新着記事

【車なし】30代独身男性が山梨県に1泊2日の一人旅に行ってみた

一人旅
この記事は約5分で読めます。

こんにちは。Nagiです。

当サイト(Nagi Rhythm)は現在毎日1000日以上更新をしており、下記のように過去に様々な30代独身男の一人旅についてご紹介をさせていただきました。

そんな本日はタイトル通り「仕事で限界がきたアラサーの男が山梨県に一人旅にいってみた」とのことでブログにさせていただきます。

まず結論を一言でお伝えしますと「1人でちびちび飲むのが好きな男からするとたまらない旅」になりました。

今回の記事では行ったところのレビュー含め下記にピックアップをさせていただきました。

  • 甲府駅周辺
  • 奥藤本店
  • 昇仙峡ロープウェイ
  • 仙娥滝
  • 山梨ワイン王国
  • 古名屋ホテル
  • サドヤワイナリー
  • 甲府城

それでは上から順に解説をしていきます。

created by Rinker
ジェイティビィパブリッシング
¥1,522(2024/06/24 21:43:55時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

甲府駅周辺

結論からいえば駅周辺はめちゃくちゃ栄えており正直なところ「もっと田舎」かと思っていたのですが全くそんなことがありませんでした。

バスターミナルや、ヨドバシカメラが近くにあったりとか飲食店が様あることから、ちょっとした「京都駅感」もあるかもしれません。

そして第一印象として下記の通りです。

  • なぜか蜂がめちゃくちゃ多い
  • 見渡すところワイン屋まみれ
  • のんびりしている老夫婦多い
  • 話し方みんな可愛い

老後FIREしたあととかすごく住み心地がよさそうな予感。景色もよくて最高でした。

奥藤本店

さてお腹がすいたのもあって、とあるYoutuberが紹介をされていたので山梨県名物「ほうとう」を食べに「奥藤本店」にお伺いさせていただきました。

味に関しては主観的な部分が入ってしまうので恐れ多いですが、結論として「めちゃくちゃ美味しい」というわけではなく、スープが非常に心も身体も温まって癒されました。

ほうとう麺については思ったより小麦のお味が強くて「麺感」がなくめっちゃお好きなお味ではなかったものの、ちょっとした1人鍋といった感じでしたね。

昇仙峡ロープウェイ

乗った時点でバスで1時間もかかることもしらず、4番乗り場からゆらゆらと「まだかよ」と思いながらようやく着いたロープウェイ。

結論からいえばこの1泊2日で1番思い出になっているものになりました。

なんといっても景色・空気のおいしさ・したことのない体験、どれをとってもパーフェクトでこれがあったからこそ、今回の旅に華が生まれたと思いました。

昇仙峡ロープウェイの頂上がすごい

もちろん1人できている男なんて1人もいなかったのですが、そんなことについては一切気にしておらず画像だと分かりづらいですが「富士山」をここまで間近でみたことに初めてだったのでその感動に心奪われて必死でした。

パノラマ台駅。

このあたりも色々有名らしい。

ロープウェイをおりてからもワイン屋さんとか滝があるので下記でご紹介をさせていただきます。

仙娥滝

THE無機質かつシンプルというミニマリズムを体現したかのような空気感でした。

伊勢神宮とはまた違ったマイナスイオンを感じる自然な環境でして、1ヶ月に1度は来たくなるような空気の美味しさでした。

山梨ワイン王国にも行ってみた

ワインを買って甲府駅まで再度バスに乗ってゆらゆら。

そういやワイナリーで猫を飼っていらっしゃってなんだかすごく新鮮味がありました。

店員に尋ねてみると「近くのお店」でみんなで交代して餌をやり続けているとのこと。すごく人懐っこい写真慣れをしている猫でした。笑

さすがジュエリーの国、山梨県

近くにあったジュエリー屋さんの宝石を見学していたのですが価格のすごいことすごいこと・・・。

ブランドとかついておらず、おそらくほぼ原価(?)に等しい価格でこの値段。もしこれがヴィトンやらブランドがついた状態で販売されたら一体どのくらいの金額がつくのでしょうか?

今まであまりジュエリーについては「クロムハーツ一強」を謳ってきていたのですが、日本人として「山梨県のジュエリー」を応援したくなるようになりました。

個人的には「IVX」のアクセサリーは山梨県で生産されており、ミニマルでシンプルなデザインを施されていることから応援したブランドの1つです。

古名屋ホテル

今回は「古名屋ホテル」というホテルに宿泊をさせていただきました。

結論として「古さ」を感じるものの、入り口のラグジュアリーな感じや丁寧な接客からして「また泊まりたくなるホテル」でした。

安かろう悪かろうなホテルが多いものの、この価格帯でここまで品のあるホテルは滅多にないため、すごく当たりなホテルでした。

まあここでもお酒を飲みつつゆっくりしつつといった感じで1人を満喫させていただきました。

それにしてもホテルの内装もすごく美しくて良いホテルだったなー。

甲府城

甲府城は今回の中でも行きたかった場所No2くらいでして、結論めちゃくちゃ居心地の良い空間でした。

あまりの気持ちよさに途中で芝で寝転んで目をつぶって考え事をしてしまうほど、素敵な空間で「景色」「周りの人」「空気感」どれを切り取ってもパーフェクトでした。

ここでもワインを飲みながらうろうろしていたのですが、割と同じような人も多くて結構FIREした老夫婦とか多い感じでしたね。

近くにワイナリーSADOYAがあったので行ってみた

ここではワイングラス2杯を注文させていただいたのですが、非常に品のあるお味で飲み応えのあるワインでした。

飲んで飲んで飲んでを繰り返していても、全然しつこくないお味ですごくスッキリした味わいでさすが「山梨」といったかんじでした。

今までカベルネ・ソーヴィニヨンの重厚感溢れるワインしか飲んだことがなかったので、改めて日本ワインの良さをしった次第です。それにしても飲みやすくて最高でした。

人生初山梨県、色々考えさせられてまた新たに仕事を頑張ろうと思えました。これだからこそ一人旅はやめられません!

いい感じにリフレッシュができたので、また明日からコツコツがんばります。

一人旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm|30代独身男性ミニマリストブログ
タイトルとURLをコピーしました