自宅の寝室をローランドハウスと同じようにド派手に仕上げてみた

スポンサーリンク
ローランド

こんにちは。

過去に様々なローランドさんに関する記事を100記事程度書かせていただきました。

ローランドさんの象徴といえば映画「フィフティシェイズオブグレイ」をモチーフにした超豪邸のローランドハウスです。

そんな本日ですが、タイトル通りローランドハウスと同じように自宅の寝室をLEDまみれにしてみたので記事を書かせていただきます。

まず結論からいえば予算3000円程度で可能ですので、ほとんどお金がかかりません。それととにかくお洒落になるため、LEDテープライトを貼ってよかったと思いました。

今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • Amazonで10m分のLEDテープを購入する
  • これから施工着手
  • 30万円のベッドがめちゃくちゃ豪華仕様に

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

Amazonで10m分のLEDテープを購入する

Amazonで「LEDテープ」と調べると数多くある中、私が購入したLEDテープはこちら。

最も評価が良く、そこそこ評価数もあるものをピックアップさせていただきました。

届いたときには若干箱が潰れていましたが、中国製ということもありそこまで気にしていません。

いきなりですが難点

どのLEDテープも同じく言われているのですが、とにかく説明書が分かりづらいです。

結局私の場合貼り方や設置の仕方はYoutubeを見て学ぶことに・・・大体なんとなくで分かるようにはなっていますが一瞬戸惑いますのでこの点マイナスポイントかもしれませんね。

結局この金具類は使わなかったので捨てることにしました。

これから施工着手

ある程度準備が整ったところで、これから施工着手に入ります。まず説明書にも記載通り、貼るところのホコリを払います。

とはいえ先日ベッドを購入したてなのでホコリというホコリが特になかったので私の場合はこちらをスルーしています。

まずはコンセント付近にコードを差し込むところがありますので、この部分から貼っていきます。そのためどこから貼ってもいいというわけではないのが注意点です。

もし貼りやすいところから貼ってしまった!という人がいれば全て貼り直しになってしまいますのでこの点お気をつけください。

施工時間は大体20分くらい

床の大理石を敷いたときはほぼ丸1日時間がかかったのですが、今回のLEDテープはただベッドの端に貼るだけだったのでおおよそ20分程度で終わりました。

最初は2時間程度かかるのかなとなんとなく思っていたのですが想像以上に簡単で、どれだけ手先が不器用な方であっても簡単に貼り付けることが可能です。

貼り方のコツ

コツというコツは特にありませんが、できるだけこのコードが見えないほうがオシャレなので見えないところに貼ることが鉄則になります。

もしバーカウンターがあったらバーカウンターの見えないところに貼ったりしたほうが、より見栄え的に良いでしょう。

それと発光させるためのコンセントが必要なため、必ずコンセント付近に貼ることも重要です。

一人暮らし6畳の部屋とかであるとコンセントの位置や数がかなり限られてくるため私のような1LDK以上の部屋にお住まいの方のほうが向いているかもしれません。

これらを解決するためにコードレスのものもいくつかあるみたいなので、そういった方はコードレスタイプ(電池式)のものを使用したほうが良いかもしれませんね!

ここまで全て良いところばかり紹介をしてきたのでデメリットといいますか、難点に感じた部分もご紹介させていただきます。

デメリットや難点に感じたところ

  • リモコンが少し反応悪め
  • LEDライトは一生使えるわけではない

リモコンが少し反応悪め

まずこの「THE中国製」といったペラペラのリモコンですが、高確率でボタンを押してもすぐに反応しない場合が高いです。

あとリモコン操作も何がなんなのか非常に分かりづらい・・・。カラーを押せばその色になるのがなんとなく分かりますが、それ以外のボタンもほとんど違いが分からずピクトグラムの重要性を感じました。

LEDライトは一生使えるわけではない

おおよそ30000時間~40000時間使用できるとのことで、当たり前かもしれませんが一生モノではありません。とはいえ40000時間は1日10時間点灯させたとしても約10年なので、毎日光らせたとしても大体10年は持つ計算になります。

10年も使用をしたらおそらくこのLEDも飽きているかもしれませんので、その点はテープを除去する形になります。

一応見えないところに貼ってはいますが、綺麗にはがれてくれることを祈るばかりですね・・・!

30万円のベッドがめちゃくちゃ豪華仕様に

ご覧の通り、とにかくゴージャス仕様。一人にはもったいないくらいゴージャスであり、もはやラ〇ホを連想させるかのような発光具合です。

もし全面鏡を設置したとしたらさらにローランドハウスに近づくでしょう。

冒頭にも書かせていただきましたが、結論本当に貼ってよかったなと思えます。ラグジュアリー系ミニマリストの方であればこうした仕様はかなり好みなのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日ですが、タイトル通りローランドハウスと同じように自宅の寝室をLEDまみれにしてみたので記事を書かせていただきました。

再掲になりますが予算3000円程度で可能ですので、ほとんどお金がかかりません。それととにかくお洒落になるため、LEDテープライトを貼ってよかったと思いました。

今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • Amazonで10m分のLEDテープを購入する
  • これから施工着手
  • 30万円のベッドがめちゃくちゃ豪華仕様に

Amazonで「LEDテープ」と調べると数多くある中、私が購入したLEDテープはこちら。

過去に様々なローランドさんに関する記事を100記事程度書かせていただいておりますので、こちらも併せてご覧ください。

ローランド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました