【ロコンド】ローランドのヒールブーツを買ってはいけない3つの理由

スポンサーリンク
ミニマリスト

こんにちは。

先日、ローランドさんのYoutubeチャンネルより「CHSIRSTIAN ROLAND」から新たなシューズラインが発売されることが発表さされました。

動画の内容を簡単に要約すると下記のような感じです。

  • イタリアの最高級レザーを使用
  • とにかく楽で走れるレベル
  • 安い
  • 革が柔らかい

などなど動画には絶賛する声が多数挙げられていました。

しかしながら、いきなりで申し訳ないですがタイトル通り「買ってはいけないもの」だと思います。

何故かというと答えは一つ。「中国製」であるからです。

今回の記事では下記3点ピックアップしてみました。

  • 経年変化を楽しめない
  • 一生ものではない話
  • おそらく本人も着用をしない

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

経年変化を楽しめない

まず日本製やサンローランなどを生産しているイタリア製であれば経年変化を楽しめるかと思いますが、中国製の商品だとおそらく経年変化よりも先に「経年劣化」が生まれてしまうかと思います。

中国製の全てが悪いわけではありませんが、明らかな安っぽさが動画越しでも決して拭えず、経年変化を楽しむことすらできないでしょう。

一生ものではない話

本当に良い靴はレザーが非常に頑丈であるため、ソールさえ張り替えれば半永久的に履くことができます。

しかし上にも述べたとおり、ロコンドの商品をディスわけではありませんが3万の靴を一生履くことはできないでしょう。

たった諭吉3枚分で一生買い替えの不必要な高級な靴を買えると思ったら誰もが買うと思います。

  • お金のない大学生がおしゃれをしたい人
  • サンローランに憧れを持っている
  • 初めてヒールブーツに挑戦してみたい男性の方

ターゲットがそもそも上記になるので、学生の方やフリーターでファッションが好きな方にはおすすめできるかと思います。

スポンサードサーチ

おそらく本人も着用をしない

数年ほど前にローランドさんが自分の靴を大事に磨いている動画がアップされていました。

まず、あれだけ本物志向なローランドさんなので、本人もメディアに出演しているときなど以外は着用しないでしょう。

「安かろう悪かろう」といった言葉がありますが、まさにそのこと。

ロコンドの商品はどれもファッション製に特化していて、素晴らしい商品ばかりですがローランドさんのような本物志向の方にはコラボが向いていなかったのではないかと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日はローランドさんとロコンドのコラボ商品について書かせていただきました。

再度結論にはなりますが、タイトル通り「中国製であるため、買ってはいけないもの」といったことで記事にさせていただきました。

今回の記事では下記3点ピックアップさせていただきました。

  • 経年変化を楽しめない
  • 一生ものではない話
  • おそらく本人も着用をしない

ローランドさんのような方には薄利多売といった言葉が合わないので、できればロコンドとのタッグは避けてほしかったですね。

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,540(2020/12/04 15:39:50時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました