【ミニマリスト】2020年上半期の断捨離振り返り

スポンサーリンク
ミニマリスト

こんにちは。

もう2020年も残すところ4ヶ月。

ミニマリストとしてブログを書くことで、さらに断捨離に拍車がかかった年でした。

「ずっと必要だ」と思っていても、ブログを書いているうちに急に不必要に感じてしまい、今では拍車のかかりすぎで過去に記載している内容でさえ矛盾している部分もあったりします。

このときなんて、4足がベスト!(どや)なんて書いてたりします。今ではこのブーツもう手元にないですからね・・・!

今回のブログでは、あくまで自分の中でのミニマリスト近況報告・振り返りとさせていただきます。

※近況報告の記事なので、あまり有益じゃないです。自分の気持ちの整理とさせていただきますので予めご了承ください。

  • 現在の服の持ち物
  • 現在の人間関係
  • 人への伝え方

それでは上から順に記載をしていきます。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

現在の服の持ち物

いきなりですが、今のファッション関連の所有物はこちらです。

【アウター】
コート:1
ライダースジャケット:2
テーラードジャケット:1

【ライトアウター】
プルオーバーパーカー:1
カーディガン:2

【シャツ類】
シャツ:1

【カットソー類】
カットソー:5
ロングスリーブカットソー:1

【パンツ類】
デニム:2

【バッグ】
ボストンバッグ:1

【靴】
ブーツ:3

【その他】
ランニング用ウェア:1
無印サンダル:1
ランニング用スニーカー:1

こう上から順に書いていくとかなり多く感じてしまいますが、実質服自体がオールシーズンを通して15着ほどなのでかなり少ないです。

ちなみに割と傷んでいる服も出てきたのでここから断捨離しつつ、新しいものを購入する予定。

テーラードジャケットは上記のJULIUS 15AWのものを持っておりますが、もう5年ほど着ているのと色味が黒からグレー気味になってきたのでkiryuyrikのものを購入しようか検討中です。

今後の動き

  • ライダースジャケットを1着に絞る
  • カットソーをできるだけ全く同じものに買い換える
  • テーラードジャケットを買い換える
  • パーカーをシャツに買い換える
  • ブーツを2足まで絞る

元々、ロングスリーブのカットソーを持たない派だったのですが、先日誕生日祝いでyohji yamamotoのカットソーを頂いたので今年の冬はこれ1着で乗り切ります。やはり去年半袖のみは寒かったように思いました。

その他でいえば、カットソーをできるだけ全く同じものに買い替え日々のテンションを同一にしようと思っています。

毎日同じ服を着ることによって、体調の変化などもわかりやすいですし、気に入り度の1位と2位の差をつけずに済みます。

ついにブーツも2足まで減らす

JULIUS、GUIDI、ドクターマーチンの合計3足を所有しておりますが、ドクターマーチンを断捨離しようと思っています。理由は下記3点です。

  • GUIDIとJULIUSに比べると質感が合わない
  • 私服に対してカジュアルすぎる
  • 周りと被りすぎる

もはやど定番すぎるため、家から1歩でも外に出たらドクターマーチンを見かけるのが日常で、全くの無個性であることを日々感じていました。

ただ、否定しているわけではなく上記ブーツと比較しても履きやすさがナンバーワンでした。履きやすい上に強靭なレザーはさすがの一言です。

いつかまた履ける機会があればと思います。

ライダースジャケットに関して

全アウターでライダースジャケットが昔から1番好きなのですがやはり複数所有をしていると順位が生じてしまいます。

カットソー以外は「1カテゴリー1アイテムのみ」と貫いていきたいため、ライダースジャケットも1着のみに絞らせていただきます。テーラードジャケットも1着のみ、コートも1着のみ。

このように徹底することで、常に同じテンションで居続けることができたり、メンテナンスに行き届いたり、無駄遣いを防ぐことができたりするのでメリットでしかありません。

デメリットでいえば、幅広いファッションができなくなることでしょうか。

今後、服の枚数自体はそんなに減りませんが、更なる少数精鋭となっていくでしょう。

そして購入するときもかなり悩みそうな予感。

現在の人間関係

上記でファッションとミニマリストについて熱く語りすぎたため、下記以降はさらっといきます。

まず人間関係の結論からいえば、「誰も信じない」ようにしています。

言い方的に少し悲しい話になりますが、紛れもない事実です。

たとえ親であっても、恋人であっても、親しい友人であっても他人であることに変わりはありません。

強靭なメンタルを作るために

いつ裏切られてもいいように、自分を守るために信じきらないことで、もし多少のことがあってもメンタルが折れません。

どんなことがあっても、味方をしてくれるのは常に自分だけだということを頭に置いて日々行動してます。

一人の時間を長く過ごしていきたいため、今後も友人と会う回数は減っていくでしょう。

全ては本能に従うようにしていて、少しでも嫌悪感を抱いたり、楽しくないと感じれば距離を置くようにします。

自分の変化

過去の自分だったら、嫌いな人がいても飲み会もグイグイ自分から行ってたなあと、、、。

とはいえ、飲み会もバカにできませんね。

前回も記事に書かせていただきましたが、飲み会で仕事を頂くケースもあり、実際ここから20万円ほどの案件が入ってきました。

普段、飲み会は自分からは絶対に誘いませんが、誘われたら今後も参加したいなと思います。

スポンサードサーチ

人への伝え方

まず周りくどくいうことを全てやめて、結論から伝えるようにしました、

きつい言葉になりそうなら、オブラートに包むようにはしますが基本的に全てストレートに伝えています。

当たり前のことかもしれませんが、僕にはそれができませんでした。

しかし、実際こう伝えることで、コミュニケーションコストが大幅に削減ができ、仕事もスムーズに行くようになりました。

「要点の件数」について

これも当たり前かもしれませんが、「まず2点あって〜」などから入ると相手へ踏み込む際のクッションが入るので伝わりやすいですね。

これはもうブログのおかげなので、コミュニケーションがど下手だった自分は本当に「書く」といった行為をしてきてよかったなと思えました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

本日は日記のような内容になってしまいましたが、あくまで自己整理ということで記載させていただきました。

自分の気持ちをこうやってブログに起こして書くことで、新たな気付きが生まれたり、自己成長を感じたりすることが多いです。

冒頭にも書かせていただきましたが、「ずっと必要だ」と思っていても、ブログを書いているうちに急に不必要に感じてしまい、今では拍車のかかりすぎで過去に記載している内容でさえ矛盾している部分もあったりします。

今回のブログでは、あくまで自分の中でのミニマリスト近況報告・振り返りとさせていただきました。

  • 現在の服の持ち物
  • 現在の人間関係
  • 人への伝え方

今後も下記を実行していきます。

  • オールシーズン服は15着以下
  • 人間関係は圧倒的に狭く深く
  • 人へ伝えるときは全てストレートに

これらを実践していき、下期もどうだったか振り返っていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました