ローランドがホテルで飲んでいたワインを2種類を調べてみた

スポンサーリンク
ローランド

こんにちは。

過去にローランドさんに関する記事を100記事近く書かせていただきました。

そんな本日はローランドさんが約1年ほど前にパークハイアットにて約1ヶ月間宿泊をされていた際に飲まれていたワインの銘柄を調べてみました!

まず結論からいえばこちらになります。

  • マルゴー・デュ・シャトー・マルゴー 2014
  • ピオ・チェーザレ・バローロ

3本目に関してはお調べしましたが画像がぼやけており不明だったため割愛とさせていただきます。

ちなみに宿泊されていた部屋のタイプは「デラックスキング」と呼ばれるお部屋になります。

1泊61000円程度なので1ヶ月間だけでいえば宿泊費だけで180万以上する超高級ホテルになります。

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

マルゴー・デュ・シャトー・マルゴー 2014

このワインの概要

マルゴー・デュ・シャトー・マルゴー 2014 は、厳選に厳選を重ねた2014年ヴィンテージ、その魅力を存分に生かした仕上がりとなっています。

それはみずみずしさや、愛らしさであり、優美さを感じさせるワインで評判があり、香りはとても上品で、フローラルかつ果実感たっぷりなのが特徴です。

味わいはどこまでも丸くやわらかでしっかりと引き締まった後味にふれて初めて、凝縮感あふれる、長期熟成にも適したワインであることに気づかされます。

公式からお調べしましたところ、非常に上品で様々な想いや理念が込められたワインとなっていますね。

気になる価格

created by Rinker
シャトー・マルゴー
¥12,100(2021/07/28 06:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonで12100円でした!楽天だと2万円以上するので通常ホテルで飲めば大体このくらいの価格をするのかもしれません。

高級なワインであるため1口ずつ味あわないといけませんね・・・!

ピオ・チェーザレ・バローロ

こちらのワインは1881年創業のピオチェーザレ社でつくられた歴史あるワインとなっています。

辛口のワイン評論家ロバート・パーカーから95点を獲得したこともあるピオ・チェーザレのシンボル「バローロ」。

ワイナリーが所有する最も重要な5つのクリュから収穫し、一部はバリックの樽を使用して全30ヶ月の熟成を行っているのが特徴です。 

歴史あるバローロのクリュの美点をすべて凝縮しているといわれ、非常に柔らかい新鮮な味わいが特徴です。長寿でも定評のあるピオ・チェーザレのワインは、自宅で10年寝かせても美味しくいただける素晴らしいワインです。

気になるお値段

created by Rinker
ピオ チェーザレ
¥7,980(2021/07/28 06:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

Amazonも楽天も7000-8000円程度の価格帯となっています。

1本目のワインと同じく1口ずつ味わうことになりそうなのですが、大金持ちのようなローランドさんの場合は何も気にせずお酒を嗜むことができるのでうらやましいところですね!

もしローランドさんと同じワインを飲んでみたい方がいらっしゃれば是非上記からご購入してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日はローランドさんが約1年ほど前にパークハイアットにて約1ヶ月間宿泊をされていた際に飲まれていたワインの銘柄を調べてみたので記事にしてみました!

再掲になりますが結論からいえばこちらになります。

  • マルゴー・デュ・シャトー・マルゴー 2014
  • ピオ・チェーザレ・バローロ
created by Rinker
シャトー・マルゴー
¥12,100(2021/07/28 06:25:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ピオ チェーザレ
¥7,980(2021/07/28 06:25:27時点 Amazon調べ-詳細)

過去にローランドさんに関する記事を100記事近く書かせていただいておりますのでファンの方やそうでない方もお時間あればご覧ください。

ローランド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました