【危険】一人暮らしでラグやカーペットを買うのは絶対にやめたほうがいい

スポンサーリンク
買ってよかったもの・手放してよかったもの

こんにちは。

先日1LDKに引っ越しをしたついでにクッションフロアとフロアタイルを敷いた記事を書かせていただきました。

1番最初に自身の部屋を初公開した際はまだご覧の通り、ラグを敷いていたのですが・・・毎日掃除機をかけたとしてもハウスダストが半端ないわけです。

今回の記事では経験に基づき、これからカーペットやラグを購入する際は決しておすすめしないという記事を書かせていただきます。

  • なぜカーペットやラグがおすすめできないか
  • カーペットやラグの唯一のメリット
  • むしろラグなしがスッキリする

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

なぜカーペットやラグがおすすめできないか

まず先ほど冒頭にも述べましたが埃が半端ない上に、見た目もはるかにクッションフロアやフロアタイルのほうが良かったりします。

現在の私のクッションフロアは下記のような感じ。

ラグは敷きたての頃は良いのですが、掃除機で吸っても限界がくるのは今までカーペットやラグを敷いたことがない人にしか分からないかもしれません(笑)

さらにいえば飲み物や食べ物をを零した際のアフターケアなんて考えるだけで気が遠くなりますし、匂いもかなり染み付いてしまいます。

その点、やはりシンプルなクッションフロアやフロアタイルを敷いた方がはるかに効率的だと言えます。

カーペットやラグの唯一のメリット

比較的安価で手に入れることができたり、部屋の一部分のみ気軽に色を変えたりすることができることだと思います。

ちなみに私が3年半前に購入したラグがこちらです。

床のダークブラウンが気に入らず、部屋の一部分を黒にしてみましたがぶっちゃけかなり中途半端だったりします(笑)

これなら間違いなく現在の家のクッションフロアのほうは見た目も美しいですよね。

むしろラグなしがスッキリする

人間はつい足し算をしがちの生き物です。足し算よりも引き算のほうは遥かに難しいのはミニマリスト界の中ではあまりに有名な話かもしれません。

一部分のみ色を変えたりして満足するよりも、最初から何も敷かないほうはよほどスッキリして部屋も広く見えるでしょう。

全部真っ黒はやめたほうがいい話

私自身モノトーンがあまりに好きすぎたあまり、床までも黒にしてしまいました。

しかしながら、それらは完全に失敗談でして当たり前かもしれませんがかなり部屋が狭く見えてしまう現象が起きてしまいました。

黒は色の中でも最も収縮色なので、服に対して使用するなら細く見えたりして良いのですが部屋の場合は広ければ広いほど良いはずです。

そのためできるだけ白ベースの黒をメインカラーに使用するくらいがちょうど良いです。

この春に引っ越しをして新生活を迎えたものの、これから今後ラグやカーペットを購入しようと悩んでいる人はもう一度よく考えてみてはいかがでしょうか?という意味も込めて記事にさせていただきました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

先日1LDKに引っ越しをしたついでにクッションフロアとフロアタイルを敷いた記事を書かせていただきました。

そんな本日は過去の経験からラグやカーペットを敷くよりもはるかにクッションフロアを敷いた方が良いよと伝えたく、記事にさせていただきました。

  • なぜカーペットやラグがおすすめできないか
  • カーペットやラグの唯一のメリット
  • むしろラグなしがスッキリする

ぜひ一度お考えになってクッションフロア生活をお楽しみいただければと思います!

タイトルとURLをコピーしました