【整備済み】M1 MacbookProを買ってみた

買ってよかったもの

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々な「買ってよかったもの・手放してよかったもの」に関する記事を100記事以上執筆をさせていただきました。

そんな本日は今更ながらなのですが、Macbook Pro2016の調子が悪かったためM1Macbook Proを購入してみたので記事にさせていただきます。

M1Xだと完全にオーバースペックになりますし、今秋に発売されると噂の「M2」まで待ってもよかったのですがパソコンの不具合ということもあり、今回はM1タイプのMacbook Proをチョイスすることに。

今回整備済みタイプを購入したのですが、使用感などの結論としては下記の3点の通りとなりました。

  • 整備済みとはいえ新品にしか見えない
  • M1チップならではの爆速
  • タッチバーには慣れが必要

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

整備済みとはいえ新品にしか見えない

いざ開封の儀から始めます。

ご覧の通り傷1つすらなく、もはや新品にしか見えないため今後はAppleWatchやiPadなど含み整備済み以外購入する必要ないと判断しました。というよりパソコンやアップルウォッチも消耗品でもあるため整備済み以外購入するのがもったないとすら感じてしまいました。

シルバーとスペースグレイの違いとは?

今回シルバーからスペースグレイに乗り換えてみたのですが、スペースグレイのほうが重厚感があって新鮮味が増しますね。個人的にシルバーとスペースグレイは下記のような感じで選択すれば良いと思います。

  • シルバー→クリエイター感やMac感がほしい人へ
  • スペースグレイ→最先端っぽさや幾何学的なデザインが好きな人へ

正直そんなに違いはないためどちらでも良いかなと思いますが、このような感じで選ぶと良いのではないかと思います。

M1チップならではの爆速

まず結論多くのクリエイターが語るようにここが本当に素晴らしいなと思いました。

以前のMacbookだとIntel製であるため、動作がもっさりしたりパソコンを開いてログイン画面でパスワードを入力する場面で10秒-20秒ほどフリーズしたりなどあったのですが、やはりどのクリエイターが絶賛するだけあってM1シリーズの良さを体感しました。

今回AirではなくProを選んだ理由

購入当時に整備済みAirがなかったからということだけなのですが、実際調べてみるとAirだとCPUファンがなかったりと若干不安な点もあるのでProを選んで良かったのかなとも思いますね。

ただ正直なところ、スペックはほぼ同じではあるもののファンの有無程度で3万円の差があるというのは「うーん・・・」と感じるところもありますね。

ブロガーやライターの人はAirで十分

上記のように書かせていただいておりますが、筆者の場合WEBデザイナーであるため長時間イラストレーターで作業をしたりVScodeでWEBサイトの制作などをするため後付けではありますがProを購入しています。

しかしながら日常でYoutubeをみたり文章を書くだけであれば正直M1チップですらオーバースペックのためProよりも3万円も安いAirで十分です。整備済みAirだと9万7000円程度と10万円を切るので安すぎますね。

むしろ利益があるのかな?と心配になるほど手が届きやすい安価な設定となっているため、M2を待つのもありですが待ちきれない方は是非このタイミングでM1チップのMacbookを買ってみるのもありかもしれません。

タッチバーには慣れが必要

今まで通常タイプのファンクションキーであったため、ちょっとタッチバーには慣れが必要かなと思いました。

Appleといえば引き算の美学が理念にあると思っていたのですが今回のタッチバーに関しては完全に足し算であり、UXが若干悪いような気もします。

iPhoneでいえば説明書やホームボタンすら削ぎ落したミニマリズムではありますが、タッチバーつきのMacbookだと若干それらに反する設計なのかなとも思ってしまいました。

要は慣れなのですが、乗り換えたばかりのユーザーからすれば少々戸惑うシーンもあるかもしれませんので注意が必要であるため不安な方はAir一択で良いでしょう。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥109,501(2022/05/25 02:41:52時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は今更ながらなのですが、Macbook Pro2016の調子が悪かったためM1Macbook Proを購入してみたので記事にさせていただきました。

今回整備済みタイプを購入したのですが、改めて使用感などの結論としては下記の3点の通りとなりました。

  • 整備済みとはいえ新品にしか見えない
  • M1チップならではの爆速
  • タッチバーには慣れが必要

M1以降となればもはやどのスペックとなっても最高であり、動画編集も余裕なのでMacbook1台で1億は稼いでいきたいところです。M1が発売されるまでMacbook微妙だなーと思っていたのですが改めてMacbookの良さを実感しました。Apple最高!

当メディアでは下記のように過去に様々な「買ってよかったもの・手放してよかったもの」に関する記事を100記事以上執筆をさせていただきました。

タイトルとURLをコピーしました