New Article

【ガチのサステナビリティ】二階堂ふみさんの7daysファッションが面白い【VOGUE】

ファッション

こんにちは。Nagiです。

当メディアは現在1000記事以上毎日記事を更新しており、様々な二階堂ふみさんや芸能人の買ってよかったものシリーズについて記事を執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通り、VOGUEより最新Youtubeが公開された「二階堂ふみさんの7daysコーディネート」についてご紹介をさせていただきます。

まず結論を表面上だけで簡単に伝えると「レザーものの服を買う=動物を殺しているということ」になるため割と色々考えさせられました。

今回の記事では下記の3点についてご紹介をさせていただきます。

  • とにかく古着屋とお下がりで成り立っている件
  • ヴィーガンレザーを使用は正義なのか
  • サステナブルに富んだブランド2つ

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

とにかく古着屋とお下がりで成り立っている件

まず動画を見る人が面倒な人向けにお伝えしますと、二階堂ふみさんのファッションのほとんどが亡き祖母のおさがりだったり、古着屋で購入されたものを着ているのが特徴的です。

祖母の写真が入ったペンダントトップだったり、何十年も前のCHANELのヴィンテージバッグだったり、何十年も着用ができるであろうことを見越して購入をしたジャケットだったりと「思わずため息が出るほどサステナブル」といったことについて考えられている方なのだろうと思わされました。

私自身、LUNA SEAのSUGIZOさんから直接サステナビリティとファッションの関係性について教授頂くまで「地球を汚してしまっている」と言うことに関して実感がなかったのですが今回の動画でトドメを刺された感じでもありますね・・・。

ひろゆきさんなんて大学時代に購入をした服を今でも着用されていたりと、ご本人はあまりこのことについて気にされていないと思いますが、このように毎シーズンのように服を買うよりも10年スパンで「物を大事にしたい」と思えるようになりましたね。
二階堂ふみさんとは異なり、別ジャンルの人をたとえにしてしまいましたが彼らのような思考も1つのサステナビリティを指すのではないかと思います。

ヴィーガンレザーを使用は正義なのか

正直なところヴィーガンレザーといえば響きは良いですが、いわゆる「合皮」です。つまり言い方は悪いですがレザーに見せかけたパチモンであるわけです。

私の場合は合皮が苦手であるため、できるだけレザーもので身の回りのものを固めていたのですが、今回の動画を通して改めて合成皮革もありなのでは?と思わされました。

あなたは動物の命について考えたことがあるか

ライダースジャケットを着る=つまり動物を殺しているということにもなるわけです。ライダースジャケット以外にも言えば高級なリアルフェザーのダウンジャケットも動物を殺しているということですよね。

レザーものといえば、着用すればするほどユーザーのクセに沿って味わい深くなってくるため大好きなものだったのですが、「自分さえよければよい」ではなく色々な思考が頭によぎるようになってきますね・・・。

ケースバイケースなところもあり

一方でローランドさんがNews Picksで発言されていたのですが「プロポーズのシーンだったらさすがにヴィーガンレザーよりリアルレザーの服を着てプロポーズをしたくないか?」「とびっきりのデートのときはさすがに本革製の服でデートしたくないか?」ということも確かに頷けますよね。

人それぞれと言ってしまえばそうなのですが、二階堂ふみさんがおっしゃってたように「答えが出ない」という件について今後もこういったことに関してはまだまだ課題がありそうです。

サステナブルに富んだブランド2つ

まず結論からお伝えしますと下記の通りです。

  • THE ONENESS(ザ・ワンネス)
  • MINIMUS(ミニマス)

それぞれ深掘りをしていきます。

THE ONENESS(ザ・ワンネス)

こちらについては以前下記の記事で紹介をしたので本記事においては表面だけご紹介をさせていただきますがLUNA SEAのSUGIZOさんを筆頭にペットボトルなどのリサイクル製品を用いてパーカーを作ったり、オーガニックコットンだけを使用したカットソーなどを用いたロックファッションのブランドです。

アーティスティックなデザインも多く、ちょっとタウンユースでは着用が難しい場面も多いかもしれませんがあらゆることを思考錯誤してできたブランドです。服だけでなく地球を汚さない石鹸まで発売されていたりしているので気になった方は一度注目してみてください。

MINIMUS(ミニマス)

こちらについても以前の下記2記事でご紹介をさせていただいているので、表面上だけさらっとご紹介をさせていただきます。

ローランドさんを筆頭に「一生着用できる服」ということにフォーカスをして作られたブランドであり、シンプルながら上質といった無駄を徹底的にはぶいたブランドです。

破れたりしたら修理も可能で永久保証を謡っているため、1発の単価は大きくても毎シーズン買うよりも遥かに経済的ですし、地球にも優しいです。

同じ服をずっと着用し続けることこそが真のサステナブルなのではないか?とNews Picksで論じるローランドさんにも今後注目です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通り、VOGUEより最新Youtubeが公開された「二階堂ふみさんの7daysコーディネート」についてご紹介をさせていただきました。

改めて結論を簡単に伝えると「レザーものの服を買う=動物を殺しているということ」になるため割と色々考えさせられました。

今回の記事では下記の3点についてご紹介をさせていただきます。

  • とにかく古着屋とお下がりで成り立っている件
  • ヴィーガンレザーを使用は正義なのか
  • サステナブルに富んだブランド2つ

当メディアでは下記のように過去に様々な二階堂ふみさんや芸能人の買ってよかったものシリーズについて記事を執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

created by Rinker
¥2,500(2022/11/30 00:25:17時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました