【ブレイキングバッドを凌駕する】ペーパーハウス シーズン5が最高すぎた【ひろゆき絶賛】

スポンサーリンク
Netflixオリジナル

こんにちは。

過去に様々なNetflixに関するまとめ記事ペーパーハウスに関する記事を書かせていただきました。

そんな本日は待ちに待ちすぎた2021年9月3日に配信されたペーパーハウス シーズン5のレビューをさせていただきます。
※この記事はネタバレを含みますのでもし苦手な方は回れ右ください。

まず結論からいえば、さすがひろゆきさんが大絶賛するだけあってNetflixの中で最も手に汗を握るドラマであると思わされました。Netflix限定ドラマで代表作といっても過言ではありません。

今回の記事では下記三点についてピックアップをさせていただきました。

  • ペーパーハウス S5の感想
  • 天才集団に注目
  • 逆境こそチャンス

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

ペーパーハウス S5の感想

もう開いた口が塞がらない・・・主人公が死ぬ作品って何?ダンサーインザダーク?主人公が死ぬ作品なんてこれから先もなかなかないので見終わったあとも10分ほど鳥肌が止まらない状況が続きました。

Parts2が12月にスタートとのことで、まだ続く喜びがある一方で悲しさに満ち溢れすぎた結果、明日の仕事にさえ影響が出そうなほどのメンタルになってしまうほど。普段なかなか感情移入をしない私でさえトーキョーとリオの終わり方があまりに可哀想すぎたと思いました。

ここまでハマれるドラマはなかなかない!

前シーズンから大分時間が経っていたため、色々と忘れていたけどすっと馴染んでくるのはやはり根幹が「面白い」からなのだろうと思います。
毎回約50分のドラマが体感10分程度に感じるのはペーパーハウスならでは。

Netflixにはありとあらゆる作品が溢れていますが、私は間違いなく本作品をTOP3に挙げるだろうと思います。冒頭にも述べました通り、ひろゆきさんも大絶賛をされています。

もう久しぶりにみんなを見れただけでドキドキとワクワクが止まらないし、もはや彼ら彼女らを見ると家族みたいなものにさえ感じてしまいます。

シーズンを重ねるごとにスケールが大きく派手になって一切妥協のない仕上がり。費用の掛け方も素人目線であっても莫大になっている点も見どころだです。

天才集団に注目

相変わらず今シーズンも教授は天才すぎるが故に敵さえも味方につけた・・・!ネタバレ注意ですがなぜ赤ちゃんの出産方法まで・・・?しかも逆子の対応さえも知っている知識に脱帽。

どんな経験や知識であれ、どこかで役立つことがあるから自分の分野には関係ないと思わずに様々な知見は広げたほうがいいとはこのことかと感心。

頭の良い人を見るのは見ていて気持ちが良い

本作の最大の見どころは、やはり「教授の頭脳」が挙げられると思います。

脚本がかなり賢くて被害者も一切出さず、誰も傷つけない。もちろん悪いことはしているのですが、何が正しくて何が悪なのか一体なんなんだろうと感じさせられます。

教授は事前に建てた計画も隙が無く素晴らしいものですが、それ以上に、現場で起こる様々なトラブルに対し臨機応変に対応していく力も持っており誰もが憧れる存在なのではないでしょうか?

逆境こそチャンス

トーキョーがリオに告げた「別れは新しい人生の始まり」ということを私も一生忘れないと本作を通して思いました。

愛する人を亡くした人や恋人と別れて悲しい人は今回のトーキョーの言葉に励まされるでしょう。逆境やピンチこそチャンスであることを忘れかけていた現代人にとって、なんて心強いワードなのだと見終えた後に自問自答しました。

一人で見ることをおすすめする

見終えた多くの人が共感してくださるかと思いますが、最後2分は涙が止まらない仕様となっています。

すぐ感情的になるし、周りに迷惑をかけまくるため人気のないトーキョーですが、やはり1番美人ということもあって私の中で1番好きなキャラクターでありました。多くの方に愛されたキャラクターであったため、亡くなるなんて受け入れたくもありませんが覚悟して多くの方に見ていただきたいです。

ナイロビとトーキョーが死後の世界の有無について話してるシーン

「何を覚えててほしい?」「一緒にいた時の気持ち」「友達は数じゃない。いつも心にいる人よ」

個人的に胸の奥がぶわっとなり、なぜか微笑ましいのに切なくてなんとも言えない気持ちになりました。
シーズン1では衝突し合ってたふたりが、こんな会話をするなんて…。

たかがドラマなのになぜこんなに気持ちが揺さぶられるのでしょう。こんなに素敵な作品と出会えて最高に幸せです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は待ちに待ちすぎた2021年9月3日に配信されたペーパーハウス シーズン5のレビューをさせていただきました。

再掲になりますが、さすがひろゆきさんが大絶賛するだけあってNetflixの中で最も手に汗を握るドラマであると思わされました。Netflix限定ドラマで代表作といっても過言ではありません。

改めて今回の記事では下記三点についてピックアップをさせていただきました。

  • ペーパーハウス S5の感想
  • 天才集団に注目
  • 逆境こそチャンス

Netflixでこれからどの作品をみよう?おすすめは?と探し中の方に是非見ていただきたい作品です。

ブレイキングバッドを超えるほどの面白さであることを保証できるほど最高のドラマであるため、ペーパーハウスを見るためだけにNetflixに入る価値さえあると思いご紹介をさせていただきました。

Netflixオリジナル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました