールに楽天で購入をしたアートを飾っています。

カーテン

過去に記事でご紹介をさせていただいた通り、カーテン無し生活は私に全く合いませんでした。

カーテンがあると生活感が全くなくなってスタイリッシュになるというのは確かにそうですが、やはりどうしても日差しによって寝不足になってしまうんですよね。

ちなみにこのカーテンは2015年にニトリで購入をしたカーテン。この前数年振りにニトリに行きましたが「黒」のカーテンはどこにも見当たりませんでした。シンプルな黒のカーテンってなかなかないので丁度良い時期に買い物をしたのかもしれません。

個人的にはオーダーメイドのこういうブラインド式のものは気になっています。

バルセロナチェア

基本的にPCデスクに1日16時間くらい座っている私は「完全に見た目から入った」ため、この椅子に座ることがほぼありません。

「ミニマリストしぶ」さんや「あつしのぶろぐ」こと豊永敦さんもそうですが、自宅に「ソファ」がないですよね。

ほとんどいる環境というのはPCデスクのみですので、私にとって「ソファ」や「デザイン性の高い椅子」というのは不要であることが分かりました。

とはいえ、見た目があまりに良すぎるのでまだ持っている方向ではありますが、もし引っ越すとなったら確実に手放すことになりそうです。

キッチン

こちらは最近料理をすることが増えたので、かなりこの場所に立つ回数が増えました。

しかしながら拘った料理をすることもないので、極論「一口コンロ」で十分です。その分家賃が下がると嬉しいところですし、この魚を焼くオーブンのところも1度も使ったことがないため完全に新品です。笑

自炊をしたほうが安く上がりますし健康的ですね。最近は「とりあえず空腹を満たす」ためにマクドナルドとか行く回数がかなり減りました。

自炊は面倒ですが、後々の体調とか考えたときが全然違うので個人的には自炊が1番ですね。

冷蔵庫

私は冷蔵庫を持っていますが「必要なときに必要なだけ買う」がベストなライフスタイルを送っている私は冷蔵庫を全く使っていません。

もうただただ電源が入っているだけの状態ですのでもしかしたら完全に不要かもしれません。ちなみに私はもし壊れたら間違いなく買い替えることがないでしょう。

しかも便利なことに我が家の隣がスーパーでもあるので、完全に「冷蔵庫」の代わりでもあります。

一時は完全に電源を抜いていた時もありましたので、再度そちらに方向転換しようか悩み中。電気代も浮きますしね!

クイックルワイパー

かなり多岐にわたって愛用をしているクイックルワイパーは手放すことができません。

ロボット掃除機→クイックルワイパーをしたあとの部屋の気持ちよさと清潔感は何にも代えられないと思っています。

あまりにも使いすぎてかなり汚れてきましたが、壊れたりしているわけでもないので買い替える必要はなし。

ベッドルーム

こだわりの寝室にはテープライトをベッドに張り付けてかなりムーディーな雰囲気にしています。

様々なカラーリングにすることができるベッドルームですが、間接照明の代わりにもなりますのでテープライトはかなりおすすめ。

1人暮らしにダブルベッドは完全不要

睡眠の質を高めるために、私はシモンズのダブルベッドを30万円で購入をしました。

過去最も買ってよかったアイテムにかわりはないですが、寝相が全く悪くない私にとって「ダブルベッド」は完全不要でした。笑

1人暮らしならシングルで十分。寝相によりますが、少なくとも私にとってセミダブルも不要です。

脱衣場

こちらもできるだけシンプルで清潔な雰囲気にした形にしています。

極限まで物を減らし、物が増えがちな脱衣場周りですがこちらも「いつ引越てもいける」くらいの感じにしています。

とはいえ現在はドラム式洗濯機を購入しようか日々検討中。ミニマリストあつしさん(あつしのぶろぐ)が新しくドラム式洗濯機を購入されており、すごく楽になったことをご報告されていたのでうらやましくて仕方がないです。

バスルーム

本来であれば石鹸すら置きたくなくて、完全に湯シャンのみの生活に切り替えたいところですが私の体質には合わず、泣く泣くシャンプーやらトリートメントやらを1つずつ置いています。

こちらも「いつでも引越しができる」くらいのスタンスのバスルームです。もはやホテル。

トイレ

こちらも漫画も置いていなければただただトイレットペーパーとトイレ用洗剤があるだけです。

引越が決まったら最悪手放すだけでいけるという超身軽さ。物はあればあるほど「守りたくなる」という防衛本能が働いてしまいます。

最初から持たなければそんなストレスとも完全におさらばです。

玄関

玄関はできるだけ綺麗に清潔にしておくというのが私のポリシー。

1足も靴を玄関に放置することなく、全てシューズボックスに置くようにしています。

  • ブーツ1足
  • スニーカー1足
  • 運動靴1足
  • サンダル1足

現在は合計4足のみ。本当に必要最低限の生活をしています。

丁寧に長いスパン履けるようにブーツキーパー(シューツリー)は必須です。

バルコニー

最悪ここもドラム式洗濯機を購入すれば、物干し竿とかも完全に不要ですよね。

ちなみにこの竿とかは2015年~使用しているので、かれこれ8年選手ですかね。バルコニーで一時期お酒を飲むことにハマっていましたが、これだけ広いスペースに関わらずほとんど外に出ることがありません。

個人的にはドラム式洗濯機を買って、バルコニーすらない安い部屋でもありなのかなとか思ったり。

2023年8月追記:ドラム式洗濯機乾燥機をついに購入しました!

ウォークインクローゼット

服は基本的にオールシーズンで10着前後しか持たない主義の私は、ウォークインクローゼットである必要もありません。

しかしながら余白があることである程度「ギチギチ感」から免れているような気もします。

かれこれウォークインクローゼットのある部屋に住み始めてから丸6年ほど経過しますが、やはりあると便利ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り、2023年版の私の部屋周りを1つ1つ解説をさせていただきました。

改めて今回の記事では下記についてピックアップをさせていただきました。

  • リビング
  • カーテン
  • バルセロナチェア
  • キッチン
  • 冷蔵庫
  • クイックルワイパー
  • ベッドルーム
  • 脱衣場
  • バスルーム
  • トイレ
  • 玄関
  • バルコニー
  • ウォークインクローゼット

当メディアは現在毎日1000日以上更新をしており、過去に様々なミニマリストの部屋に関する記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm|30代独身男性ミニマリストブログ
タイトルとURLをコピーしました