New Article

【ミニマリストしぶ流】床の色と照明にこだわろう

ミニマリスト

こんにちは。Nagiです。

当メディアは現在1000記事以上毎日記事を更新しており、過去に様々なミニマリストに関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通りミニマリストしぶさんの動画を見て感じた「ミニマリストこそ床と照明にこだわろう」ということでご紹介をさせていただきます。

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 床の色で全く印象が違う
  • LEDまみれにしてセクシーさを求める
  • ラグジュアリー系ミニマリストを極める

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

床の色で全く印象が違う

今回の動画ではミニマリストしぶさんがクラブハウスでお知り合いになったとされる女性の方のお部屋を「ミニマリスト」っぽく仕上げるというテーマでした。

なぜか多くの賃貸の部屋が木目調となっており、あれは私の好みの問題となりますが本当に煩わしくて仕方がありません。なんでもっと高級路線の色味にしてくれないのだと何度も頭を抱えていました。笑

結論として、ほとんどの賃貸物件はご覧のようなクッションフロアのシートを敷くことで一気に高級感を出して洗練された部屋を築くことができます。

私の家の場合も全く印象が異なる件

私の部屋は元々このような木目調のミニマルとは対極線にある、自然で物が多そうなよくある物件といった感じでした。

部屋の形はすごく好みでも、壁の色だったり床の色がどうも気に入らないというのがあるあるですよね。そこで今回はクッションフロアと壁の色を全部シートで張り替えることで一気に洗練された空間を実現することができました。

これらのことから結論として、ミニマリストっぽい部屋にしたい方はクッションフロアは必須であると言って良いでしょう。

LEDまみれにしてセクシーさを求める

今回ではポップインアラジンの派生版でもあるアラジンベースをベッド上に置くことで、自宅をLEDまみれにしてセクシーな印象に仕上げられていました。

ただシンプルにしすぎるだけだと面白みもないので、こういう仕掛けがあるのもすごく良いですよね。

たとえばローランドさんの家

こちらは以前私の記事でもご紹介をさせていただいておりますが、全面鏡+LEDの仕上げになっているため、圧倒的なラグジュアリー+セクシーさで色気むんむんのお部屋に仕上がっています。

私の寝室

鏡がないためローランドさんのお部屋ほどでもないのですが、ベッドの下を全てテーピングライトを貼っているため何色にでも変えられることができますので、かなり雰囲気を醸し出すことができます。

シンプルなだけでなく、こういったゴージャスな遊びをいれることでよりエッジの効いた仕上がりになるのでミニマリストにおすすめです。

ラグジュアリー系ミニマリストを極める

今回の動画をふまえて感じたのは「ミニマルな空間」が好きなのであればインテリアにもこだわるべきだと思いました。

木目調の床だけではミニマルで洗練された空間の演出というのは少し無理があります。一方で今回のように床の色を変えてみたり、照明を変えることで一気にただのワンルームのお部屋がラグジュアリーな空間へと進化していっているのがお分かりですよね。

私の部屋の場合

「神は細部に宿る」の言葉で有名なバルセロナチェアを2脚分置いていたりして、この二脚があるだけで圧倒的なラグジュアリーな空間を演出することが可能です。

カッシーナのLC2でもよかったのですが、よりモダンでシックに感じたバルセロナチェアを選んで私は大正解でした。

ミニマリストといえば内向型の方が多いイメージなのですが、そういった方にこそ、自宅での過ごす時間が長い分、よりお部屋にこだわってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通りミニマリストしぶさんの動画を見て感じた「ミニマリストこそ床と照明にこだわろう」ということでご紹介をさせていただきました。

改めて今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 床の色で全く印象が違う
  • LEDまみれにしてセクシーさを求める
  • ラグジュアリー系ミニマリストを極める

当メディアは現在1000記事以上毎日記事を更新しており、過去に様々なミニマリストに関する記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました