New Article

【FAGASSENT】この前紹介したパンツが死ぬほど調子がいい件

ファッション

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なファッションに関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日は先日ご紹介をさせていただきましたデニムパンツ「FAGASSENT」を着用し始めて約1週間が経過したのでご紹介をさせていただきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FAGASSENT ファガッセン MUSASHI{-BJS}
価格:62700円(税込、送料別) (2022/3/14時点)

楽天で購入

まず結論からいえばタイトル通り、どんなスタイルにも合って死ぬほど調子が良いです。
主な理由としては下記の通りとなります。

  • とにかく細身でスタイルが良く見える
  • 5%のウレタンでストレスフリー
  • ファガッセン以外の合わせ方が分からない

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

とにかく細身でスタイルが良く見える

ご覧の通り、自宅の玄関の鏡で撮影をしてみたのですがとにかくスタイルが良く見えます。

細身のスタイリングになるためどのようなファッションであっても無難of無難になってダサくなることはありませんし、靴もスニーカーであってもブーツであっても両方合わせられることができます。

高校を卒業してからスキニーパンツ以外買ったことがないほどスキニーパンツが大好きな私ですが、その中でもファガッセンのスキニーパンツに関しては群を抜くほど素晴らしいブランドだなと体感させられます。

スタイルに自信がない人ほどおすすめ

日本人の胴長短足を本気でカバーしてくれるのがファガッセンの最大の強みです。

大体のブランドといえば股下80cm弱のパンツがほとんどなのですが、ファガッセンの場合はデザイナーの青木さんが「短靴しか履かない」ということからレングスが90cm以上あるものばかりです。

そのため、他のブランドに比べてレングスが10㎝ほど長いことからとにかく足を細く長く見せてくれるのが素晴らしいです。

5%のウレタンでストレスフリー

スキニーパンツは好きだけど窮屈でストレッチの効かなくてしんどい・・・そんなお悩みの方も多いかと思いますが、ファガッセンのスキニーデニムはウレタンが5%入っているため全くしんどくありません。

おしゃれだけどしんどさを取るか、ダサいけど楽なほうを取るか、みたいな選択もすることなく細身で綺麗なのに楽というハイブリッド性を実現しています。

日常生活においてあまりに窮屈なパンツだとしんどさあまりに着用回数がどんどん減っていくことがありますが、ファガッセンに関してはユニクロのウルトラストレッチ並みに格別です。

ファガッセン以外の合わせ方が分からない

以前もご紹介をさせていただきましたが、ファガッセンがまだブランドを立ち上げたばかりのときから着用をしており、2022年現時点でかれこれ10年近くfagassentを着用し続けています。

それ以外に買ったパンツは0で、全てがファガッセンのスキニーパンツのみです。というのもタイトル通りですが、ファガッセンが良すぎて他のパンツが全て霞んで見えてしまうためです。

  • ウレタンが入っておきながら耐久性も抜群
  • 足長効果もばっちり
  • 他と被らない

唯一のデメリットでいえば、最近ブランド自体にシンプルなデザインのものが減ってきたという点、それと正直高すぎるという点くらいでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FAGASSENT ファガッセン LENBRANT{-BJS}
価格:60500円(税込、送料別) (2022/3/14時点)

楽天で購入

物によってはデニムであるのに6万円を超えるものも。もはやここまできたら「造形」ですね・・・。まあ全てが職人のハンドメイドによる作業によって生まれているものだからしょうがない部分はあるかもしれません。

一度着用をすると虜になるファガッセン。是非この機会にファガッセンの世界観を堪能してみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日は先日ご紹介をさせていただきましたデニムパンツ「FAGASSENT」を着用し始めて約1週間が経過したのでご紹介をさせていただきました。

再掲になりますが、タイトル通りどんなスタイルにも合って死ぬほど調子が良いです。
主な理由としては下記3つの通りとなります。

  • とにかく細身でスタイルが良く見える
  • 5%のウレタンでストレスフリー
  • ファガッセン以外の合わせ方が分からない

一度着用をすると虜になるファガッセン。是非この機会にファガッセンの世界観を堪能してみてはいかがでしょうか?

当メディアでは下記のように過去に様々なファッションに関する記事を執筆させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました