New Article

【noteお題】「#私は私のここがすき」について考えてみた

コラム

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストに関する記事やライフスタイルに関する記事を900記事以上執筆させていただきました。

そんな本日はnoteで現在お題になっている「#私は私のここが好き」という超肯定的なお題について記事にしてみます。

まず結論からお伝えしますと下記の3つの通りです。

  • 何事も継続ができる
  • 責任感があって真面目
  • 誰とでも仲良くなれる

※今回はそこまで有益なコンテンツではありませんので興味がない方は呼び飛ばしていただいて問題ないです。

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

何事も継続ができる

私はかれこれ当ブログについても900記事以上毎日更新をしていたり、筋トレについても毎日のように続けることができたりとあらゆる結果を残してきました。

これらの人格を形成するにあたって、今振り返ると下記の通りです。

  • 小中学校→嫌々ながらサッカーをひたすら継続
  • 高校→ブログを3年間かかさずひたすら更新
  • 大学→投げ出さずひたすら1つのバイトを継続
  • 資格取得→11歳から現在にかけて年に1個以上を取得を継続

今こうやって振り返るともう小学生時代から人格が形成されているのが分かります。

社会に出たときに、あまりの理不尽さに一時は自暴自棄になりそうになったこともありましたが、それでも投げ出さずにコツコツと物事を継続できているのは信頼にも繋がりますし、何よりも自分の好きなところの1つです。

責任感があって真面目

フリーランスでやっていくにあたって何よりも大事なのが信用です。具体的に私自身が行っている3つの工夫はこちらになります。

  • 旅行中や出先でも仕事関係であれば即レス
  • 絶対に投げ出さない。「できない」と言わない
  • 協調性を持って行動する

連絡がとれないフリーランスがいるなんてこともよくあります。そもそもフリーランスなんて信用が0から始まるため、私は即レスをすることで、信用というトークンのようなものをコツコツと積み上げてきました。

その結果、ありがたいことにあらゆるご紹介をいただいたりと自分から営業することもなく仕事を獲得ができたりと、これも1つの自分の好きなところの1つですね。

分からないことは分からないと言う

「できない」と言わないと書かせていただきましたが、深掘りをさせていただきます。

スキル不足によって「できない」ということは絶対せずに、必ず「1度は調べて、それでも分からなければしっかりと分からない」と伝えることが大事だと仕事をやっていて改めて思います。

できないものをできるといって揉めるなんてことはフリーランスにおいてザラにありますし、何よりも「分からない」と認めることはスキルアップよりも難しいことだと言われています。

フリーランスとして生きていくために、責任感というのは重大です。これらの考え方は基本中の基本ですが、20代のうちに理解しているという点も自分の好きなところの1つですね。

誰とでも仲良くなれる

Five Factors & Stressでも有名な通称FFSでも診断してみた結果、ゴリゴリの「BE」特性ということで批判することなく大抵誰でも受け入れられることができるのも自分の好きなところです。

FFSは何が良い・悪いというわけではないのですが、自分の性格というものを客観視することができるツールでもあります。

今思えば親と喧嘩したこともなければ友人と喧嘩したこともなければクライアントともめたことも一度もありません。例えるなら学生時代に廊下を歩くとしたら真ん中を歩くのではなく、確実に端のほうを歩くタイプです。

だからこそ「ただのいい人止まり」に過ぎないのですが、そういった大抵誰とでも仲良くなれて無難な性格であるところも自分の好きなところの1つです。

今回は自己肯定感がどんどん下がっていると言われている現代社会においてnoteで「すごく良いお題」だなと思ったのでご紹介をさせていただきました。

是非みなさまも一度お考えになってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はnoteで現在お題になっている「#私は私のここが好き」という超肯定的なお題について記事にしてみました。

改めて結論をお伝えしますと下記の3つの通りです。

  • 何事も継続ができる
  • 責任感があって真面目
  • 誰とでも仲良くなれる

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストに関する記事やライフスタイルに関する記事を900記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました