【2021年11月版】今月買ってよかったもの

スポンサーリンク
買ってよかったもの・手放してよかったもの

こんにちは。

当メディアでは下記のように過去に様々な「買ってよかったもの・手放してよかったもの」に関する記事を100記事以上執筆をさせていただきました。

そんな本日は2021年11月度の「今月買ってよかったもの」に関する記事を執筆させていただきます。

まず結論からいえばシャンデリアになります。

シャンデリアといえばとにかく「ラグジュアリー」や「高貴な~」といった単語のイメージがぴったりの照明になります。今回でいえば寝室に設置をさせていただきました。

今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 気になるシャンデリアのお値段は・・・?
  • アクリル製のシャンデリアは合皮の財布と同じ
  • 6畳程度の部屋であれば5灯-6灯で十分

デメリットも感じる部分もあったので包み隠さずご紹介をさせていただきます。
それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

気になるシャンデリアのお値段は・・・?

冒頭にも述べさせていただきましたが、なんと楽天で12430円+電球追加料1100円の合計13430円程度でご購入させていただきました。もちろん新品です。

実際私が購入をしたシャンデリアはこちらで、2021年11月10日時点で162個も口コミがあるのに対し、圧倒的な高評価で4.44です。★5がMAX評価となりますが、★10をつけたくなるほど素晴らしい商品で、間違いありませんでした。

実際購入するまでドキドキだった

  • 果たして本当にこのレビューを信じていいのか
  • そもそもシャンデリアが合う部屋なのか
  • もし安っぽかったらどうしよう
  • 付け方を失敗するとかないか

上記のように多くの方も不安にされるような典型的な不安でいっぱいでした。

しかしながら取り付けも通常のシーリングライトを設置するノリでいけますし、開封から設置までおおよそ30分程度でした。

生活感溢れる部屋を望まず、非日常な空間を演出したい人にこそシャンデリアがあるとさらに彩り豊かなライフスタイルを送ることが可能になるでしょう。

2点デメリットもあり

  • 1点ずつガラスにシールが張っていて剝がすのが面倒
  • 発泡スチロールのゴミが大量に出る

それでは上から順に解説をしていきます。

1点ずつガラスにシールが張っていて剝がすのが面倒

こちらのガラスなのですが、実は1点1点全てシールにて梱包のようなものがされていました。

元々割れないようになど様々な工夫のために貼られたのだと思うのですが、1個ずつ剝がす作業が鬼の面倒臭さがありました。しかもクリアであるためどのガラスにテープが貼ってあるかの見分けもつかず大変でした。

発泡スチロールのゴミが大量に出る

数ミリ程度の発泡スチロールの粉のようなものが大量に入っており、ライトを設置する部分やお皿になる部分など様々な部分に発泡スチロールの粉が乗ってしまい、払うのが大変でした。

何度か逆さまにして払ったりしたのですが、それでも完全に取りきることができず諦めました。
しかも今回でいえば寝室に設置をしたのでベッドの上が発泡スチロールの粒まみれになってしまったので他のところで作業をしたほうが良いかもしれません。

アクリル製のシャンデリアは合皮の財布と同じ

ここまでデメリットなど含めてご紹介をさせていただきましたが、なんとこの価格でガラス製なことに驚きです。

通常ガラス製であれば10万円程度するものもあったりするのですが、今回ご購入したシャンデリアは1万円程度でアクリル製ではなくガラス製なのです。

アクリル製のシャンデリアはまるで合皮の財布と同じようなものというのは有名な話です。
見た目も安っぽさが一目瞭然だったり、風合いや重厚感なども一瞬で分かってしまうものです。

もしシャンデリアをご購入される予定の方がいらっしゃれば安物買いの銭失いをしないためにも絶対にガラス製以上のものをご購入することをおすすめいたします。

6畳程度の部屋であれば5灯-6灯で十分

筆者の寝室はおおよそ6畳程度なのですが、今回5灯のシャンデリアを購入してみたところ十分でした。

もちろんシーリングライトのほうが実用性だったり明るさもあるのは否めませんが、デザイン性が圧倒的にあるのはシャンデリア一択です。

シャンデリアがあるだけで部屋が一気に華やかになり、ずっとその空間に触れていたくなるほど素晴らしいインテリアです。

質素系ミニマリストの方であれば、一気にラグジュアリー系ミニマリストに昇華。そして既にラグジュアリー系ミニマリストの方であればさらに一歩レベルアップした高品位な生活を送ることができるでしょう。

「世界一帰りたくなる自宅」をテーマに今後も様々なインテリアの設置に試行錯誤していこうと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日は2021年11月度の「今月買ってよかったもの」に関する記事をデメリット含め全てをさらけだして執筆させていただきました。

シャンデリアといえばとにかく「ラグジュアリー」や「高貴な~」といった単語のイメージがぴったりの照明になり、今年買ってよかったものでTOP3に入るかもしれません。

あらためて今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 気になるシャンデリアのお値段は・・・?
  • アクリル製のシャンデリアは合皮の財布と同じ
  • 6畳程度の部屋であれば5灯-6灯で十分

当メディアでは下記のように過去に様々な「買ってよかったもの・手放してよかったもの」に関する記事を100記事以上執筆をさせていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました