New Article

一人暮らし8年目が語る「Amazon新生活セール」の目玉を紹介!

ライフスタイル

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストやライフスタイルに関する記事を500記事以上執筆させていただきました。

そんな本日は「Amazonの新生活応援キャンペーン」が3/26から始まるため、一人暮らし8年目の私が新生活において買っておいてよかったものについてご紹介をさせていただきます。

早速ではございますが、今回では下記3点のアイテムをピックアップさせていただきました。

  • Anker お掃除ロボット
  • ポップインアラジン2
  • 201lab ディフューザー

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

Anker お掃除ロボット

まず結論からいえばお掃除ロボット1つさえあればミニマリストを極めることができます。

理由としましてはお掃除ロボットがあることによって床に物を置くことができなくなるため、嫌でも常に清潔にしなければいけない環境へと強制的に持っていくことができるためです。

そして今回Ankerのロボット掃除機をピックしている理由としては、他メーカーと同じスペックであるのに価格が比較的安価ということですね。

お掃除ロボットに切り替えてから早半年以上が経過しますが、あまりにも便利すぎてもうスティック型の掃除機に2度と戻れないですね・・・。

11SよりG10以上がおすすめ

今回私の場合11Sを購入したのですが、チェアのちょっとした段差であっても登ろうとして「ずっとそこから動かない」というアクシデントが発生することがありました。

お掃除ロボットにそこまでお金をかけたくなかった私は1番最安値の低スペックの11Sを選んだのですが、やっぱりそれなりに安かろう悪かろう的な部分が見え隠れしてしまいました。

そのため「ちょっとした段差」が発生しない部屋づくりを作る必要があり非常に面倒になってしまいます。

この件についてはガジェマガを運営されているトーマスさんの記事でもご紹介されていたのですが、G10やG30以上のものであればある程度賢くなっているためこちらをおすすめします。

ポップインアラジン2

まず正直なところ、人のライフスタイルによって様々かと思いますが私のように1週間のうちにテレビを1回程度しかつけないような方であればポップインアラジンのみで十分です。

ざっとポップインアラジンとテレビのメリットではなくデメリットをまとめてみます。

テレビのデメリット

  • 引っ越しが大変
  • 100インチレベルになると超高額
  • 配線がぐちゃぐちゃになりがち
  • 取り付けが面倒
  • 地震のときに倒れたら大変
  • 壁に取り付けない限り部屋のスペースを奪う

ポップインアラジンのデメリット

  • テレビよりも若干見づらい
  • テレビを見る場合別のアダプターを購入する必要あり
  • DVDやブルーレイを見る場合別のアダプターを購入する必要あり
  • リモコン操作がまだまだ発展途上

今回では上記の通りあえて「デメリット」のほうをまとめてみました。

個人的には今後のことを見越したり、ほぼNetflix/Amazonプライム/Huluしか見ない私はポップインアラジンのほうが断然おすすめです。

201lab ディフューザー

もうかれこれ5年愛用している201labのディフューザーは部屋に置くだけであなたの部屋を上品で彩ってくれます。

そんな私は気づけば寝室とリビングに2つ置き(中身は一緒)をしており、もう完全に201labのカインドオブブルーの虜になっています。

おうち時間も少しずつ終焉を迎えているような社会情勢ではありますが、出不精の私からすればずっと家にいるためどんどん家の中にお金をかけていきたい派ですね。

少しでも家の中を上品にしてみたり、落ち着く空間や癒しが欲しい人は是非201labのディフューザーを全力でおすすめしたいです。

created by Rinker
ソングスオブネイチャー
¥2,420(2022/07/06 13:40:00時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日は「Amazonの新生活応援キャンペーン」が3/26から始まるため、一人暮らし8年目の私が新生活において買っておいてよかったものについてご紹介をさせていただきました。

改めて今回では下記3点のアイテムをピックアップさせていただきました。

  • Anker お掃除ロボット
  • ポップインアラジン2
  • 201lab ディフューザー

Amazon新生活セールについて公式サイトを見る

当メディアでは下記のように過去に様々なミニマリストやライフスタイルに関する記事を500記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました