【自粛生活が暇すぎる!?】Netflixで「コロニア」を見た感想!【エマ・ワトソン出演】

スポンサーリンク
映画

こんにちは。

自粛生活があまりに暇すぎたので、本日Netflix「コロニア」を見ました。

結論からいえば「めちゃくちゃハラハラドキドキ系」で大好物系の映画でした。
ちなみにGoogleからの口コミも92%と非常に高評価。

是非時間のある方は見ていただきたい映画かと思います。

スポンサーリンク

あらすじ

映画 予告編】 コロニア - YouTube

「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演によるポリティカルスリラー。1973年にチリ独裁政権下で起こった実話を、ドイツ人監督のフロリアン・ガレンベルガーのメガホンにより映画化。フライトでチリを訪れたドイツのキャビンアテンダントのレナは、恋人でジャーナリストのダニエルとともに、チリの軍事クーデターに巻き込まれる。ダニエルが反体制勢力として捕らわれた「コロニア・ディグニダ」は、慈善団体施設を隠れみのに、「教皇」と呼ばれる元ナチス党員パウル・シェーファーが暴力で住人たちを支配する脱出不可能な場所だった。レナはダニエルを助け出すため、単身コロニアに潜入する。主人公レナ役をワトソン、恋人のダニエル役を「ラッシュ プライドと友情」のダニエル・ブリュール、教皇パウル役を「ミレニアム」シリーズのミカエル・ニクビストがそれぞれ演じる。

愛とはなにかと考えさせられた作品

エマ・ワトソン殴打&水責めの拷問映像公開! - シネマトゥデイ

簡単にいえばハラハラドキドキ、そして愛を貫くというお話です。

実話を基にした作品

  • 拷問シーン
  • 強姦シーン
  • 洗脳
  • カルト集団

かなり恐怖なので見終わったあとぶっちゃけかなり疲れます。
そして実話ということを後で知るとさらに疲れました。

1973年チリ、軍事クーデター発生によりピノチェト政権発足。南米史上最悪の独裁政権と言われ、実に2万8千人を拷問し、約3千人を殺害したとされる。そして、その極秘拷問施設として使用されたのが<コロニア・ディグニダ>だ。
少年への性的虐待の罪でドイツを追われ、南米に根を張ったナチスの残党、パウル・シェーファーが1961年に設立。ピノチェト政権との密接な関係により、勢力を拡大。経済力で周囲の住民の信頼を得る一方、秘密警察の拷問施設、武器密輸の中継基地、巨大な武器庫という裏の顔を持っていた。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はNetflix「コロニア」を見たのでレビューさせていただきました。

繰り返しますが、結論からいえば「めちゃくちゃハラハラドキドキ系」で大好物系の映画でした。

最後の最後まで、緊張の糸が切れない内容

シェーファーの極悪非道の「闇」と対比させた、「光」の人間もきちんと描かれていました。

ハリーポッターで有名な「エマ・ワトソン」も出演しているので、是非気になった方は覚悟して見てみてください!

映画
スポンサーリンク
Nagiをフォローする
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました