New Article

【ローランド】ミニマスとリーバイスコラボか

ローランドまとめ

こんにちは。Nagiです。

当メディアでは下記のように過去に様々なローランドさんに関する記事を900記事以上執筆させていただきました。

そんな本日はタイトル通りローランドさんのファッションブランドである「ミニマス」とリーバイスのコラボの疑惑がでてきたのでご紹介をさせていただきます。

今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • リーバイスである根拠について
  • 近々商品化かもしれない件
  • デニムの良さについて

それでは上から順に解説をしていきます。

スポンサーリンク

リーバイスである根拠について

まず結論からお伝えしますと以前ローランドさんのInstagramにてリーバイスの極秘撮影的な投稿があったためです。

今回でいえば超大型ブランドとミニマスのコラボを紹介されていますが、ぱっと思いつくファッションブランドがリーバイス以外考えられません。

個人的には上記のことからリーバイスである可能性がかなり浮上してきましたね。

リーバイスの簡単な紹介

1853年リーヴァイ・ストラウス(Levi Strauss)氏がサンフランシスコに設立した雑貨店・生地商「リーバイ・ストラウス社」に起源をもち、ジーンズを世に送り出したブランドが「リーバイス(Levi’s)」だ。時はゴールドラッシュ。金の採掘が盛んだった当時、金鉱で働くワーカーたちの意見に耳を傾け、テントや船の帆に使用するキャンバス生地を用いたワークパンツを商品化したのがリーバイスであり、それがジーンズの起源でもある。

デニムといえばリーバイスという代名詞があるほどであり、誰しもが一度は耳にしたことがあるでしょう。
ヴィンテージであっても何万円で取引されるほど最強のデニムブランドです。

[リーバイス] ジーンズ 501 ORIGINAL FIT レギュラー ストレート レングス32 [メンズ] (00501-1485 AUTHENTIC VINTAGE 【W34】)
Levi's(リーバイス)

近々商品化かもしれない件 

現在はアンケートをとっている間のようですが、こんなの投票しない理由がないですよね。

クリスチャンローランドはどうしても「ファングッズ感」があったのは否めませんが、自身がミニマス公式サイトから完全にモデルから外れることで完全にファッションブランドとして成り立ってもいます。

しかも1からブランドとしての定義をし、ジュンハシモトさんと提携をしていたり一生モノにするために生涯メンテナンス可能になっていたりとそのへんにあるファッションブランドよりも深く考えられていることが分かります。

値段もそこまで高くない

クリスチャンローランドではジャケットがMAX70万などで正直「こんなのだれが買うんだ」と言われてもおかしくない価格帯でした。

しかも「CHRISTIAN ROLAND」とロゴがあるTシャツだけで16000円とかなり尖った価格帯ですよね。正直そこまで格好良くもなく、これなら無地のカットソーを着たほうが遥かに無難だったり。

一方でミニマスはかなり価格帯を抑えており、消費者にも優しく寄り添った形へと進化しました。

デニムの良さについて

ここで一旦話は戻り、リーバイスのデニムの良さについて軽くご紹介をさせていただきます。

こちらの動画は草彅剛さんの最新の動画なのですが、デニムの良さについてひたすら語っているYoutubeがあります。

着用すればするほどヒゲが出てきて、ハチノスやらアタリがでてきてかけがえのない1本へと化していき、こんなに嬉しそうにしているのは本当のデニムマニアに違いないでしょう。

さらにいえばライダースジャケットですらも袖を通す瞬間の嬉しそうな顔を見ると現在夏ですが見ているこちら側までもライダースに袖を通したくなりますね。

今回リーバイスとのコラボについて確定的ではありませんが、是非今後のミニマスの行方について追ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

そんな本日はタイトル通りローランドさんのファッションブランドである「ミニマス」とリーバイスのコラボの疑惑がでてきたのでご紹介をさせていただきました。

改めて今回の記事では下記3点についてピックアップをさせていただきました。

  • リーバイスである根拠について
  • 近々商品化かもしれない件
  • デニムの良さについて

当メディアでは下記のように過去に様々なローランドさんに関する記事を900記事以上執筆させていただいておりますので併せてご覧ください!

タイトルとURLをコピーしました