【Amazonブラックフライデー】Amazon人気No1のバスタオルを買ってみた【タオル研究所】

スポンサーリンク
買ってよかったもの・手放してよかったもの

こんにちは。

先日Amazonブラックフライデーで私がガチで購入したものについて記事を書かせていただきました。

そんな本日はその中でも1番気になっていたAmazonで1番人気のバスタオルを購入してみたのでレビューをさせていただきます。
まず結論を一言でいえばめちゃくちゃ吸水してくれるので完全にストレスフリーになりました。

それでは今回もいざ開封の儀からご紹介をさせていただきます。

スポンサーリンク

いざ開封の儀

今回はAnkerのロボット掃除機とアイリスオーヤマのサーキュレーターと違い、Amazonの段ボールで届きました(笑)

そういやプロテインGronGをAmazonで購入した際もGronGオリジナルの段ボールで配達されたため、このAmazonのダンボールを見るのは久しぶりに気がします。

それではいざ開封していきます。

今回も安定のブラックをチョイス。ホテル感を出すために真っ白のバスタオルもよかったのですが、バニラホワイトしかないとのことなので見送りに・・・!中途半端な感じは嫌だ・・・!

触ってみたところ新品ならではの柔らかさ

タオル研究所のフェイスタオルと比較してみました。やはりバスタオルなだけあって大きさもあり、安心感があります。

ご覧の通り通常のフェイスタオルも持っており、実は「タオル研究所」のタオル大ファンだったりします(笑)

上と下で比較してみると、やはり使い続ければ少しずつ質感が変わっていってる気がします。やはり新品のほうが柔らかさとモフモフ感がありますね。

そして、やはり使い込んだタオルは若干色が褪せているようにも感じます。タオルであれ、微妙な経年変化は見逃せませんね。

ミニマリストにバスタオルは必要ない?

人それぞれのライフスタイルがバラバラなので一概に答えはありません。

ただ、ミニマリストあるあるの「バスタオル捨てました」宣言。え?そんなので身体拭けるの?ってくらい不思議でした。

私は通常のタオルだと全く安心できないため、お風呂上りに必ずバスタオルを使用しておりこれからもずっとタオル研究所のタオルを愛用するだろうと思っています。

ニトリや無印にはない耐久性

一人暮らししたての頃はニトリや無印のバスタオルを使用していたのですが、最初は良いものの使えば使うほどガシガシになっていき柔らかさがなくなってしまうのが印象的でした。

一方タオル研究所のタオルはいくら使い込んでも硬くなることもなく、新品時のような使用感がずっと続くのでもはや虜に。

いつまでも同じ使用感をずっと使い続けることができるのは、やはりAmazonで1番人気があるだけのタオルメーカーだなと改めて感じさせられます。

総評

今までタオル研究所のタオルは通常のものしか使用してこなかったですが、今回初めてバスタオルも購入してみました!

再掲になりますが、タオル類は「タオル研究所」のもの一択です。それほどの安心感があります。

ところてん方式で既存のバスタオルは手放したため、現在バスタオルは2枚のみ。この梅雨時期に乾くか分からないですが、一度2枚のみでどこまで耐え抜けるか試してみようと思います。

タイトルとURLをコピーしました