【バッグレビュー】cornelian taurus Long Stone【最後まで手放さなかった】

スポンサーリンク
コーネリアンタウラスバッグイメージファッション

こんばんは、ついに大晦日ですね。

2019年の締めとしてミニマリストの僕が最後の最後まで手放さなかった、cornelian taurusのバッグをレビューさせていただきます。

いきなり使用感ですがこちらになります。

  • 誰とも被らないデザイン
  • とにかく頑丈
  • 一生使えそう
  • その反面とにかく重くて肩が凝る
  • 想像以上に大きい

購入時期は2019年の6月頃でした。使用期間は週に1回〜2回使う程度で約半年ほどになりますね。

定価は税込126,000円。

超高価であるため、購入までかなり悩みましたが、買って本当によかったと思います。

この半年だけでもこの艶・光沢感はレザー好きにたまりません
スポンサーリンク

cornelian taurusとは?

まずコーネリアンタウラスというブランド自体を知らない人向けに調べてみました。

Bagや商品を通じて日本の文化アイデンティティを表現することで新たな発見、喜びを伝えたいと考えている。また皮革、生物が本来持っている働き、性質を意識したモノづくりの中で生きたもの本来の動きを伝え、商品であり、作品という位置づけのもとにモノづくりを行うことをブランドフィロソフーとしている。 

https://www.fashion-press.net/brands/1044

商品に対する想い

バッグには、エレガントさ,華やかさ、遊び、と機能性を高いレベルで融合させることが必要だと考えているため、デザイン、サンプル、商品の手作業によるパーツ製作を自社アトリエで、素材生産、バルク生産を専門の職人たちで行っている。 
すべての工程をアトリエ近くで行い、アイデアからバルク商品までの、人と商品、作品の距離感、地理的距離感を近くすることで、商品全体のクオリティをコントロール。 
このブランドの商品は、日本のタンナーでタンニングされたハイクオリティで特徴的な素材を使用し、それに、船具から派生する重厚で、特徴的なパーツを、日本人の技術、テクニックで仕上げた、世界でもここだけにしかできない物創りをしている。

https://www.fashion-press.net/brands/1044

とにかく徹底した拘りと品質の高さが伺えますね。

実際使用したところ雨の日も嵐の日も頑丈すぎてびくともしません。

おそらく「一生モノ」とはこのことかと思います。
コーネリアンタウラスバッグイメージ

cornelian taurusの公式サイトはこちらから

圧倒的な存在感を誇るLong Stone

2011年より販売を開始し、ロングセラーアイテムであるLong Stone

cornelian taurusのバッグの中では比較的金属パーツが多く配された印象で少しハードな印象のあるバッグですが、デザイン性が高い分、シンプルなスタイルに合わせて持っていただくと存在感があり、アクセントにもなるアイテムです。

ボストンともショルダーとも違う特徴的なデザインが魅力!このブランドならではというデザインに惹かれますね。

使いやすさを追及し機能的に仕上がっている

ハンドルが鞄の底部分から通されており、長さを調整することで、様々な持ち方で利用が可能です。

本体のジッパーは4つのスライダーが付いた特殊なものになっていますね。

コーネリアンタウラスバッグイメージ

スライダー4つのうち2つは船具をモチーフに作られたオリジナルパーツが配されており、同ブランドのコインケースやキーホルダーなどとジョイントすることも可能となっています。

ジップ付きのポケットが付属

内側、外側にそれぞれ2か所ずつジップ付きのポケットが付属し機能的な仕上がりになっています。

コーネリアンタウラスバッグイメージ

ベジタブルタンニンの本ヌメ革”Cow Mineral”は鞣した後に、鉱物性オイルを浸透させた上、仕上げにオイルを塗りプレスをかけて艶を出したレザーになっているそうです。

重要なのはガンガン使うこと

新品は革にハリがあり初めは硬いのですが、使うことで柔らかくなるので心配いりません。

僕は今までGUIDIなどたくさんのレザーを愛用してきましたがこれは断言できます。

「とにかく使い込むこと」これに尽きます!

もちろん所有者や使用頻度によっても経年変化が違うので、数年後の状態は使う人によりレザーも違った見た目に変化します。

つまり世界で一つだけの自分だけのバッグに変化するといえますね!

気になるデメリット

非常に気に入っているのですが1点だけデメリットがあります。

大容量な分、非常に重く肩が凝る(笑)

3泊4日くらいなら余裕なんじゃないかと思えるくらい大きいので、もう1サイズか2サイズ小さくてもよかったかなーと思えます。

まとめ

使用感ですがこちらになります。

  • 誰とも被らないデザイン
  • とにかく頑丈
  • 一生使えそう
  • その反面とにかく重くて肩が凝る
  • 想像以上に大きい
使い込むごとに良い味になっていくコーネリアンタウラスのバッグは資産の一つかと思います。

「自分にしか分からない良さ」ってなんだかかけがえのないモノだと思っています。

コーネリアンタウラスのBAGは使い込むことで一回り小さく見えるようになり、革が馴染んで体にフィットするようになるのでドンドン使いやすくなっていくようなのでこれからどんな変化が出てくるのか非常に楽しみですね◎

あえて何もケアをしないことにより、非常に渋い経年変化が生まれるそうなのでまた1年後あたりにレビューさせていただきます!


 

タイトルとURLをコピーしました