新着記事

【比較】レプロナイザー7Dと27Dを両方使った感想【結論:27D一択】

ガジェット
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。Nagiです。

当サイト(Nagi Rhythm)は1500記事以上投稿しており、過去に様々なレプロナイザー27Dなどバイオプログラミング製品を自腹で購入をしてレビュー記事を執筆させていただきました。

本日はタイトル通り「レプロナイザー7Dと27Dを両方使った感想」についてご紹介をさせていただきます。

かなり高価なドライヤーになりますので、企業や美容室の記事の中でも、予算の問題ででレプロナイザーの7Dと27Dを両方使ったレポート記事もほとんどありません。そのため、本記事はかなり優位性と権威性をもった記事になると思います。

まず結論からお伝えすると以下の通りです。

  • 風量:27D圧勝
  • 手触り:27D圧勝
  • 軽さ:7D圧勝
  • メンズは7Dで十分

それでは上から順に解説をしていきます。

created by Rinker
Bioprogramming
¥79,200(2024/05/19 00:32:50時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

風量:27D圧勝

結論からいえば乾かす時間なども7Dだとかなりストレスがかかりました。他メーカーに比べると圧倒的に速いとはおもいますが、それでも27Dが優秀すぎて7Dがゴミに見える。おもちゃ。

絶対に27Dのほうがいい

もし今7D以下のレプロナイザーを使っている人が居たら一刻も早く27Dに乗り換えたほうが良いレベル。自分は3D☞27D☞7Dと使ってきましたが、やっぱり3D☞27Dに乗り換えたときの感動はプライスレス。10万を超えようが、借金をしてでも買って良かったと思えるほどの感動でした。

「10万あれば何に使う?」と聞かれたら、間違いなくブランド品でも旅行でもなくレプロナイザー27D一択です。

保証も手厚いですし、ダイソンのドライヤーやパナソニックもナノケアがどれだけ進化しようが、やはりレプロナイザーに落ち着いてしまいますね。

手触り:27D圧勝

27Dを使った後、7Dを使うとすごく髪にざらつきを感じるので当たり前のように27Dのほうが圧倒的優秀でした。逆にいえば27Dの場合は、しっとりしすぎて乾いた感じのほうがいいのであれば7Dのほうが良いのかも。

27Dはもはや洗い流さないトリートメントをベッタベタにつけたレベルにしっとりするので、髪をふわっとさせたいメンズ諸君からすると逆に微妙なのかも。とはいえ自分はブリーチ毛なので27D一択。

ん-やっぱりこれも27D☞7Dにダウングレードした結果、すごくストレスを感じる結果になってしまったなあというのが印象的。やっぱり確実に進化している。

軽さ:7D圧勝

27D☞7Dに変えたときに思ったのが「かるっ!」ということです。軽さは正義。一方で今まで27Dは重すぎたみたい。

  • 27D:795g
  • 7D:758g

たった40グラムでもここまで体感が違うのか・・・ということにビックリ。先日旅行に行った際もホテル備え付けドライヤーを使ったときあまりの軽さにビビったのを今でも鮮明に覚えていますが、普段27Dを使用していると全ドライヤーが軽く感じました。

重いドライヤーを毎日振りかざすのが大変という女性であれば7Dのほうが良いのかも。とはいえ、手触りや質感、風量などは圧倒的に27Dのほうが良いのでその点悪しからず。

メンズは7Dで十分

まあここまで書いておいてなんですが、メンズの短髪であれば27Dは間違いなくオーバースペックなので「7Dで十分だなあ・・・」というのが印象的。

27Dの購入基準は以下の通り

  • 髪が15cm以上ある
  • ブリーチをしている
  • ダメージヘアである
  • 美意識はかなり高め

1つでも当てはまれば27Dがおすすめですが、それ以外であれば7Dで十分。僕の場合は全てにおいて当てはまっているので27D一択でした。

最後に余談

レプロナイザーだけでなく、ヘアビューロン、スカルプケア、ヘアミスト全てをそろえることでやっと完成するのがバイオプログラミング。僕は歯磨き粉までバイオプログラミング製品を愛用しているほど沼にハマっています。

誰が3000円の歯磨き粉買うねんて、自分ですがな、みたいな。

個人的にシャネルやヴィトンを購入するよりも、バイオプログラミング製品にお金をかけたほうがいいと思っているので、美意識が高い人は是非皆様もお試しください。

僕の過去のバイオプログラミング製品のレビュー記事はこちら

ガジェット美容
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm|30代独身男性ミニマリストブログ
タイトルとURLをコピーしました