New Article

【潜入レポ】kiryuyrikの2023SSを見に行ってきた感想まとめ

ファッション

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なkiryuyrikなどファッションに関する記事を執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り、kiryuyrikの2023SSの展示会に行ってきたのでご紹介をさせていただきます。

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • kiryuyrik2023SSの感想まとめ
  • 今回の目玉商品について
  • 最近私自身が感じること

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

kiryuyrik2023SSの感想まとめ

結論からお伝えしますと、前回同様「kiryuyrikの世界観全開」でとにかく細身+シルエットが綺麗に見える服ばかりでどれもこれも格好良かったです。

ダーク+退廃的でモードな雰囲気も保ちながら、ドレッシーで上質な雰囲気を醸し出せるのは私が知っている中でkiryuyrikとANN DEMEULEMEESTER以外ありえないでしょう。

特にこの服とかは私自身無地以外着ないので購入はしませんでしたが、もう「いかにもkiryuyrikであると100m先から見てもわかるレベル」です。

こういう世界観作りはブランドにとって核ともなるので、毎度展示会に足を運ぶたび感動をさせられますね。

ぶっちゃけ結構高い

最近AF.ARTEFACTとかを買っていたのもあり、kiryuyrikを久しぶりに見たらめちゃくちゃ高いなと思ってしまいました。

このレザージャケットとかもめちゃくちゃ格好良かったのですが、まあお値段もベラボーに高いわけでして、、。

他のカーディガンとかも同じく。原材料が高騰しているのもありますが、やはり高すぎるとなかなか本当の服好き以外には手が出しづらい価格帯だなあと思いました。

今回の目玉商品について

結論からお伝えしますと下記の3つのアイテムです。

  • パイソンレイヤードライダースジャケット
  • KARAMI Uncon Peacked Jacket
  • Python Emboss Jersey Stand Collar Long Jacket

それでは上から順に解説をしていきます。

パイソンレイヤードライダースジャケット

こちらは言うまでもなく、今回のアイテムの中でも最も目玉商品となっているものとなっていて、価格さえなければ本当にパーフェクトといっても過言ではありませんでした。

実際に試着をしたのですが、シルエット・質感・着心地、どれをとっても最高で、ライダースジャケットを着ているかのような窮屈な感じが一切しなかったのもkiryuyrikが提唱する「機能美」であると確信をしました。

細かい部分にも、リアルパイソンレザーがあったりとかこう言う部分にもブランドのアイデンティティがのっていますね。

KARAMI Uncon Peacked Jacket

こちらは真夏の打ち合わせの際でも、軽くジャケットを羽織って「それっぽく」見せたいというときにめちゃくちゃ良いと思ったアイテムです。

ジャケットながら、すべてが粗いメッシュ素材となっているため通気性は抜群。それでいてkiryuyrik独自の細身シルエットは健在。

どうしてもTシャツ1枚だけだとラフすぎるような場にこそおすすめのアイテムですね。

Python Emboss Jersey Stand Collar Long Jacket

こちらも一目惚れだったパイソン柄のジャケット。普段無地しか着ない私でもオーダーするか今でも悩んでいます。

とにかく蛇柄が大好きな私からすると、シンプルながらこういった細かいあしらいがあるのが何とも言えないほど好物でして、先ほどご紹介をさせていただいたジャケットも凌駕するほどの格好よさでした。

ただお値段が、、全く可愛くない!

最近私自身が感じること

ここから完全に余談なので興味のない方はスルーしていただいて結構です。笑

今回たくさんのkiryuyrikについてご紹介をさせていただいてアレなのですが、実はあまりにドレッシーすぎて「普段着」だとまずしんどいなと思うことも最近多々増えています。笑

細身でスタイリッシュなものが多くて本当に格好良いのはわかるのですが、年をとるにつれて少しずつワイドシルエットのもののほうが楽になってそればかり着用するようになったりとか最近特に実感をします。

昔は「一生細身シルエットの服しか着ない!」とすら意気込んでいた自分ですが、気づけばAF.ARETAFCTのゆる〜い格好ばかりしてますからね最近。

ジャケットは絶対に細身こそ至高であることは私の中でもブレずに、常に自分の中で核としてあるのですが、それ以外に関しては「どこに着ていくん?」みたいな服をあまりオーダーしなくなりました。

年齢が~年齢が~と言い訳はしたくないのですが、今はデザインも大事ですが「機能美」というものについて今回kiryuyrikの展示会に行ってもっと考えていこうと思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り、kiryuyrikの2023SSの展示会に行ってきたのでご紹介をさせていただきました。

改めて今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • kiryuyrik2023SSの感想まとめ
  • 今回の目玉商品について
  • 最近私自身が感じること

当メディアでは下記のように過去に様々なkiryuyrikなどファッションに関する記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

 

タイトルとURLをコピーしました