【アラサー】ミニマリストのルーティーンを紹介【平日編】

スポンサーリンク
ミニマリスト

こんにちは。

本日はミニマリストかつアラサーである自分の平日ルーティーンをご紹介させて頂きます。

いきなりですが、下記のような感じです。

  • 7:00 起床
  • 7:30 zipを見つつ準備
  • 8:15 家を出てから朝ご飯
  • 9:00 始業開始
  • 14:00 昼休憩とお昼ご飯
  • 19:30 終業
  • 20:00 帰宅して夕飯
  • 20:15 ランニング
  • 21:00 風呂
  • 22:00 就寝

最近はずっとこんな感じですね。平日は仕事なので、ほぼ大部分の時間を仕事で埋め尽くされている気がします。

上記の中で心掛けていることを3点紹介します。

  • できるだけ平凡に過ごす
  • 毎日同じ時間に寝て同じ時間に起床する
  • 極力お酒を控える

上から順に説明していきます。

スポンサーリンク

できるだけ平凡に過ごす

person's feet facing foggy mountain field during golden hour

人間は時々刺激的な日常を求めることがありますが、それはストレス以外何にもなりません。

現在世界中でコロナウイルスが流行しており、色々なイベントの自粛オリンピックまでもが延期を検討されています。

このようなことから、「平凡で当たり前の生活」がいかに幸せだったかと思わされると思います。

毎日同じ時間に寝て同じ時間に起床する

woman sleeping on bed under blankets

社会人1年目-2年目の頃まで、毎日のように0時を過ぎても起きていました。

当時は寝る時間がもったいないと思っていたのを今でも覚えています。

このような生活を送った結果、下記2点の弊害が出ました。

  • 仕事に支障が出まくり
  • 肌トラブルが多め

上から解説していきます。

仕事に支障が出まくり

people doing office works

常に寝不足なので、上司からの指示すら上の空状態です。

金曜日と土曜日だけ寝だめをすればいいや精神だったのですが、今思えば完全にアホだったと思います。

結果、仕事でも思うような成果が出ず、成長率もすごく低かったのではないかと思います。

肌トラブル多め

以前「肌断食」についてご紹介させて頂きましたが、当時はここまで綺麗ではありませんでした。

肌の改善を試みたいなら、多くの人が言うように「内側から改善」が間違いありません。

スキンケアについて心掛けていることは以前ご紹介させていただきました。

人生の1/3を睡眠時間が占める

その時間を決してケチるのではなく、睡眠時間をできるだけ多くとることにより、仕事のパフォーマンスと内側からの改善を行いましょう。

極力お酒を控える

元々私は社会人1年目の途中-3年目あたりまでアル中でした。

おそらく仕事とプライベートによるストレスが原因だったのかと思うのですが、休肝日なんて作ることは一切なかったですし長くて400日くらい連続で飲んでいた気がします。

二日酔いになろうが迎え酒をして・・・という繰り返しでしたね。

今振り返ると莫大なる費用と時間を費やしたなと激しく後悔をしています。

もちろん毎朝二日酔いのような状態なので仕事でのパフォーマンスも低下しまくりでした。

飲むなとは言わない

ただでさえ生きづらい世の中であるため「飲むな」とは言いません。

実際私自身、先週末に嗜む程度に飲んだりしましたが、毎日のようにストロングゼロを飲むような生活は一刻も早く抜け出すべきです。

アルコール依存症から抜け出すために、通院せずに自力で這い上がってきたので需要があれば次回はその件について記事にしてみます。

まとめ

アラサーミニマリストのルーティーン(平日編)はいかがでしたでしょうか。

繰り返しますが下記のような平凡な生活を送っています。

  • 7:00 起床
  • 7:30 zipを見つつ準備
  • 8:15 家を出てから朝ご飯
  • 9:00 始業開始
  • 14:00 昼休憩とお昼ご飯
  • 19:30 終業
  • 20:00 帰宅して夕飯
  • 20:15 ランニング
  • 21:00 風呂
  • 22:00 就寝
多くの人が、「え、、つまらなさそう」と思うかもしれませんが、こういった平凡な日々こそ幸せだと後々気づくはずです。
「ジョブズ」の画像検索結果

かの有名なスティーブジョブズも言っていましたが「何をするかではなく、何をしないか」というのも非常に重要です。

少しでもご参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました