【俺たちを裏切らないbeats!!】ミニマリストが好みそうなイヤホンが今夏発売決定!

スポンサーリンク
コラム

こんにちは。

過去にAirpodsに関するレビューを書かせていただきました。

ガジェット好きには欠かせない、イヤホンレビューは見ていて飽きませんね。

そんな本日はタイトル通り、ミニマリストがすごく好みそうなイヤホンがAppleから発表されたのでご紹介をさせていただきます。

その名もBeats Studio Buds – ワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォン。

スポンサーリンク

まるでミニマリストのためのようなイヤホン

徹底的に無駄を省いたミニマルなデザインはミニマリストの性癖に大きく刺さりそうな設計となっています。

特にこちらのブラックタイプは私の中で大きく刺さりました(笑)

Airpods Proや通常のAirpodsがほしいけどカラーバリエーションが白しかなくて困っているという人であればこちらのイヤホンのほうが良いですね!

本体サイズと重量

Beats Studio BudsAirPods Pro
サイズ高さ:15.0mm
長さ:20.5mm
幅:18.5mm
高さ:30.9mm
長さ:24.0mm
幅:21.8mm
重量片耳5.0g片耳5.4g
ケースサイズ高さ:25.5mm
長さ:72mm
幅:51.0mm
高さ:45.2mm
長さ:60.6mm
幅:21.7mm
ケース重量48.0g45.6g

AirPods Proにくらべて一回り程度コンパクトになっていることが確認できますね。

防水性能

Beats Studio BudsAirPods Pro
防水性能IPX4IPX4

どちらもIPX4程度とされているので、同等の耐水性能を持っていることになります。

ノイキャン機能搭載であるのにAirpods Proより安い

税込み17800円であるため、12000円ほどAirpods Proよりも安いです。

デザインもBeats Studio Budsほうに軍配が上がるだけでなく、価格までもミニマムに・・・!

もはや購入必須かもしれません。

音質に関してはAirpods Proに軍配が上がるかも

The Vergeの報告では “価格に見合った音質” と評価されていたり、9to5Macは通常版AirPodsと同じくらいの品質と伝えていることから、AirPods Proよりも音質が良いということはなさそうです。

とはいえまだ発売されていないので、もう少しレビューを待ちたいところですね。

驚きの最大24時間再生

充電ケースを使えば、合わせて驚きの最大24時間再生が可能。

Beats Studio BudsAirPods Pro
バッテリー持ちイヤホン単体:最大8時間
ケース使用:最大24時間ANC/外部音取り込みモード時
イヤホン単体:最大5時間
ケース使用:最大15時間
イヤホン単体:最大5時間
ケース使用:最大24時間ANC/外部音取り込みモード時
イヤホン単体:最大4.5時間
ケース使用:最大24時間

バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により5分の急速充電で1時間再生が可能です。価格帯を考えるともはや死角はないのかもしれないですね。

AppleデバイスもAndroidデバイスも対応可

よくあるのが良いイヤホンを買ってもシームレスに接続ができないストレスというのがあります。

しかしながら、Beats Studio Budsは、AppleデバイスおよびAndroidデバイスとワンタッチでペアリング、Bluetoothで簡単に接続できます。
AppleであればSiri機能も搭載されており、ハンズフリーで起動することも可能。

ガジェット好きミニマリストの自分からすれば最高のイヤホンが今年の夏に発売されることからご紹介をさせていただきました。楽しみで仕方がないですね!

コラム ミニマリスト
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました