【潜入レポート】シャネルN°5の100周年イベントに行ってきた!【エキスポシティ】

スポンサーリンク
ライフスタイル

こんにちは。

本メディアでは過去に様々なCHANELの香水に関する記事や腕時計として代表作であるJ12を購入してみた記事を執筆させていただきました。

そんな本日はシャネルのアイコニックなフレグランス「N°5」の100周年を記念したイベント「N°5 THE RIGHT NUMBER」を大阪エキスポシティ(EXPOCITY)内の観覧車「オオサカホイール(OSAKAWHEEL)」で開催されていたので潜入レポートを書かせていただきます。
※開催日時は2021/10/31までとなっておりますので現在は終了をしています。予めご了承ください。

まず結論からいえばシャネルならではのラグジュアリーな空間をたっぷりと楽しむことができ、シャネルのことがもっと好きになりました。

本記事では潜入レポートとして下記3点についてピックアップをさせていただきましたのでご覧ください。

  • 恐ろしいほど費用がかかってであろう観覧車
  • 駅も観覧車の入口も全てがシャネル
  • 香水のサンプルをプレゼントしてもらえた

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

恐ろしいほど費用がかかってであろう観覧車

ご覧の通り、シャネルのロゴと香水の代表作である「N5」のロゴ全開のライトアップに。しかもなんと今回の観覧車に関して予約さえすれば無料でご招待していただけるんですよね。結局のところ予約の時点で全て満席に・・・あのシャネルが無料なんて・・・!

そして観覧車に乗ってからもシャネルNo5の映像が流れており、いつまでもこの時間に触れていたくなるような非常に贅沢な時間を過ごすことができました。

エキスポシティから眺める絶景

先日コンラッド大阪より絶景を眺めつつシャンパンを飲むという超贅沢な記事を書かせていただきましたが、今回のシャネルのイベントも負けていません。

ご覧の通り、兵庫も京都も大阪全体を見渡すことのできる絶景は思わず息をのむほど美しかったです。

今までいくつかの観覧車に乗った経験がありますが、今回のシャネルの観覧車は今後もずっと忘れないであろうと思えるほど最高の思い出となりました。

駅も観覧車の入口も全てがシャネル

まず電車から降りた瞬間駅のお金の掛け方に驚愕しました。
広告が何もかもがシャネルであり、なんというかもはやシャネルのロゴがあるだけで一気にラグジュアリー感が増すように感じるのは私だけでしょうか?

ほ、ほんとうに無料でいいの・・・?

そして観覧車の入口から何から何までシャネル仕様。しっかりとJ12と2ショットの写真を撮影させていただきました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャネル CHANEL J12 オートマティック H5697 新品 時計 メンズ
価格:579300円(税込、送料無料) (2021/11/1時点)

楽天で購入

香水のサンプルをプレゼントしてもらえた

なんと今回シャネルの代表作であるN5の香水サンプルと缶バッジをプレゼントいただきました。

No.5といえばシャネルのエゴイストなどと比べて1.5-2倍近く高価なイメージが強いのですが、まさかプレゼント頂けるとは・・・!なんという太っ腹!

No.5の特徴を一言で言えばどこまでも上品で、高貴な人という印象が非常に強く、シャネルの香水の中でもNo.5は特に歴史が残っています。

No.5の特徴

シャネルのNº5は、ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)が初代専属調香師エルネスト・ボーに「女性そのものを感じさせる、女性のための香水」とオーダーし、1921年に誕生。当時の一般的なフレグランスは単一の香料を使うのが主流だったところ、ボーはローズやジャスミン、イランイランといった天然香料と、合成香料のアルデヒドを組み合わせ、80種類以上のエッセンスを配合した複雑でミステリアスな印象の香りを作り上げた。マリリン・モンローの「ベッドで身につけるのは『シャネル N°5を数滴』だけ」という発言などでも知られ、時代を超えて愛されている。

出典:https://www.fashionsnap.com/article/2021-10-15/chanel-no5-osakawheel/

まとめ

いかがでしたでしょうか?本日はシャネルのアイコニックなフレグランス「N°5」の100周年を記念したイベント「N°5 THE RIGHT NUMBER」を大阪エキスポシティ(EXPOCITY)内の観覧車「オオサカホイール(OSAKAWHEEL)」の潜入レポートを書かせていただきました。
※開催日時は2021/10/31までとなっておりますので現在は終了をしています。予めご了承ください。

再掲になりますが、シャネルならではのラグジュアリーな空間をたっぷりと楽しむことができ、シャネルのことがもっと好きになりました。

本記事では潜入レポートとして下記3点についてピックアップをさせていただきましたのでご覧ください。

  • 恐ろしいほど費用がかかってであろう観覧車
  • 駅も観覧車の入口も全てがシャネル
  • 香水のサンプルをプレゼントしてもらえた

先日ココシャネルに関する記事も書かせていただきましたが、改めて素晴らしいブランドだなと感じさせられましたね。シャネル=ヤンキーが好きなブランドだと思っていたのですが、それは完全なる偏見でした。調べれば調べるほど魅力のあるブランドであるので、是非みなさまも気になったらシャネルの商品を手にとってみてはいかがでしょうか?

本メディアでは過去に様々なCHANELの香水に関する記事や腕時計として代表作であるJ12を購入してみた記事を執筆させていただいておりますのであわせてご覧ください。

ライフスタイル
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm
タイトルとURLをコピーしました