New Article

【ミニマリスト】「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」で使えそうな部分だけ解説してみた

読書レビュー

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリズムに関する記事を200記事以上執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通りミニマリスト本の中でも大ヒット作の「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」をご紹介させていただきます。

まずいきなり読者の方に質問ですが「欲しいものを所有すれば幸せは手にれられますでしょうか?」多くの方がお分かりの通り、結論からいえばNOです。理由としましては下記三点の通りです。

  • 物を持ってももっと良いものが欲しくなる
  • 物で人と比べてしま
  • 経験は人と比べようがない

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

物を持ってももっと良いものが欲しくなる

せっかく自分の気に入った良いものを購入したとしても、しばらくするともっと良いものが欲しいと思ってしまった経験はありませんでしょうか?

理由としましては、私たちは「ものを持つ=幸せになれる」と考えすぎてしまっているからです。

そもそも私たちはほしいものを全て持っている

例えば今の家も何件か内見に見に行って実際に「住みたい!」と思ったからこそそこの家に契約したのではないでしょうか?

つまり当初は「ひろーい!」と思っていても次第に慣れていき、狭いと感じた覚えはありませんでしょうか?

インテリアも然り、当初は数ある商品の中からこれが欲しいと思ったからこそ選んだのではないでしょうか?つまり私たちは大金持ちの人と比べすぎているわけです。

江戸時代に比べて情報量が一生分もしくは1年分

スマホやパソコンはどんどんアップしていき、人間は誕生してから約5万年経ちますが性能自体は何もアップしていません。

人間に搭載されたハードディスクやメモリは5万年前と同じのままであり、古いパソコンに今のデータをいれたとしてもバグったりデータの互換性問題など様々な問題点がありますよね。

つまり我々現代人にとってはスペックの問題もありフリーズ寸前ということで適度にデジタルデトックスをする必要もあります。

デジタルデトックスの記事に関しては下記記事にて紹介をさせていただきました。

物で人と比べてしまう

気に入った部屋を契約したのにだんだんとその空間が当たり前の空間に感じてきて「だんだんとつまらなくなってくる」という経験はありますでしょうか?私自身がまさにそれに当てはまっていた過去がありました。

実際私自身も過去に1kのマンションに住んでいた時期があり、内見当初はあまりに一目惚れで感動をするレベルなほど気に入ったマンションでありました。

しかしながら多くの方がなるように「慣れ」に発展しまい、最終的に飽きてしまい今となっては1LDKに引っ越すということになりました。

もちろん今の家は気に入っていますが、もちろん固定費も高くなりますしいわゆる維持費が半端ないわけです。

SNSで人と繋がりやすくなったからこそ、初見のインパクトを今でも忘れずに持っていたいところですよね。

経験は人と比べようがない

こちらの画像は先日「金沢に一人旅にいってみた画像」の一部です。

身につけているものや所持しているものでアピールをする現代人も多いですが、結局結婚をして蓋を開けてみたら全然お金がないなんてこともよくある話です。

「自分の持っている腕時計はあの人のより安い」とか「自分はあの人よりいい家に住んでいない」などモノは人と簡単に比べることができる時代になりました。
そう、それはSNSの発展のせいといっても過言ではないかもしれません。

10万円で買ったコートは買った時は嬉しくてもだんだんと慣れて最終的には飽きてしまいます。

しかしながら10万円で行った旅行は思い出すたびに「楽しかった」と思え、さらには思い出すたびにつまらなくなっていくということはないため経験に投資をしようということですね。

さらに経験は人と比べることができない

たとえば先日記事にさせていただきましたが金沢に一人旅に行ったとしても「あの人がいった金沢の一人旅」とどっちが楽しかったかと比べようなんてありません。

ものを手放して経験に投資をすることで自分の人生をさらに豊かにすることが可能です。
正直なところ筆者が学生時代、完全にモノに囚われていた時代がありましたが正直貧乏すぎるほど貧乏でした。

100円レベルで割り勘なほどケチだった過去がありますが、ミニマリズムに目覚めてからは人に投資をすることもでき、私はこれからもこの考えは揺るがないであろうと思い記事にさせていただきました。是非みなさまもモノに囚われず、経験に投資をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?
本日はタイトル通りミニマリスト本の中でも大ヒット作の「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」をご紹介させていただきました。

繰り返し読者の方に質問ですが「欲しいものを所有すれば幸せは手にれられますでしょうか?」多くの方がお分かりの通り、結論からいえばNOです。理由としましては下記三点の通りです。

  • 物を持ってももっと良いものが欲しくなる
  • 物で人と比べてしま
  • 経験は人と比べようがない

当メディアでも様々な記事を執筆させていただきましたが、物はあなたを豊かにしてくれません。

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリズムに関する記事を200記事以上執筆させていただきましたので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました