【ミニマリストが語る】AppleWatch4を1年半毎日使用してみたぶっちゃけトーク!

スポンサーリンク
ミニマリスト

こんにちは。

私は「人間関係の最小化・衣類の固定・家具をほとんど置かない」その他含めてかなりミニマリスト気質があると思っています。

過去にかなりミニマリスト記事を書いておりますので、お時間あるときに閲覧してみてください。

本日はそんなミニマリストの私が「AppleWatch series4」1年半毎日使用してみたので感想をメリット・デメリット含め述べていきたいと思います。

いきなり結論になりますが下記5点になりました。

  • めちゃくちゃ睡眠の質を気にするようになった
  • 嫌でもランニングをするようになった
  • 音楽を聴く分には最高に便利
  • いらない機能が多すぎるかも
  • デジタルデトックスをしたい人にはオススメしない

とにかく便利なAppleWatch。便利すぎるからこそ、もう再購入はしないというのが結論です。
それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

めちゃくちゃ睡眠の質を気にするようになった

AppleWatchを使用していて、「ヘルスケア」アプリは1番使用するアプリになりました。
今までiPhoneを使っていただけの時代では、一切使用することのなかったアプリだったのですが、そんなまさかです。

本日の安静時心拍数は「48」。48となると「スポーツ心臓」とも言われ、健康状態は非常に良好。

私は毎日のパフォーマンスを一定に保ちたいため、睡眠時にもAppleWatchを装着しています。

「安静時心拍数」というのが表示され、自分がどれだけ深く眠れているか計測ができるので、自分の体調管理をすることができます。

お酒を飲んだ日やいつもと違う時間に寝た日は乱れる

疑心暗鬼だったのですが、まさにタイトル通りでした。

寝る時間のギリギリまでお酒を飲んだ日は安静時心拍数が間違いなく「通常時より3-10ほど高い数値」で記録され、寝ているときも覚醒がされていて普段より眠れていないのが分かります。

お酒を飲んでいなくても、普段と比べて2-3時間遅く寝た日も上記と同じくです。

イチロー選手も唱えられていましたが、いかに日々の「ルーティン」を固定させるかが重要なのだろうと感じさせられます。

健康オタクとはほど遠い自分でしたが、AppleWatchを買ってからかなり自分のパフォーマンスについて考えるようになりました。

何気ない平凡な日こそが最高と言えます。

嫌でもランニングをするようになった

pair of blue-and-white Adidas running shoes

よく運動した日は上記の「安静時心拍数」がかなり下がり、ぐっすり眠れていることが分かりました。

日常思いっきり働いて運動をして死ぬほど疲れた日は、睡眠の質も比例して良くなります
やはり男はお金や顔よりも「健康的な身体」こそが最強だと思っています。

それにNIKEのアプリをいれると、以前よりも「1kmあたりのスピードが速くなった・遅くなった」をアナウンスしてくれます。

速くなったとアナウンスしてくれればうれしくなりますし、遅くなったと言われればもっと頑張ろうと思えるし、すごく運動に対してやる気になるので、AppleWatchは「ダイエットをしたい人」「とりあえず運動したい人」にはかなりおすすめのガジェットなのではないかと思います。

音楽を聴く分には最高に便利

Apple Watchで音楽を聴こう! watchOS 4.1登場前に知っておきたい3つの ...

Airpodsを耳に装着して、AppleWatchで操作。もはや運動中もiPhoneいらずです。

仕事中もAppleWatchを装着していますが、iPhoneを使用する場面はぐっと減りました。
Spotifyで音楽を流すのもMusicから音楽を流すのも、音量調節も全てAppleWatchで自由自在です。

もはやiPhoneがいらないんじゃないかとすら思えるレベルですね。

以前noteにも書いてありましたが、Youtuberの「ないとー」さんは脱iPhoneをするためにAppleWatchだけで外出をされているそうです。以前スマホを自宅において一人で美術館に行ったらすごく楽しめたとか。

まだAppleWatchだけでは限界がありそうですが、新たな試みとしてアリかもしれませんね。

いらない機能が多すぎるかも

  • ヘルスケア
  • 音楽関係
  • 運動関係

AppleWatchを購入して1年半になりますが、、ぶっちゃけ上記3点以外使うシーンがありません。
むしろ起動させたことがないかもしれません。

「カメラ・ボイスレコーダー・タイマー・電卓・写真」などなど数えきれないほどアプリがありますが、どれもAppleWatchの小さい画面だと使用する場面が少なすぎる気がします。

個人的にですが、もっと機能を絞るだけ絞ってプライスを安くするなど工夫してほしいですね。

Apple製品の付属品について

更に言えばAppleWatchを購入すると必ず「ベルト」が付属品としてついてきます。もうAppleWatchが発売されて丸5年経つわけですし、買い替えるユーザーも増えるはず。

実はベルトだけで最少額で5000円以上するんですよね・・・。その買い替えユーザー向けにベルトなしverのAppleWatch本体だけを売って値段をもっと安くしてほしいと思います。

iPhoneを購入したときに付いてくる充電ケーブルやEarpodsなども同じく。もう既に多くの人が持っているので必要な人だけに注文をカスタムして売るほうがいいのではと思います。

デジタルデトックスをしたい人にはオススメしない

detox tiles on teal ceramic plate

明けても暮れてもSNSのこのご時世です。

常に通知で手首に振動がなるのが嫌なため、通知を切っていますが「本気でデジタルデトックス」をしたい人には不向きかもしれません。

メリットをたくさん書かせていただきましたが、AppleWatchはとにかく便利です。

その便利すぎるが故、嫌な情報などを見てしまいメンタル面に大きく影響されるかもしれませんので、便利すぎるのもどうなのかなとAppleWatchを毎日使用していてよく思うようになりました。

情報過多の時代だからこそ、上記のことからせっかく買ったので私は壊れるまでAppleWatchを着用し続けますが再購入はしないというのが結論です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は「人間関係の最小化・衣類の固定・家具をほとんど置かない」その他含めてかなりミニマリスト気質があると思っています。

過去にかなりミニマリスト記事を書いておりますので、お時間あるときに閲覧してみてください。

本日はそんなミニマリストの私が「AppleWatch series4」1年半毎日使用してみたので感想をメリット・デメリット含め述べさせていただきました。

いきなり結論になりますが下記5点になりました。

  • めちゃくちゃ睡眠の質を気にするようになった
  • 嫌でもランニングをするようになった
  • 音楽を聴く分には最高に便利
  • いらない機能が多すぎるかも
  • デジタルデトックスをしたい人にはオススメしない

とにかく便利なAppleWatch。買ってよかったシリーズにいれたこともあるくらい便利な時計です。

そんな便利すぎるガジェットだからこそ、もう再購入はしないというのが結論でした。

是非ご参考に頂けますと幸いです!

タイトルとURLをコピーしました