【オールハンドメイド】「cicachan」の理念が素晴らしすぎる

スポンサーリンク
ファッション

こんにちは。

過去に様々なミニマリズム思考に関する記事を200記事程度書かせていただきました。

そんな本日はnoteでたまたま見かけたのですが「cicachan」というレディースブランドについてご紹介をさせていただきます。

Cicachanというブランドは一言で言えばタイトル通り「オールハンドメイド」で製作されている洋服になります。

基本的に受注生産となっており、注文を受けてから生地の発注→縫製開始という他のブランドとは1着1着に対する熱意が違うのが売りになっているわけですね。
※当記事はアフィリエイトでも案件でもございませんのでご安心ください。

そんな「cicachan」のお洋服について今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 「ハンドメイド」ならではのこだわり
  • 無駄な服は1着もないという概念
  • 何年も愛用してこそやっと価値が出る

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

「ハンドメイド」ならではのこだわり

引用元:cicachan

どれだけハイブランドであってもなかなか1着1着ハンドメイドで作られているブランドはなかなかありません。

強いていうならばライダースジャケットやスーツなどオーダーが入った際に1から製作されるという話はよく耳にしますが、ワンピース1着であってもハンドメイドというのは耳にしたことがなかったため、かなり大変であるだけでなく金儲けを目的だと決して続かない商売だろうと思いました。利益よりも少しでも顧客に寄り添い1着1着丁寧に生産し、届ける。なんて素晴らしいことなのでしょう。

もちろんオーダーしてから3週間ほど時間がかかり、その間にカスタマー側の熱が冷めてしまわないかが心配にはなるのですが、ユーザーに寄り添い1着1着丁寧に製作していく過程はこの大量消費のご時世だからこそすごく大切な概念です。

実際かなり不安があったとのこと

引用元:cicachan

このブランドがスタートした際、3週間も納期を待ってくれるお客様なんているのだろうかとすごく不安があったそうです。

確かに自分の気に入った洋服があれば今すぐにでも着て出かけていきたいところではありますよね。実際私も他ブランドで展示会に行って入荷が半年後とかで半年後に好みが変わってしまっていたなんてこともありました。

しかしながら「到着するまでの間楽しみにしています。」のユーザーからの一言が支えとなり、時間をかけたとしても良い物を届けることでユーザーに喜んでもらえると考えたそうです。

無駄な服は1着もないという概念

私は過去に上記の自慢のウォークインクローゼットをご紹介したことがあるのですが、着ていない服は1着もありません。

10着しか持たないというポリシーから服自体は多く持っていませんが、全て徹底的に黒かつ無地で統一された大胆なシルエットの洋服は順位をつけることなんてできません。

どれを着ても着心地が良く、永く愛用したいものばかりです。所詮布であるため、破れたり汚れてしまえば終わりなのですがそれでもずっと愛用したいと思えるアイテムばかりです。

何年も愛用してこそやっと価値が出る

過去にひろゆきさんの記事をいくつか書かせていただいたことがあるのですが、ひろゆきさんの奥さん曰くひろゆきさんは何年も同じ服を愛用し続けるとのこと。

中には学生時代からの服も愛用されているとのことで、もう4X歳となるので20年程度愛用されているということになりますよね。

しかもご覧の通り破れたり完全にダメになるまで買わないというこの思考は大量消費社会だからこそ、何気すごく大切な思考なのではないかと思います。

私は先日5年振りにデニムを新調したこと以外、かれこれ1年程度服を購入していませんが、今後もなかなか購入する機会がないと思っています。

1着1着を大事にしていき、少数の本当に気に入ったものだけに囲まれる生活こそが自分に合っていると確信しており、ミニマリズム精神がエコにも繋がるためこうした思考が今後も広がることを祈っています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日はnoteでたまたま見かけた「cicachan」というレディースブランドについてご紹介をさせていただきました。

cicachanというブランドは一言で言えばタイトル通りmade in japanの「オールハンドメイド」で製作されている洋服になります。

一点物を作るハンドメイドブランドから始まり、もっと多くの方にcicachanのお洋服に触れてもらいたい。そんな想いから日本全国の縫製の匠にお声がけして製作されたブランドです。

※当記事はアフィリエイトでも案件でもございませんのでご安心ください。

そんな「cicachan」のお洋服について今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 「ハンドメイド」ならではのこだわり
  • 無駄な服は1着もないという概念
  • 何年も愛用してこそやっと価値が出る

気になった方は是非一度WEBサイトをご覧になってみてはいかがでしょうか?私はcicachanを支持します!

ファッション
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました