New Article

【筋トレ】横川尚隆さんの食事の追い込みがすごすぎる件

筋トレ

こんにちは。Nagiです。

当メディアは現在1000日以上毎日更新をしており、過去に様々な筋トレに関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り、最近テレビでも引っ張りだこの横川尚隆さんの食事に関する記事をご紹介させていただきます。

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 胸肉は1日3-4回に分けて食べる
  • 卵は筋トレに必須
  • 納豆も補助的な部分でかなり良い

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

胸肉は1日3-4回に分けて食べる

筋トレよりも食トレのほうがきついといった話は様々なシーンで耳にしたことがあると思います。それは私自身も首がもげるほど頷けることでして、現在私自身も体重が48kg→60kgまでアップできたのは筋トレもそうですが「食事を頑張ったから」という場面のほうが多いような気もします。

いや本当に横川さんの場合は異次元レベルの筋肉界レジェンド。なんだか中山きんにくんや松本人志さんでさえ、小さく見えてしまうレベル。

そんな横川さんは200gの胸肉を1日3-4回に分けて食べるとしており、あまりのストイック具合に脱帽。
いや本当に毎日同じの食事は飽きてきてかなりつらい部分があるんですよね。

ミニマリストは食事も固定化する?

上記を耳にしたこともありますが、あれも実は時々辛いときがあります。
昔は全然そんなことがなかったのですが、歳をとるにつれて舌が肥えてしまったのかとにかくつらいものがあります。

しかしながらチャンピオンレベルになるとここまで節制して食事計画をたてないと筋肉量も増えないし脂肪分もついてしまいます。完璧な食事プランを見習うべきですよね。

そして胸肉は筋トレにおいて最も重要であり、脂肪分もほとんどないため、筋トレをされる方にとって最も適した食事方法だなと改めて実感します。

created by Rinker
TUCANO(エムアンドティ)
¥3,380(2022/12/07 02:39:51時点 Amazon調べ-詳細)

卵は筋トレに必須

元々は貴族にしか手に入らなかったとされる卵ですが、幸せなことに日本人は簡単に卵が手に入れることができてすごくありがたいですよね。

そんな横川さんは胸肉以外にも卵を2-3個を1日に摂取されるそう。そんな卵はビタミンC以外の栄養素が含まれている筋肉食材として最強のアミノ酸スコア100を誇るのだとか。

横川さんん増量のすべて

  • 米1kg
  • 胸肉800g
  • 卵2-3個
  • 納豆1パック-2パック

通常のオフ期

  • 1日5食
  • 鶏胸肉3-4食
  • 残り1回が卵納豆
  • 卵3つ納豆2パック

固形物からタンパク質を摂る量を増やすそうですね。何を隠そう筋トレ直後のプロテインなども含めて1日に240g-260gレベルでタンパク質を計算して摂取しているのだとか。完全に狂ってます。

それでもこのくらい摂取しないと横川さんくらいの筋肉にはならないですよね。本当に努力の塊。そしてローランドさんもブログに書かれていましたが、「一番おしゃれな洋服は筋肉」だとも語られています。かなり見ごたえのある内容となっているため、トレーナーの方などいらっしゃいましたら一度目を通してみることをおすすめします。

納豆も補助的な部分でかなり良い

先ほどもご紹介をさせていただきましたが、鶏肉・卵以外にも横川さんはお米を1日1kg近く摂取しているのと、さらに納豆も1日2パック摂取されています。

納豆もタンパク質が豊富で、知っている方も多いかもしれませんが様々な作用があります。

  • 血液をサラサラにしてくれる
  • 筋肉の疲労回復を助けてくれる
  • 筋合成を促す
  • アルギニン豊富

挙げだすとキリがないほど納豆には良いものがつまっています。あまりに食事を徹底しすぎて横川さんの毎月の食費がどのくらいなのか気になるレベル。全て自炊なら5万円程度なのでしょうか?

今回色々横川さんについてお調べしていると同時に筋トレと食事の関係性についてもっと色々知りたくなったので、さらに追及をして今日も筋トレに励もうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り、最近テレビでも引っ張りだこの横川尚隆さんの食事に関する記事をご紹介させていただきました。

改めて今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 胸肉は1日3-4回に分けて食べる
  • 卵は筋トレに必須
  • 納豆も補助的な部分でかなり良い

健康に投資をするからこそ、常に最高のパフォーマンスで何事も取り組むことができます。横川尚隆さんを見習いつつ、食事も生きていく上での必要経費だと思い今後も私は一生をかけて筋トレをし続けるでしょう。

自宅でも筋トレが可能ですので、是非下記のダンベルやフィットネスミラーも手にしてみてはいかがでしょうか?

当メディアは現在1000日以上毎日更新をしており、過去に様々な筋トレに関する記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

筋トレ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました