【経年変化レビュー】8ヶ月鬼履きしたGUIDIのバックジップブーツを磨いてみた

スポンサーリンク
経年変化記録

こんばんは。

先日に続きみんな大好きGUIDI(グイディ)の経年変化ネタでお送りします。

【経年変化レビュー】GUIDIのバックジップブーツを6ヶ月鬼履きしてみた【結論最強のブーツ】
こんにちは。 本日は昨年の6月に購入したGUIDIのバックジップブーツの経年変化・履き心地などをレビューさせて頂きます。 いきなり結論になりますが使い込んだ感想は下記3点になります。 他にはない艶感 足馴染みの良さがスニーカ...
【経年変化レビュー】Apple WatchのGUIDIレザーバンドを2か月使い続けてみた【グイディ】
前回のGUIDIのバックジップブーツに引き続き、「iolom」から販売されている、GUIDIレザーを使用したApple Watchのバンドについてレビューさせて頂きます! 先日の記事はこちら 結論から言えば、GU...
【経年変化レビュー】JULIUS(ユリウス)のブーツを更に鬼履きしてみた【記録】
こんにちは。 ちょうど1ヶ月前にユリウス(JULIUS)の17SSエンジニアブーツをレビューさせて頂きました。 あれから更に1ヶ月鬼履きしてみたので写真と共にレビューをさせて頂きます。 結論から言えば下記3...
【経年変化レビュー】GUIDIのバックジップブーツのソールを張り替えてみた
こんにちは。 昨年の6月から鬼履きをしている「GUIDIのバックジップブーツ」ですが、ハーフラバーソールの限界により1週間ほど入院をしておりました。 この記事の結論から言えば、「長く付き合いたいと...

毎回履く度にブラッシングを行っているのですが、クリームを塗ることがほぼありませんでした。

そんなときに昨日、たまたま通りがかったところで無料の靴磨きのイベントをやっており、15分-20分ほどで磨き終わるとのことでしたので、GUIDIを磨いて頂きました!!

結論からいえば、死ぬほど艶々になり見違えるほどのブーツになりました。

それではビフォーアフターでお送りします。

スポンサードサーチ

スポンサーリンク

磨きを入れる前

GUIDI

GUIDI

GUIDI

毎日ブラッシングをしていても、1日履くだけでここまで埃が付着することがわかります。

靴をいつまでも美しく履くためにブラッシングの大切さが分かるような画像ですね。

綺麗好きの自分からすると見ているだけでウズウズしてくる写真。今すぐにでもブラッシングしてあげたい。

まずクリーナーで過去に付着していたクリームを取る作業

今までクリームを塗ったら塗りっぱなしだったのが原因で、すごく革が乾燥していたようです。

オイルをいれる場合、化粧落としのような作業が必要だったみたいですね。

確かに普通は化粧の上から化粧を重ねませんよね・・・!
そんなことしてたら肌荒れどころじゃなくなります。なるほど理解しました。

そんなクリーナーでの作業が終えたGUIDIがこちら

GUIDI

GUIDI

オイルを全て拭き取ったため、非常にマットな質感になりました!

今までクリームの上からクリームを塗っていたので革が逆に乾燥し、どえらいことになってしまっていたようです。反省!

ちなみにクリーナーに付着していた布はかなり汚れていたように見えました・・・。以後気を付けよう。

磨きをいれた後

GUIDI

GUIDI

GUIDI

じゃん!!!

こんなにツヤッツヤ!!

ここまで綺麗になると気持ちいいし、もはや外を歩くだけで楽しい(笑)

今までブラッシングONLYだった

一生レベルで履こうとしたらこのような定期的なメンテナンスが必要になることが分かりました。

大体ここまで仕上げるのに所要時間は15分ほどでした。
無料かつ、しかもたった15分でここまで幸せを手に入れることができるって最高ですね。

鏡面磨き(ハイシャイン加工)

トゥ部分などに更に艶を出すことも可能とのことでしたが、自然な艶感がよかったので上記のような艶感で仕上げて頂きました。

一生モノの靴を履くことは「可能」と言い切れる

今回お世話になりました靴磨き職人の方々に、「一生同じ靴を履き続けることは可能か?」と質問をしてみると、「イエス」という答えが返ってきました。

ドクターマーチンのようなソールを交換できないもの(非正規では可能)は一生履けるかとなったら難しいそうですが、一般的な革靴はメンテナンス次第で100年~200年は履けるとお返事を頂けました。

経年変化を愛せる、一生モノばかりを身に着けていたい自分にとっては嬉しい答えです。

これからも靴を愛そうと思える良い日でした。

スポンサードサーチ

靴磨きの奥深さをしった日

GUIDIだけでなく、JULIUS(ユリウス)の靴もあと1足あるので半年に1回くらいでいいのでメンテナンスに持っていこうと勉強になりました。

また、クリームの塗りすぎも革に負荷がかかったり、カビの原因になったりするとのことです。

ホースレザーには馬毛で磨く

今まで豚毛でブラッシングをしていたのですが、GUIDI(グイディ)のようなホースレザーには馬毛で磨くほうが更に艶が出ておすすめとのことでした。

豚毛はあくまでブラッシングをしながらクリームを均等にするためのものだそう。

靴磨きの奥深さが半端ない・・・!

週末に靴磨きをしている時間って無になれるくらい夢中になれるのですが少し勉強してみようかな。

ミニマリストと靴

靴は少なければ少ないほど良いと思っています。

何故なら多数の靴を所有するより、とびっきりの1足に愛情を注ぎこみ、1足ずつメンテナンスが行き届くから、という理由になります。

もし自分のように週末にケアをするような人でしたら何十足もあったらケアやメンテナンスが大変ですよね・・・。考えただけで時間も一度に使うケア用品の量がやばそうです。

現在持っている靴は3足

3足持っている理由として通勤・プライベートでの移動が全て徒歩のため、どうしてもソールの削れなどが追い付かない場合がありますので3足所有をしています。

現在通勤が徒歩20分なのですが、もし徒歩5分圏内なら間違いなく靴が2足くらいになっていると思います。

少なければ少ないほど経年変化が起きやすい

経年変化好きの方やミニマリスト志向の方は、自分のように思い切って靴の所有数を減らしてみてはいかがでしょうか。世界変わりまっせ!!

スポンサードサーチ

まとめ

本日はGUIDI(グイディ)の靴磨きのことについて書かせていただきました。

今までプロに磨いて頂いたことがほとんどなかったため、ここまで変わるのかと正直驚きと感動を隠し切れません。

今回はたまたま通りがかったところでイベントをやっていたので無料でしたが、実際は3000円-4000円ほどかかるとのことでした。本当にありがとうございました。

スニーカー好きの方もいらっしゃるかと思いますが、是非自分だけの世界に一足の革靴にもチャレンジしてみてください!

経年変化記録
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました