【定番】ミニマリスト・シンプリスト向けアクセサリーのご紹介【アクセサリーも制服化させよう】

スポンサーリンク
ブレスレット画像ファッション

こんにちは。

本日は「ミニマリストだってアクセサリーをつけたい!」そんな人のために記事にさせていただきました。

シンプルな服ばかりを好んで着るようになると、人は足し算をしたがる生き物なのでどうしてもどこかにプラスさせたくなりますよね。

そんなときに「アクセサリー」が非常に有効です!

でもアクセサリーについても悩みがたくさんあると思います。

  • そもそも「ミニマリスト」の人ってどんなアクセサリーをしているんだろう?
  • アクセサリーをつけるならどんなもの?何個くらい?
  • どんな素材がいいんだろう?
  • アクセサリーって何歳までいける?

ミニマリストも結婚式やパーティーだって行きます。

今回はそのミニマリスト用アクセサリーについてまとめてみます。

スポンサーリンク

アクセサリーの制服化も心がける

ブレスレット画像

アクセサリーも服と同じで派手なものよりシンプルなアイテムのほうが、飽きずに長くずっと身に着けていられます。

服だけではなく、アクセサリーも定番化させてしまいましょう。
定番化に役立つアイテムをいくつかピックアップしたので今回はそちらのアイテムをご紹介します!

どうせ買うなら徹底的にシンプルで気に入ったものを

どうせ買うなら良いものを長く使う。

当たり前のように聞こえるかもしれませんが、この「大量生産・大量消費」の現代では中々難しい事なのかもしれません。

何を隠そう僕自身、1年前まではとにかく色んなモノを買ってはすぐに飽きてクローゼットに眠らせたままにしたり、オークションに出品して小銭を作ってはまた新しいモノを買う。という最凶の悪循環に陥ってました。

当時はモノを「使う」事じゃなくて「買う・手に入れる」事がゴールでした。

どうせ買うなら僕は断然シルバー925派!

どうせ買うならと思い自分は真鍮やメッキではなく、断然「シルバー925」を着用しています。
少々値段は張りますが、シルバー925ならではの着用していくにつれての経年変化がたまりません。

靴・帽子・バッグ・・・ 基本モノトーンのアイテムしか持っていないので、 あらゆる手持ちのものに断然「シルバー」が映えます。

アクセサリーイメージ

画像のようなモノトーンファッションの差し色に「シルバー」。
すごくお上品でついつい見惚れてしまいますね!

少しロックすぎるかと思う方は華奢なアクセサリーをチョイスすると◎。

アクセサリーを着けることによって服を減らすこともできる

シンプルな服にアクセサリー。

同じ服を着ていても、主役級のアクセサリーを変えれば印象はがらりと変わります!

これは僕の大好きな組み合わせで、アクセサリーを主役にするからこそ、服の数も減らすことに成功しました。主役だからこそ、アクセサリー選びを大切にしています。

アクセサリーで日常にスイッチを

僕の場合、アクセサリーをつけるとスイッチが入ります。それもあって毎日着けています

逆も然り、家に帰ってアクセサリーを外した瞬間一気にスイッチがOFFになるのでメリハリがつきますね。

僕のワードローブをご紹介

服を紹介する前に先にアクセサリーのワードローブをご紹介することになりましたがご了承ください(笑)

  • リング:1個
  • ピアス:1個
  • ブレスレット0個
  • ネックレス1個(チャームは3個)

上記を持っています。アクセサリーは全てクロムハーツとDIR EN GREYの京さんがプロデュースをしているマダラニンゲンというブランドのものを身に着けています。

画像は後日ご紹介させていただきますね!

ミニマリストもアクセサリーをプラスしてみよう

ミニマリストは「白シャツに黒スキニー」など、シンプルすぎることになりがちですよね。

そんなときに助けてくれるのが「アクセサリー」といったことを今回はお伝えさせていただきました。

仕事に行くときも、休日の日も、遊びに出かける日も、家でゆっくりする日も、ぜひアクセサリーを身に着けて気分を高めてみてはいかがでしょうか?

僕はアクセサリーを着け忘れて出社すると、心配でそわそわしてしまうレベルになってしまいました。

皆様もぜひチャレンジをしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました