【実体験!】ひろゆきの本に載っていることを実行してみたら仕事が舞い込んできた話

スポンサーリンク
コラム

こんにちは。

本日は先日発売された西村博之さんの本「なまけもの時間術」に書いてある内容を実行したら、仕事が舞い込んできた話をしようと思います。

いきなり結論ですが、実行したことはたった1つだけで「誘われたらとりあえず乗ってみるマインド」を持っただけです。

元々、友人に遊びに誘われても断ることが多かった性格なのですが、「なまけもの時間術」を読んだあとだったのでこの度実行をしてみました。

それでは解説をしていきます。

スポンサーリンク

人と会って話す大切さを分かった

two man and woman holding cups on tables

誘ってきた友人は「昨年起業したばかり」のスタートアップ企業です。友人といっても会って話す回数はまだ3回目です。

元々私自身がWEBサイト制作をできることを知っていたのですが、なんと友人から「WEBサイトの制作をお願いするか悩んでいる」とのことでした。

会って飲みに行っただけで25万獲得

WEB制作は基本的に原価がゼロですし、これだけ美味しい仕事はありません。
スタートアップ企業なので、情報もあまりなく、一旦「名刺代わり」程度のWEBサイトで十分とのことでした。

今コロナでこれだけ世界経済が落ち込んでいる中、オンラインでできる「WEB関係の仕事」をしていて本当によかったと思える瞬間でした。

家の中にいるだけでは何も生まれない話

woman sitting on sofa while holding food for dog

今は自粛ムードなので外に出るだけでバッシングを受けますが、落ち着いたときは思いっきり外に出て色んな人と会いましょう。

  • ホストクラブの社長
  • 買取屋の社長
  • レザーショップの社長

私の場合、ただ散歩しているだけで過去に上記3人と出会い、仕事が舞い込んできましたザックリと書いているだけなので、もはや冗談のように聞こえるような内容ですが本当です。

多くの方が同意できると思いますが、基本的に家にいるだけで仕事が舞い込んでくるわけがありません。

異性と出会いがないと嘆いている人も外に出ないと始まりません

person wearing gray long-sleeved top

話は本題とかなりズレてしまいますが、「異性と出会いを求めている人」ほど外に出ていない人が多かったりします。

SNSが発達したおかげで、家に引きこもっていても気軽に人とコミュニケーションを取ることのできる便利な時代になりましたが、やはり人と会って会話するほうが遥かに大事です。

自粛期間が終わったら思いっきり外に出よう

今まで「外に出るのはダルい」と勝手に思い込んでいましたが、いつどこで仕事をもらったり、自分のように出会ったことのない経営者と出会うか分かりません。

以前ホリエモンも飲み会について発言していた

「誘われたらとりあえず乗ってみる」スタンスは今後も実行し続けようと思います。
行ってみて、つまらなかったら、二度と行かなければいいだけのことですね。

飲み会自体は苦手な自分

group of people holding footed glasses

これだけ飲み会について煽っておいてですが、私自身飲み会は苦手です。
4人以上になると1人は確実に雰囲気に呑まれて話せなくなるタイプの人がいますが、まさに私のことです。

「人数が3人まで」の飲み会は大好き

「3と4では脳の処理能力の壁がある」と言われています。

飲み会で3人までなら楽しく話せるけど、4人以上だと空気になってしまうのは、情報が多すぎて脳がキャパオーバーになっているからと言われています。
脳がパンクしないよう、選択肢はできるだけ減らすべきですね。

物を減らすなら3択まで絞る

この考え方は飲み会の人数調整を例に色んなシーンで役に立つので空気気味になる人は是非実行してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は先日発売された西村博之さんの本「なまけもの時間術」に書いてある内容を実行したら、仕事が舞い込んできた話をさせていただきました。

繰り返しての結論になりますが、実行したことはたった1つだけで「誘われたらとりあえず乗ってみるマインド」を持っただけです。

飲み会を舐めてはいけない

元々、友人に遊びに誘われても断ることが多い性格なのですが、「なまけもの時間術」を読んだあとだったのでこの度実行をしてみました。

出会いは様々な面で役立ったり、人に助けてもらえたりします。ダルいと思っていた飲み会も3人までなら是非参加してみましょう。

タイトルとURLをコピーしました