新着記事

【仕事=ゲーム】何のために働いてお金を稼ぐのかもう1度よく考えるべき

ライフスタイル
この記事は約6分で読めます。

こんにちは。Nagiです。

当サイト(Nagi Rhythm)は現在毎日1000日以上更新を続けており、過去に様々なミニマリストライフスタイルについてご紹介をさせていただきました。

本日はタイトル通り「何のために働いてお金を稼いでいるのか」と当たり前のことではありますが、もう1度立ち止まって考えることについて書かせていただきます。

まず僕の事例からご紹介をさせていただくと現在年収1000万前後でそこそこお金はあるのに求めるものは下記の通りです。

  • 今の家賃を払える生活を維持したい
  • 数年前までは「服」のためだけに働いていた
  • 飲み代を稼ぐために働いているわけではない
  • 一人旅は引き続きしたい
  • バイオプログラミング製品を毎日使えるくらいの余裕はほしい

僕の場合は上記の通りです。正直たったこれだけだと月20万もあれば十分です。

とはいえ、これらの「仕事はゲーム」という考えにたどりつくまでかなりの時間を要しました。それぞれ深掘りをしていきます。

created by Rinker
秀和システム
¥1,430(2024/05/18 17:13:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

今の家賃を払える生活を維持したい

現在私の家賃は大体12-13万円。普通に高いです。

とはいえ年収は1000万前後と前回記事にさせて頂いた通り、生活の余裕は正直めちゃくちゃあります。

そうでなければ140万円の高級腕時計を現金一括で買えたりしません。

今の生活が気に入ってるからこそ、これ以上何も求めたりしません。だからこそ後述をしますが、僕はお酒をやめましたし飲みにいくのもやめました。

12-13万円の家賃を払い続け、家でゴロゴロする生活が一番幸せと気づくまで、一人暮らしをはじめて現在8年ですのでそのくらい時間がかかりました。

数年前までは「服」のためだけに働いていた

こちらは私のクローゼットです。年収が1000万もなく、300万にも満たないときに限って家賃は8万円で服も買い続け、飲みにも行くしで「そりゃヒーヒー言うわな」という至極当然の生活をしておりました。

とはいえ、それも失敗だとは思っていません。20代の頃は全くそのことに気づかなくても30代になると自動的に「服は最低限で良い」と気が付きます。

逆にいまだに30を超えて服が100着ほどあって毎月給料の8割9割を使い続けるのは完全に無駄でしかありませんし、そろそろ気が付いたほうが良いのかもしれません。

相当なプレミアなどでない限り、資産にさえなりませんし100着以上ある服を毎日着るわけでもありません。服に限らずどのような物でも使わなければ意味がありません。

何に重きをおくか考える

たとえば月収が50万であったとして、家賃が15万とします。ひたすらヴィトンのバッグやグッチの服、RickOwensの服を買い続けつつ飲みにも出るとなると、おそらく月収20万の人よりも苦しい生活になるのではないかと思います。

何かを得るには何かを手放さなければなりません。後述をしますが、僕自身は健康と美容を手に入れたいがために、お酒をやめました。

飲み代を稼ぐために働いているわけではない

  • 帰りが遅くなる
  • 身体に悪い
  • 誰であっても気を使う
  • 外食自体に飽きた

これらのことから自ら進んで飲みに出かけたり、外出することが1mmもなくなってしまいました。

友人を誘ったことも人生で数回しかありませんし、一周回ってお金の使い道を酒にならず、自分はこのような内向的な性格で良かったと思います。

いわゆる「飲み」が好きな人は午前中の二日酔いが死ぬほど大変そうですし、付き合いも大変そうです。

もし仮に飲むにしても上記画像のように「1人飲み」こそベストです。

一人旅は引き続きしたい

飲みやら服やらの見栄を手放した結果、自分が得たいものは引き続き一人旅にはお金をかけていきます。

とはいえ1回の旅行に宿泊費+移動費+観光費+食費など全てふくめても7万円以内に収めるのがベスト。基本的に貧乏旅行です。

誰かと旅行に行くときの自分よりも、やっぱり一人旅のほうが落ち着くこともあります。

なぜ一人旅を続けるのかはうまく言語化できなかったけどようやく理解

おそらく現時点では「死ぬまでの自分だけの思い出作り」だろうと思っています。

いつだってふと旅行中のことを思い返すことができるので、若いうちに旅行に行くのは非常にコストパフォーマンスに優れていると思いました。歳をとってから旅行にいっても思い返せる回数が少なくなるので余計に。

【ツアーだとさらにお得!】オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊

バイオプログラミング製品を毎日使えるくらいの余裕はほしい

僕はかなり美意識や健康意識が高いほうだと思っています。

実際にバイオプログラミング製品のあらゆるものを実際に購入をしレビュー記事を書かせて頂きました。

男のくせに11万2000円のドライヤーであるレプロナイザー27Dをはじめ、3000円の歯磨き粉であるデンタルタイムセスなど健康や美意識についてはめちゃくちゃお金をかけます。

どれもこれも消耗品であることから、維持費はかなりかかる

  • インナータイムセス(ドリンク30本)→31200円
  • デンタルタイムセス(歯磨き粉)→3300円
  • トリートメント→5200円

もうドライヤーに関しては買い切っているのであれですが、最低でも1カ月で大体4万円は毎月維持費としてかかるわけです。年間でいえば約50万円はかかってきそうです。

それらを維持するためにはかなり高価ではありますので、先ほどの例もありますが「何かを犠牲」にしなければいけません。

健康は人生においても最高の贅沢でもありますので、僕は今後もこれらに投資をしていきます。

もし「何かを手放しても回すお金がない」という場合

まず結論からいえば副業をするなり転職をするなりする必要があります。こればかりはしょうがありません。

僕自身は転職をして、年収だけでいえば150万は上げることができました。

現時点で僕はこのブログ以外にもフリーランスの収入がメインであったり、投資での収入もありますので3つの柱から収入を得ているので1000万前後お金があって当たり前です。

さらにいえば独身なので、守るものは自分自身のみなので超身軽です。

それなのになぜ稼ぎ続けるというのは、ただただこの仕事が趣味の一環であり、好きだからなのだと思いますし、この記事をかけるのも、ある程度余裕があるからこそ書けるのだろうと思います。

だからこそ、余裕のない状態なのであれば転職活動をしつつ、副業も頑張るという方向で身軽になりつつ「自分の好き」を見つけていく人生ゲームにしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました