【髪質改善】パリスローランドのトリートメントがブリーチをしていても綺麗すぎる!

スポンサーリンク
ローランド

こんにちは。

当メディアでは過去に様々なローランドさんが愛用のインテリアご自宅の豪邸について記事を100記事以上執筆させていただきました。

その中でも今回、ローランドさんが経営されている美容室である「PARIS ROLAND(パリスローランド)」に関する記事を執筆させていただきます。まずはこちらの画像をご覧ください。

金髪時代のローランドさんなのですが、もはやブリーチヘアを思わせないほどの潤いと健康な髪質を画像越しから想像ができます。

その中でも今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 今流行っている髪質改善とは?
  • 髪を整えることで肌のトーンまで上がる
  • 一流は美意識が高い

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

今流行っている髪質改善とは?

平成時代ではなかなか巷で耳することがなかった髪質改善トリートメントですが、令和時代となった今ではもはやほとんどの方が耳にしたことがあるのではと思うほどの有名なワードとなりました。

まず工程を結論から言えば「髪をアルカリから酸性の状態」にして、これにより栄養を入れていくためのベースをつくります。それにより、髪の最も深い層に結合水と呼ばれている水分の栄養を入れていき、さらに油分の多いCMCという栄養をいれていくという形になります。

ダメージを与えずに素直な髪に

ここまで聞いておいて何が何だか分からないと思いますが、ざっくり言えば今までのトリートメントにはない栄養剤をいれるというわけになるます。

傷んだ髪はタンパク質の結合が切れて流出をし、余分な水分がはいりこんでうねりや広がりが出やすい状態であり、髪の芯がぼろぼろになっている状態です。
正直なところ、傷んでしまった髪は元に戻ることがありません。髪質改善トリートメントは、そこにタンパク質やアミノ酸などの栄養成分とともに切れてしまったタンパク質結合の代わりに務める酸を補給してくれる仕組みになっているというわけですね。

髪を整えることで肌のトーンまで上がる

いくら美しい顔立ち、容姿、所作であり肌荒れも一切なくとも髪の毛だけがバッサバサのボロボロであれば一気に雰囲気がなくなってしまいます。

元々細毛・少毛の髪質のいわゆる猫っ毛であれば、なかなかボロボロになる可能性というのは極めて低いのですが、私のように髪が太く、そして多くて元々パサつき気味の髪質であれば余計にトリートメントに行くべきです。

私自身、過去にカット・カラー程度しかしたことがなかったのですがここ1年で2週間に1度のペースで美容室に通うことによってかなり髪質がマシになりました。
せっかく美しくなるために美容室に行っているのにボロボロになれば本末転倒です。ローランドさんも正直髪は痛んでおりますが、それでも定期的に美容室に通われトリートメントをされています。
少しでも髪のダメージを誤魔化すためにも美容室には最低でも月に1回はトリートメントに行くべきだと言えます。

一流は美意識が高い

とにかく自分磨きに拘る一流はめちゃくちゃ美意識が高いです。Youtuberの「はじめしゃちょー」であっても「ヒカル」さんであってもローランドさんを凌駕するほど美意識が高いのは有名です。

はじめしゃちょー(昔)

はじめしゃちょー(令和時代)

ヒカルさん(昔)

ヒカルさん(令和時代)

ローランドさん(東城誠時代)

ローランドさん(最新)

実際に過去の動画を振り返ってみても、もはや別人と言えるレベルかもしれません。

これらのことから一流はとにかく美意識が高く、肌だけでなく髪にもこだわり自己投資をするわけです。少しでも一流へと近づきたい方やハイダメージ毛の方であればぜひこの記事が参考になれば幸いでございます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事ではローランドさんが経営されている美容室である「PARIS ROLAND(パリスローランド)」に関する記事を執筆させていただきました。

金髪時代のローランドさんなのですが、もはやブリーチヘアを思わせないほどの潤いと健康な髪質を画像越しから想像ができますね!

改めて今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 今流行っている髪質改善とは?
  • 髪を整えることで肌のトーンまで上がる
  • 一流は美意識が高い

当メディアでは過去に様々なローランドさんが愛用のインテリアご自宅の豪邸について記事を100記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

ローランド
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました