【ANTI WIRE】HYDEのツアーファイナルが感無量だった件【大阪城ホール】

スポンサーリンク
DIR EN GREY / sukekiyo

こんにちは。

コロナ禍ではありますが、本日HYDEさんがANTI WIREを無事完走し終えライブに参加したので完走を記事にさせていただきます。

まず結論を一言でいえばライブも良かったけど毎日の何気ない日々がどれだけ幸せだったか改めて感じさせることのできるライブでした。

今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • セットリスト
  • 今回のツアーの感想
  • 何気ない日々の幸せについて

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

セットリスト

  • UNDERWORLD
  • AFTER LIGHT
  • LOVE ADDICT
  • DEFEAT
  • MISSION
  • SWEET VANILLA
  • BELIEVING IN MY SELF
  • ZIPANG
  • LET IT OUT
  • MAD QUALIA
  • SET IN STONE
  • ANOTHER MOMENT
  • EVERGREEN
  • WHO’S GONNA SAVE US
  • LION
  • KISS OF DEATH
  • DEVIL SIDE
  • REVOLUTION
  • HELLO
  • I’m so happy
  • GLAMOROUS SKY
  • ORDINARY WORLD

いつも通りの全22曲。そしてMCも多めな感じでした。

今回のツアーの感想

HYDEさんもMCでおっしゃっていましたが、本当に生活様式が変わってしまったなあ・・・と。

まず入場の際からチケットの半券をちぎる際もスタッフの方に切ってもらうのではなく、接触を防ぐためか自身で切らされるのに驚きました。

もちろん全員マスクであり、ライブではあるが誰も声を出してはいけない。

その代わり拍手で反応

タンバリンやカスタネット、なんでもありで声を発する以外ならOKという様式になっていました。

これらの様式がおそらくですがここ数年もずっと続いてしまうのだと思います。

私自身が声を発したいわけではありませんが、ファンとの一体感といいますかそういうところがやはり声が出ないとそのへんがどうしても弱まってしまいますね。。。

今までのようなグッチャグチャになったライブは色々なメディアによって洗脳されてしまった我々からするともう数年は難しいのかもしれませんね。

何気ない日々の幸せについて

HYDEさんが目に涙を浮かべながらMCをしていた内容が脳裏から離れません。

全ての予定や企画をストップさせ、もうHYDEさんならではのクレイジーな激しい音楽に関しては諦めたという非常にストレートな心の痛い内容のMCでした。

新たにHYDEさんのツアーが決まりましたが、こちらもスタンディングではなく着席した状態でのツアーになりかなりしっとりとした内容のツアーということでした。

ラストの「ORDINARY WORLD」では観客のスマートフォンのライトを照らしつけることによって見る景色はまるで神戸のルミナリエを連想させるほど綺麗でご本人も「この景色を見るためにやってきた」とおっしゃっていました。

こういった尊い時間を大切にしていき、毎日をこれからも丁寧に生きていきたいところですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コロナ禍ではありますが、本日HYDEさんがANTI WIREを無事完走し終えライブに参加したので完走を記事にさせていただきました。

再掲になりますが結論を一言でいえばライブも良かったけど毎日の何気ない日々がどれだけ幸せだったか改めて感じさせることのできるライブでした。

  • セットリスト
  • 今回のツアーの感想
  • 何気ない日々の幸せについて

毎日の小さな気づきにも触れることのできた素敵なライブだったと思います。

アーティストのライブはこれからもなかなか難しいとは思いますが、HYDEさんのようにガイドラインに沿ってライブをする際は全力で応援したいと思います。

created by Rinker
¥8,297(2021/10/19 05:28:45時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました