New Article

【結論:外交型はいける】ミニマリストの共同生活や結婚について

ミニマリスト

こんにちは。Nagiです。

当メディアは現在1000記事以上毎日更新しており、下記のように過去に様々なミニマリストに関する記事を1000記事以上執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り「ミニマリストにおける共同生活や結婚について」ご紹介をさせていただきます。

今回こちらを取り上げようと思ったキッカケが先日ミニマリストしぶさんの「TBS NEWS DIG」で取り上げられている記事を読んで共同生活や結婚について考えさせられる部分があったので取り上げさせていただきました。

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 現在の私の結論:共同生活は無理
  • ミニマリストと結婚について
  • ミニマリストの最大のデメリット

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

現在の私の結論:共同生活は無理

先ほどミニマリストしぶさんの特集にも回答されていたように、あまりに我々はミニマリストを極めすぎたせいか共同生活は非常に厳しいようにも思います。

ミニマリストしぶさんもそうですが、私自身はWEBデザインやSNS発信、ライティングなど全て自宅で仕事ができるものになっておりますため、少しでも他人が同じ空間にいるということがあると非常にプレッシャーに感じるようにも思います。

私自身は人が嫌いとか苦手とかコミュ障などと決してそういうわけではないのですが、休みの日や仕事以外の場などでも圧倒的に「一人派」です。ミニマリストしぶさんも一人旅が趣味と語られていましたが、私と同様に内向型の性格であるようにも思いますね。

多分テラスハウスとか病むと思う件

私は元々当メディアにてまとめ記事を書くほどテラスハウスの大ファンだったのですが、なぜここまでハマったかと思うのもおそらく「自分じゃ絶対無理な生活」を見ていたからなのではないかと思います。

  • 「後片付けをしたorしてない」
  • 「常にリビングに誰かがいる」
  • 「大体誰かと食事に行かないといけない」

など想像をしただけで非常に難易度の高いものだと思うのですが、おそらくそれらを難なくとやっていける彼らに対する一種の憧れや尊敬を抱いていたかもしれません。

ミニマリストと結婚について

結論として、私やミニマリストしぶさんのように「一人暮らしが長ければ長いほど」ミニマリストの結婚は厳しくなっていくのではないかという持論があります。

理由としましては、先ほどご紹介をさせていただきました内容と少々類似していくものもあるのですが、元々ミニマリストになったきっかけとして「お金がないから」という最も多い回答以外にも「圧倒的に内向型の性格であるから」というのも2位や3位として挙げられます。

そんな内向型の性格の人はおそらく一人暮らしが長ければ長いほど、一人でいる時間が充実をしていき、作業などの没頭にもノンストレスで実行ができるでしょう。

内向型の性格の人が10年間一人暮らしで突然結婚となると、恐らくストレスでしかないことがわかります。私の場合でいえば多分相手がどんなに素晴らしい方であっても1ヶ月が限界のレベルだと推測ができます。

ミニマリストでも結婚はいける

一方で「外交型」のミニマリストであれば難なく結婚とかも可能かと思います。

実際に先日ご紹介をさせていただいたミニマリストmiuさんのご自宅とかは、まるで旧ローランドハウスを連想させるかのような白を基調とした美しい仕上がりに。

ここまでアート性をもたらすと、ミニマリストでない旦那様であっても「なんとか綺麗にしなくちゃ」とならざるをえませんね。

これらのことからミニマリストであっても性格次第で結婚は可能ということは頭に残しておきましょう。ただ私のような極端なミニマリストはかなり厳しいので最初から諦めてます。笑

ミニマリストの最大のデメリット

私の中で思うミニマリストのデメリットは下記の2つの通りです。

  • 圧倒的に出会いが少なくなる
  • ものが多い空間がストレスでしかない

それでは上から順に掘り下げていきます。

圧倒的に出会いが少なくなる

こちらは内向型ミニマリストのお話にはなってしまいますが、ほとんど人とインターネット以外で絡むことがなくなってしまいます。

月に1回-数ヶ月に1回程度しか友人と会うこともほとんどない私は出会いの場にいくのも疲れてしまうため、ほとんどインターネットのみでの生活になっています。そのためますます結婚や恋愛から遠ざかっている状態です。

元々そういったことにほとんど興味がないので全く問題ないのですが、自分の代で子孫がいなくなるのは覚悟しておかないといけないかもしれません。

ものが多い空間がストレスでしかない

友人の家に行っても数時間が限界であり、泊まるのなんてもっての他レベルで無理になってしまいました。ましてや実家ですらもMAX1泊が限界です。

ミニマルな空間であれば全く問題ないのですが、大抵の家は私の自宅以上にものが多いのが当たり前になってきます。だからこそ自分が基準になってしまうため、余計に疲れてしまいますね。

あとは少し余談になるのですが、他人の家もそうですがホテルであっても最近全く寝付けず、多分これも「自宅の香り」じゃないと全てがストレスになってしまっているようにも思います。

香りなどで落ち着かないとか眠れないとかも、ある意味HSP気味とか内向型であることがわかりますね。少し話がずれてきたので今回はこのあたりで終えようと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り「ミニマリストにおける共同生活や結婚について」ご紹介をさせていただきました。

改めて今回こちらを取り上げようと思ったキッカケが先日ミニマリストしぶさんの「TBS NEWS DIG」で取り上げられている記事を読んで共同生活や結婚について考えさせられる部分があったので取り上げさせていただきました。
created by Rinker
¥1,173(2022/12/07 01:31:46時点 Amazon調べ-詳細)

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 現在の私の結論:共同生活は無理
  • ミニマリストと結婚について
  • ミニマリストの最大のデメリット

当メディアは現在1000記事以上毎日更新しており、下記のように過去に様々なミニマリストに関する記事を1000記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました