【ミニマリストにおすすめ!】ビジネスレザーファクトリーでマネークリップを買ってみた【財布レビュー】

スポンサーリンク
財布レビュー画像ファッション

こんにちは。

以前ご紹介させて頂きました、ビジネスレザーファクトリーさんのマネークリップを購入したので本音でレビューさせて頂きます。

いきなり結論にはなりますが、圧倒的な品質・圧倒的な低価格を誇るビジネスレザーファクトリーのこのマネークリップに関して僕は完全に虜となっています。

元々長財布信者だった僕からすると、長財布から折り畳み財布に乗り換えを考えているユーザーには是非おすすめをしたい商品ですね。

まずこのマネークリップのご紹介をさせていただきます。

大人の魅力を格上げする牛本革 マネークリップ

スタイリッシュな姿が美しく、つい誰かに自慢したくなるようなマネークリップ。
欧米で人気の財布を日本仕様にデザインしました。札ばさみだけでなく、カードポケットや小銭入れをあわせ持ち、薄いフォルムでありながら収納力にも長けた新提案の財布。日本だけでなく世界各国の紙幣を収納可能なため、海外出張の多いビジネスパーソンにも最適です。

https://business-leather.com/item/10091/
スポンサーリンク

キャッチコピー通り最高にスタイリッシュ

財布イメージ
財布イメージ
名前が入っているので修正をかけています。

ご覧の通り、マネークリップということで最高にスタイリッシュです。
会計の際に非常にスマートですし、なによりコンパクトです。

非常にコンパクトな財布

今まで長財布の美学があったのですが、あまりに楽すぎてもう戻れないと思います。
通勤もiPhoneとこれを持ち歩くだけ。

サイズ高さ8.3cmx幅10.3cmx厚み1.4cm (開閉時 高さ8.3cmx幅19.6cmx厚み0.7cm )

公式からの引用になりますが、完全に手のひらサイズ。
また、重さも金具含めて62gと本革なのに非常に軽いです。

最高級オリジナルプレミアムレザー

ビジネスレザーファクトリー専用のオリジナルレザー

イタリア高級ブランドとも取引するタンナー(革なめし業者)にビジネスレザーファクトリー専用のオリジナルレザーをオーダーをしてタンナーと直接取引することで、「最高級の牛本革」を実現できています。

オリジナルレザーということで、

  • 乾燥工程以降に行われる革の柔軟作業
  • 水を入れずドラムに革を入れて回転させる
  • この加工をすることで柔らかくて肌馴染みのよい革になる

とのことです。

2013年7月にビジネスレザーファクトリーの自社工場として、バングラデシュでたった2人から始まったBLJ Bangladesh Corporation。創業者のファルクホセインはそれまで革製品づくりの知識も経験もなかったが、東京の老舗革製品メーカーで修行し、日本の革技術の習得。2017年現在、革職人は500人を超えるまでに成長し、「低価格かつ高品質」な製品づくりの全てを担っています。

https://business-leather.com/factory/

レザーフェチの僕ですら納得できるくらいの品質で納得できるクオリティーということですね。
これからの経年変化がとにかく楽しみです。

メリットとデメリット

メリット

  • とにかくコンパクト
  • 圧倒的な品質の高さ
  • 品質に不安を感じるくらいの低価格
  • 名前もいれてもらえる

品質の高さに関して褒めたいところもたくさんありますが、何よりもコンパクトなので通勤は財布とiPhoneをポケットにいれて行くだけになります。カバンを持たない生活をしているので肩こりが治りました。

また、重い荷物を持たなくて良いという点から通勤が楽しくなりましたね。

品質にこだわりすぎた結果

2019年12月には規定の品質に届かなかったという点で商品発売の延期までしています。
https://business-leather.com/news/71092/

ここまで徹底しているとすごく安心ができますよね。

圧倒的なリーズナブルな価格

こちらのお値段なんと「4,999円(税別)」。

今までウン万円の財布を使用していた僕からすると安すぎますね。
というかウン万円の財布のほうが、ブランドネーム代を乗せているので品質が微妙な気がしますね・・・。

ネームサービスに関してですが、「500円(税別)」でいれてもらうことができます。
こちらも圧倒的な安さ。大体1時間ほどでいれていただきました。

名前をいれてもらえることによってより愛着が湧きますね!

デメリット

  • 小銭がやや出しづらい

画像の通り、かなり小銭を取り出しにくい構造となっています。

そういったときは同ブランドから他商品で出ている小銭入れを使うのもありかな、と思います。
お値段も「1999円(税別)」と非常に安価なところがポイントです。

ミニマリスト的には1つで全て完結させたいところですが、コンパクトな分しょうがないところでもあるかもしれません。

とはいえ、基本的にpaypayで支払いをするので小銭を出すことがないため、僕は特に困っていません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

冒頭にも述べましたが、圧倒的な品質・圧倒的な低価格を誇るビジネスレザーファクトリーのマネークリップ。もう僕は完全に虜となってしまっています。

元々長財布信者だった僕からすると、長財布から折り畳み財布に乗り換えを考えているユーザーには是非おすすめをしたい商品ですね。

今後、paypayやLINE Payなどキャッシュレス文化が進むにつれて時代の変化に沿った商品の1つだと思います。是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました