New Article

発売したばかりのポップインアラジン2プラスが値上げ!ぶっちゃけどう?

ガジェットレビュー

こんにちは。Nagiです。

当メディアは現在1000記事以上毎日記事を更新しており、様々なミニマリストのガジェットに関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り、最近発売されたほうが超悲報なことに円安の影響で2万円ほど値上げがされています。

今回のことについて下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 正直買いなのか
  • テレビの代わりになるか
  • ゲームはまだまだ難しい

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

正直買いなのか

まず結論からお伝えしますと値上げをしたものの下記の4つのどれかにあてはまる方は「買い」だと思います。

  • まだテレビを持っていない人
  • ミニマリスト志向の人(ケーブル配線が嫌い等)
  • 最新ガジェットが好きな人
  • 10万円以上の予算がある人

一方で私のように既にテレビを所持されている方であれば、もしかしたらまだ見づらさだったり、起動時間に7-8秒かかるなどがストレスに感じられるかもしれないので既存のテレビ環境に満足されている方は必要ありません。

ミニマリストである私のポジション

今回の2万円アップは正直なところ大きく、買い替える予定だったのですが私のポジションとしてはもう少しテレビのままいこうかなと思っています。

あまりに大きな金額でもあるためいきなりテレビを手放してポップインアラジンを・・・という方は失敗した場合が怖すぎますね。

もし一度ポップインアラジンを試しに1週間ほどレンタルをしてみたい場合は今CMなどで放映している「Rentio(レンティオ)」というサービスで簡単にポップインアラジンを借りられるので一度お試しください。

テレビの代わりになるか

まず結論からお伝えしますと、900ANSIルーメンまでアップしたとはいえ日中だとまだまだ厳しいなという印です。

ましてやミニマリストしぶさんを筆頭に「カーテンなし生活」をしているミニマリストも多く、そんな状態でまともに映画やドラマを見たりするのはかなりストレスに感じるかもしれません。かくいう私も過去にやってみました。(記事はこちら)

先日ご紹介をさせていただいたポップインアラジンのパクリでもある「Anker Nebula Nova」も今回ご紹介をさせていただいたポップインアラジン2プラスも「まだまだ発展途上かな」という印象が強いですね。

「プロジェクター」という枠組みの中であれば仕方ないのかもしれませんが「もしテレビが壊れたらポップインアラジンにする」くらいのスタンスでも良いと思います。

これらについてはガジェット系Youtuber「なおしま」さんが丁寧に解説をされていたので共有をさせていただきます。

ゲームはまだまだ難しい

こちらについても結論まだ難しいと言えます。こちらの動画をご覧ください。

DIR EN GREY Shinyaさんが実際にポップインアラジンを使ってデッドバイデイライトをされているのですが、あまりのカクつき+遅延にまともにゲームができない状態です。

私自身昔サドンアタックやカウンターストライクをやっていたのもあって、こういった1秒、0.1秒を争うようなゲームであればリフレッシュレートが低いとかなりゲームに支障をきたしてしまうのがよくわかります。

ゲームであればまだまだテレビに軍配が上がることから、ポップインアラジン2プラスやAnker Nebula novaも含めてまだおすすめできない状態ですね。

逆に言えばどんな人がおすすめか

  • 引っ越しが多い人
  • 配線が嫌いな人
  • 簡単にテレビを設置したい人
  • 部屋をオシャレにしたい人
  • 生活感を出したくない人

このような方にはポップインアラジンに軍配が上がります。

なんといってもDIR EN GREY Shinyaさんのお家はローランドさんの家を連想させるほど全面鏡になっており、ポップインアラジンのプロジェクターによって青い反射をさせてまるで水族館の中かのような家にされています。

全面鏡×ポップインアラジンの組み合わせはかなり相性が良さそう・・・非現実的な空間にしてみたい人にもポップインアラジンは全力でおすすめしたいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り、最近発売されたほうが超悲報なことに円安の影響で2万円ほど値上げがされている件について買いなのか記事にさせていただきました。

もし一度ポップインアラジンを試しに1週間ほどレンタルをしてみたい場合は今CMなどで放映している「Rentio(レンティオ)」というサービスで簡単にポップインアラジンを借りられるので一度お試しください。

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストのガジェットに関する記事を900記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました