New Article

【野球界の神】大谷翔平さんの10のアイテムが面白い!【必見】

コラム

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストに関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日は野球界の帝王でもある「大谷翔平さん」の無くてはならない10のアイテムというものをご紹介させていただきます。

バットやグローブ、スパイクなど自身の仕事道具をピックアップしていたのも印象的ですが、なかでも最も3つ印象的だったものをご紹介させていただきます。

  • AIRの枕やアイマスク
  • 健康を意識した必需品のiPadとiPhone
  • 心拍計装置

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

AIRの枕やアイマスク

まず結論からいえばとにかくリカバリだったり休息を大事にされているというのが1番印象的でした。

社会に出てから「休むことも仕事」という言葉を聞いたことがある人も多くいらっしゃると思いますが、まさにその見本を体現したかのように、一流の人は休暇をとることさえも仕事の一環であることを証明してくださいました。

睡眠を疎かにしがちな現代社会ではありますが、ちょっとした移動だったりも必ずアイマスクをつけて「リカバリを大切にする」という習慣を是非自身の生活にも取り入れようと思わされますね。

ひろゆきも睡眠に関してかなりこだわる

以前も記事にさせていただきましたが、ひろゆきさんがおっしゃる「自己啓発本を読むくらいなら寝て頭をすっきりさせてから仕事に臨んだほうがいい」というのはまさに理にかなっています。

ただこんなことを言ってしまうと自己啓発本が売れなくなってしまうため難しいところなのですが、毎日睡眠時間を削って自己啓発本を読んで仕事に臨むよりも間違いなく寝た方がパフォーマンスがあがります。

今回で言えばAiRのスポンサー担当になっているのもあってAiRを愛用されていましたね。AiRの公式サイトも大谷翔平さんゴリ押しなところもポイントです。

必需品のiPadとiPhone

休息以外にも毎日のデータを記録をするためにiPadを使っていたりiPhoneでテキストでやりとりをしたりするなど、やはり何億稼いでいたとしても我々一般人と同じ持ち物を所持していることが伺えます。

これは当たり前かもしれませんが、世の中が便利になりすぎた結果、結局のところみんな一家に一台タブレットや一人ずつスマートフォンを所持しているのはいうまでもありません。

もっと大谷翔平さんのようにお金を稼いで良い生活をしたい・・・!と憧れを持つ方も多いかもしれませんが、芸能人や大谷翔平さんであっても我々と同じようにNetflixをみたりアマゾンプライムを見るでしょう。

少し話は逸れてしまったのですが、今回大谷翔平さんが我々と同じようにiPhone(しかも旧型)を使用していたりしたので、自分の中で一体どのレベルが幸せなのかというのを考えてみるのもありかもしれないなと思うところです。

健康を意識した心拍計装置

休息以外にもとにかく健康面をめちゃくちゃ意識されているところが「さすがアスリート」であると実感させられました。

心拍計装置を使用することで毎日の睡眠の質を測ってトレーナーに提出をしているようでして、こちらもApple Watchのような機能をはたしていることがうかがえます。

大谷翔平さんはこれだけ稼いでいても、女遊びさえしなかったり家賃が安く質素な生活をされているようで野球に全く興味がない私ですらなんだかすごく好印象を持ちますね・・・!

努力を努力だと思わない天才

努力する天才というよりかは「野球に夢中になれる天才」なのだろうと改めて感じさせられます。本当に好きで好きでしょうがないからこそここまで徹底することができるのだと思います。

筆者自身もとにかく「書く」といった行為が好きで、日本語の美しさだったり奥ゆかしさというのも全てが愛おしく、仕事にしていても一切苦にならないのですが、まさにこれこそが天職なのかもしれません。

違う世界であるため大谷翔平さんほどお金を稼ぐということはできませんが、彼のような徹底したライフスタイルに大きく影響を受けたのでこれからも引き続きコツコツと励んでいこうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は野球界の帝王でもある「大谷翔平さん」の無くてはならない10のアイテムというものをご紹介させていただきました。

繰り返しなりますが、バットやグローブ、スパイクなど自身の仕事道具をピックアップしていたのも印象的ですが、なかでも最も3つ印象的だったものをご紹介させていただきました。

  • AIRの枕やアイマスク
  • 健康を意識した必需品のiPadとiPhone
  • 心拍計装置

大谷翔平さんの体格がすごすぎて終始そこばかりに目がいってしまったのは言うまでもありません。今後の活躍が楽しみで仕方ないですね!

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストに関する記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました