【賃貸DIY】部屋のドアの色を変えてみた

スポンサーリンク
ミニマリスト

こんにちは。

先日に続き、少しでもおうち時間を楽しむために本日も賃貸DIYに関する記事を書かせていただきます。

そんな本日は納戸のドアの色を変えてみたので記事にさせていただきます!

まず結論から言えばドアの色を変えるのは業者に頼んだほうがいいと思いました(笑)

とはいえ満足な結果となったのでご紹介をさせていただきます。

  • BEFORE/AFTER
  • 工程の紹介
  • 縁の部分も黒ならさらに良かった

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

BEFORE/AFTER

まずはビフォーアフターから。

BEFORE

木材を意識した、無印良品を連想させるかのようなナチュラルな温かみのあるカラー。

この色でも申し分ないのですが、個人的にミニマリストあるあるのモノトーンが大好き芸人であるため色をリメイクシートで変えていきます。

AFTER

思った以上に良い仕上がり&綺麗に貼れました!

もっと空気が入ったり斜めになったりしてしまうかな、、と不安があったのですが、それらの心配はありませんでしたね。

結果的に75点くらいかなと思います!

工程の紹介

まずは軽く拭いてドアの取手をドライバで取ってから上から順に慎重にシートを貼っていきます。

この時点である程度斜めになっていないか等チェックしないと、ただでさえ長いため一気にズレていくおそれがあります。

取手の部分まで貼ったら裏側から貫通をさせていき、ドライバで再度つけていきます。

結果的に良い感じに仕上がりました!

縁の部分も黒ならさらに良かった

ご覧の通り、縁の部分はナチュラルカラーのまま。

この部分も黒くしたいのですが、色んなところをカットしないといけなかったりと複雑になるので今回はパスをしました。

自然ナチュラル×重厚感のあるブラックの組み合わせとなってしまったため、少しアンティークな印象に仕上がっていることが分かります。

個人的に白と黒のみで配色をしていきたかったため、この点は残念ですがもう少しお金を掛けて業者に頼み込んだほうが良さそうかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は先日の賃貸DIYに続き、ドアの色を変えてみたので記事にさせていただきました。

賃貸DIY、ハマればハマるほど沼に浸かっていくような錯覚に陥ります(笑)

家を購入する予定は全くなかったのですが、リフォームやリノベーションをして最初から完全にモノトーン仕上げにしたほうが効率は遥かにいいですね。

今回の記事も是非賃貸DIYをしてみようか悩んでいるミニマリストの方がいらっしゃればご参考になれば幸いです!

タイトルとURLをコピーしました