新着記事

【車あり】2泊3日で30代独身男性が青森県旅行をしてきた

一人旅
この記事は約7分で読めます。

こんにちは。Nagiです。

当サイト(Nagi Rhythm)は現在毎日1000日以上更新をしており、下記のように過去に様々な30代独身男の一人旅についてご紹介をさせていただきました。

本日はタイトル通り、車あり30代独身男性が青森県に旅行にいってきたので、これから青森県へ旅行を考えられている方におすすめスポットをご紹介させていただきます。

まず結論を一言でお伝えすると「少なくとも車なしでは移動がかなり難しい」ということでした。そのため本気で青森を楽しみたいのならレンタカーは必須とお考えください。

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 9月下旬の気温は?青森の服装は?
  • 今回青森で行った場所
  • 久しぶりに一人旅以外をして思ったこと

それでは上から順に解説をしていきます。

【ツアーだとさらにお得!】オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊

スポンサーリンク

9月下旬の気温は?青森の服装は?

まずはじめにおすすめスポットを教える前に服装についてご紹介をさせていただきます。

「さすがに寒いだろう」と思い、事前に調査をしたうえで長袖を関西から着ていきましたが完全に失敗でした。
9月末でも朝も夜も半袖で十分で、日中はなんならかなり暑いです。

10月以降については分かりませんが、これから青森に行こうと考えられている方は少なくとも「半袖で十分」ですので荷物についてはさらに軽くできそうな気がします。

もし「念には念を」という性格の方であれば、めちゃくちゃ薄いエアリズムのパーカーなどで十分です。

日焼け対策は必須

「なんとなく曇ってそうだし青森だし問題ないだろう」ということでお気に入りの無印良品の日焼け止めさえも持っていかずに青森に乗り込んだわけですが、青森であっても普通に日焼けをしました。

そのため、紫外線対策については完全防備として行った方が良さそうです。青森を舐めてはいけません。

created by Rinker
無印良品
¥890(2024/04/19 12:26:45時点 Amazon調べ-詳細)

今回青森で行った場所

さて、早速本題の青森の中で行った場所をご紹介させていただきます。青森で「ひろゆきさん」と「あのちゃん」がロケをしていたのを見ながら聖地巡礼の意も込めて、できるだけ彼らが行った場所をまわるようにしました。

空港の雰囲気

ついた瞬間「関西と違って涼しい!けどまだ夏!」という感じ。人口はかなり少ない印象を受けました。

なにげ僕自身が飛行機に乗ったのも10年振りということもあって、なんだか一気に「旅行にきた」という感じ。

【ツアーだとさらにお得!】オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊

青森駅

空港からバスで30分くらいかけて、ようやく青森駅に到着。「空港から駅までこんな時間かかるんだ」ということにも驚き。

この移動だけでも片道800円ほどかかった気がします。高すぎ。

駅より向かい側には行ってませんが、とにかく「質素」な感じ。普段大阪駅周辺を見ているのもあって、人の少なさを感じます。

青丸食堂

せっかく青森にきたし海鮮を!ということで海鮮を注文。

価格は2200円。いまだにワサビが食べられない僕ですが、このワサビならいけました。

海鮮を食べている瞬間ってとにかく高級料理を食べているような感想を抱きますよね。

ねぶたミュージアム

青森といえば「ねぶた祭り」が有名ということで、博物館のような場所があったのでいってみました。

1点1点すべてがハンドメイドで製作されていて、改めて職人のすごさを実感します。

近くに青森にりんごジュースがあったので飲んでみました。めちゃくちゃ美味しくて最高。

「お酒をやめた」という記事を書かせていただいていますが、現在も引き続き禁酒中。

青森駅周りを散歩

こういうのを見ると「旅行にきたー!!!」というのを実感します。

三内丸山遺跡

ここから車で移動をして三内丸山遺跡に行きました。

まず結論からお伝えすると、とにかく空気が綺麗な印象を抱きました。呼吸をするだけでなんだかすごく頭がクリアになる感じ。

家の中は何かを焼いたような香りがして、30秒入るだけでも髪も服もめちゃくちゃ臭くなるので要注意。

ねぶた祭りのものもそうですが、こういった遺跡も1つ1つ全て手作業で管理をされている人間のすごさに感動です。

1日目はここで青森駅周辺に戻って食事をすませて終了。

【ツアーだとさらにお得!】オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊

青森魚菜センター

ここはひろゆきさんとあのちゃんも行かれていた場所。気になるお味も最高でした。

チケットを2200円で12枚分を購入し、そのあと「海鮮1つにつき1-2枚消費」というシステムをされている感じでした。

うーん、本当に青森の食事って最高!

ひろゆきさんとあのちゃんの魚菜センターロケについては下記動画をご覧ください。(開始時間も再生後ちょうどいい感じにしています)

奥入瀬渓流

ここから車で移動をして奥入瀬まで向かいます。そこからひたすらサイクリング!

ここが本当に青森のクライマックス。マジで最高すぎました。山を抜けると海がゴール。ここで食べるご飯も最高すぎる。

ここでレンタサイクルの注意点

電動自転車を3000円で必ず借りるようにしてください。

ゴールまで向かうのに、普通のママチャリだとまず無理だと思ってください。どれだけ日々鍛えている人でも無理なほど坂があります。

もはや弱虫ペダルの世界であってもゴールはできないレベルだとお考えください。

十和田美術館

結論からいえば、とにかくミニマルデザインが好きな人におすすめ。多くのミニマリストの性癖に刺さるような内容でした。

いやこれとか本当に迫力がすごい・・・。

この暗闇の高速道路のようなものもすべて「絵」なのもすごすぎ。奥行きをどうやって表現をしているのか問い詰めたいレベル。

そしてこのまま帰路につきます。いやー青森の人たちの方言も最高だったし、また行きたい。個人的に青森大好きです。

【ツアーだとさらにお得!】オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊

久しぶりに一人旅以外をして思ったこと

今回、本当に青森県に旅行をして最高だったのですが、今回実は男5人で旅行をしました。

普段一人旅をしている僕が、1人旅と友達と行く旅行についてそれぞれに思ったことについてご紹介をします。

一人旅のメリットとデメリット

  • 行く場所もお金も全てが自分の思い通りになる
  • 気を遣うなど一切ないので楽
  • なにもかもが独り占めできる
  • 僕は全くないけど人によっては寂しく感じる

友達と行くメリットとデメリット

  • 一生の思い出を共有できる
  • 運転に慣れている友達がいるととにかく楽
  • 1人が好きな内向型は2泊3日が限界
  • 基本的に夜は飲み会なのでかなりお金を使う
  • 付き合いで今すぐ寝たくても夜にバーに行ったりしないといけないことも
  • 人数が増えれば増えるほど常に誰かと会話をしないといけない

ぱっと思いつくものでこんな感じ。

メリット/デメリットの天秤をみてみましたが、完全に性格によるものの「やっぱり自分は一人旅派」と思いました。

やっぱり自分は誰であっても気を遣ってしまう発見アリ

とにかく身軽で全て自分のペース、そして寂しいなんて全く思ったこともない僕からすると一人旅のほうがいいのかなと思います。

とはいえ、友達と行く旅行ならではの楽しさもあって、旅行にいく友達がいるとさらに親密になれたりして、そういった部分では完全にプライスレス。

その人の見たことがない部分や、いろんな表情が見れたりする部分もあっていろんな発見がありました。

誘われない限り引き続き僕は一人旅を実行していきますが「年に1回〜2年に1回程度であれば誰かと旅行をしてみる」というのもいいのかなと思いました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

本日はタイトル通り、車あり30代独身男性が青森県に旅行にいってきたので、これから青森県へ旅行を考えられている方におすすめスポットをご紹介させていただきました。

あらためて結論を一言でお伝えすると「少なくとも車なしでは移動がかなり難しい」ということでした。そのため本気で青森を楽しみたいのならレンタカーは必須とお考えください。

今回の記事では下記の3点についてピックアップをさせていただきました。

  • 9月下旬の気温は?青森の服装は?
  • 今回青森で行った場所
  • 久しぶりに一人旅以外をして思ったこと

当サイト(Nagi Rhythm)は現在毎日1000日以上更新をしており、下記のように過去に様々な30代独身男の一人旅についてご紹介をさせていただいておりますので、あわせてご覧ください!

【ツアーだとさらにお得!】オンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊

一人旅
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Nagi Rhythm|30代独身男性ミニマリストブログ
タイトルとURLをコピーしました