New Article

【ミニマリスト】「超ミニマル主義」の要約まとめ

ミニマリスト

こんにちは。Nagiです。

当メディアは現在毎日1000日以上更新をしており、過去に様々なミニマリストに関する記事を執筆させていただきました。

絢香やスーパーフライなどのプロデューサーを務めた後ニュージーランドに移住した執筆家の四角大輔さんの書かれた「超ミニマル主義」について要約をさせていただきます。

まず結論を端的にお伝えしますと、「身軽になって行動力を上げてくれる本」でした。

created by Rinker
¥1,693(2022/12/07 03:07:55時点 Amazon調べ-詳細)

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 常に身軽でいられるからこそ挑戦ができる
  • 身の回りも軽くしてみる
  • 家やデスク周りを軽くしてみる

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

常に身軽でいられるからこそ挑戦ができる

これはひろゆきさんの大ベストセラー本「1%の努力」でも書かれていたのですが、「あえて片手をあけるからこそ常にチャンスを得られることができる」というものと通ずるものがあると思いました。ブロガーのマナブさんも「あえて暇になろうとしている」ということはよくお話しされていましたね。

SNSで「常に仕事が忙しいアピール」をされている方もいらっしゃいますが、ああいうのも正直よくありません。まわりまわって仕事の依頼もしづらいですし仕事が忙しくない人に対する威嚇やマウントにさえみてしまう場合さえもあります。

個人的に常に身軽でいられるために必要なものは下記の3つの通りだと思います。

  • いつだって身軽でいるためにマイホームの購入はしない
  • 紛失したときのダメージを軽減するために高価なものは買わない
  • いつでも仕事を受けられるように「余白」を持っておく

私自身独身ながらも、一時期マイホームの購入を検討していたときもあったのですが一周回って多くの方が語るように「無駄」であることに気が付きます。

もし突然自分のライフスタイルに変化があったときも適応が難しいですし、なによりも「ローン」という負担によって仕事も追いつめられる場合さえありますよね。

他にも私自身は一時期高価なものばかりを購入していた(当時の買ってよかったもの記事を参照)のですが、これらも一周回ってあまり魅力を感じないようにも思うことが最近多々あります。

「良い物は高い」というのはわかるのですが、結局本当に必要なものはiPhone/Airpods Pro2/Apple Watchだけなようにも最近思えてきました。

結局は「見栄を張らず、使いやすくて自分に合っているもの」というのが1番ですね。

身の回りも軽くする

本書にも書かれていたのが、服や靴も軽量化をして「常に身軽でいよう」ということでした。

例えばですが、アウターも軽量化する作戦が書かれています。詳しくお伝えしますと、私の好きなライダースジャケットと違って軽量なダウンジャケットや軽量レインジャケット、軽量ウインドブレーカーなど手のひらサイズに畳めるものがありますのでこれならカバンに入れておくことで旅行などでも非常に便利ですよね。

ビジネスシューズも片足200g台で選び、あえて革靴は選ばないということが大切だそうです。
筆者曰く「Allbirds、adidas」あたりがおすすめで、全身を軽量化したら、全部で何gになったか測ってみようとのことでした。

結局は「機能性重視」になってくることに大いに頷ける

個人的には靴はブーツが好きなので、軽いスニーカーというのはジムでしか着用しないのですが、服に関しては確かにライダースジャケットが大好きとはいえ重すぎて着用するのが億劫になって結局着用しないなんてこともありますね。

自分のファッションも1g単位でこだわることで、いつだって挑戦ができる身軽さを手に入れようというメッセージが伝わって、これらもミニマリズムに通ずるのかなと思います。

家やデスク周りを軽くする

これは私自身も既に実行をしているのですが、パソコンの壁紙とかも全部真っ黒にして、アイコンを何もおかないということです。

いつだってスッキリさせることで最大のパフォーマンスを発揮することができ、デスク周りにもティッシュくらいしか置いておらず、目が散ることもありません。

整理されて居心地の良い空間とは?

端的にお伝えしますと「ホテル」とかが1番分かりやすいかなと思います。綺麗でラグジュアリーホテルはめちゃくちゃ快適ですよね。

ホテルというのは本当に必要最低限なものしかない一方で、自宅というのは使っていないものがわんさかあるでしょう。

結論として1年使っていないものは全部捨てる

  • ミキサー
  • 食器
  • CDやDVDや本

細かいものを言い出すとキリがないほど1年以上使っていないものというのはあるはずです。思い切ってメルカリやラクマなどで手放すことで、お金にも代えられますし部屋もスッキリするし一石二鳥です。

今すぐ「もったいない」という固定概念を破壊して、鳥の羽のように身軽さをもって羽ばたいていきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は絢香やスーパーフライなどのプロデューサーを務めた後ニュージーランドに移住した執筆家の四角大輔さんの書かれた「超ミニマル主義」について要約をさせていただきました。

再度結論を端的にお伝えしますと、「身軽になって行動力を上げてくれる本」でした。

created by Rinker
¥1,693(2022/12/07 03:07:55時点 Amazon調べ-詳細)

改めて今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 常に身軽でいられるからこそ挑戦ができる
  • 身の回りも軽くしてみる
  • 家やデスク周りを軽くしてみる

当メディアは現在毎日1000日以上更新をしており、過去に様々なミニマリストに関する記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

created by Rinker
¥1,693(2022/12/07 03:07:56時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました